FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

アカルクナイミライ

事態は日に日に深刻になっていく一方である。

東京も大阪も毎日新型コロナウイルス感染者の数が右肩上がり。

しかもその数の跳ね上がり方がまた恐い。

緊急事態宣言が発令されたものの、世間からはまだまだ危機感が伝わってこない。

経済を優先させてる企業も多そうだ。

医療現場からは毎日悲鳴が聞こえてくる。

ネットではいっこうに現金一律配布に踏み切らないアベ政権に対する苛立で溢れているが、アレをよくやってると擁護する向きもいて、国民はますます分断されていく。

自分もだが、人と至近距離で接する職業の人達は、今それぞれ苦渋の選択に迫られながら毎日過ごしてることかと思う。

完全に休んでしまうと社会が機能しなくなる仕事もある。

自分の仕事は非常時には無くてもいいと思われかねない仕事で、特に3密なので最も逆風である。

仮に一旦収束しそうになったとして、その時働いてたとしても、少なくとも年内はかなりの影響を受け続けるだろうし、どれだけ持ち堪えられるかもわからない。

常にハイリスクがつきまとう。

似た様な仕事の人達がかなり淘汰されていくのは目に見えている。

いつも仕事に関しては「需要があれば」と言いいながら続けてきたから、遂にそれが突然無くなってしまったような感覚はある。

じゃあ、次にどうするか?やけど、どんな「需要」に応えたいか?ってことにはなるだろう。

また、一つに絞ってしまうのも危険かもしれない。

こんな時に移動しなくてもできる仕事があれば全然違う。

今の状況なら全く畑違いのことをやることになるかもしれないけど、それならそれで自分は何を優先させたいか?ってことになる。

生きるために、お金をとるか?時間をとるか?

あるいは、人間関係を重視するのか?

自分が夢中になれるならそれが一番イイとは思う。

こうやって一人で引き蘢っていて実感したのは、自分は本当にストレスに弱い人間やなあっていうこと。

神経質というか、繊細すぎるというか。

小心者で、引っ込み思案だ。

だからこうゆう形で心の安定をはかりながら生きてきたような気がする。

最近寝ようとしても本当に眠れなくて、このままいくと心身共におかしくなってしまいそうだ。

食欲もあまりないし、歌えないし、笑うこともないし、喋らないし、陰に籠ってしまいそうで恐い。

ほんまに帰れるものなら京都の実家に帰りたいが、それも一体いつになることやら?

気晴らしらしい気晴らしができない。

でも、この状態ってよく考えたら、14年前に突然プー太郎に陥らされた時と似てたりはするんやけどね。

ただ今回は世界規模のえらいこっちゃなので、自分だけではもうどうしようもないっていうのが全然違うけども。

今までの価値観とは全く違う世界が待ち受けてるので、ポジティブにとらえれば、今までの思い込みも取っ払われるぐらいの勢いでリセットできるかもしれないっていうのはある。

これは、もし戦争や大災害が起こったらどうするか?って時々頭を過ってたことではあった。

新しい価値観が生まれることに、どんな可能性があるか?

そこに希望をもたないとやってられないやろうなあ。

このままいくといずれにせよ日本は大恐慌で終わってまうやろうし。

こんな形でますます生き辛い世の中が待っていようとは。

USJは5月中旬以降再開予定らしいが、果して大丈夫なんかいな?

リクステはなかなか開催中止を発表してなかったけど、思ってた通り無くなったね。

今年はこういった大きなフェスがいつになったら開催できるようになるのだろうか?

ヘタしたら年内は無理なんじゃないか?とも思ってる。

五輪がとんでるんやし、夏フェスも当然無理やろう。

夏になっても新型コロナウイルスはあまり関係無さそうやから。

ああ、明るい未来が見えましぇん!

ぴえん。


♪羽生まゐご/『鬼の居ぬ間に』
 
 

 

     羽生まゐご『鬼の居ぬ間に』を聴きながら…。



スポンサーサイト



  1. 2020/04/10(金) 10:47:30|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

どこまで引きこもり生活は続くのか?

緊急事態宣言発令により、これでちょっとは人の動きも抑えられるだろうと思ったら、蓋を開けてみれば相変わらず通勤電車はいっぱいのようで…。

補償がないんだもの、当然か。

休むに休めない人達がたくさんいることはわかるけど、これじゃあいつまで経ってもこの新型コロナウイルス騒動が収束することはないし、長引く一方やろうね。

絶望的に。

アベ政権はどうしても個人個人を救おうとする姿勢は全く見られないし、この期に及んで要請の様子見までぬかしとる。

この政権によってたくさんの人達が困窮し、死ぬ事になると思う。

ここまでくるともう淘汰しようとしてるようにしか見えないんやが。

自分も全く他人事ではない。

自粛要請によって身動きもとれず、部屋にほとんど籠りっきりな日々。

昨日はさすがに実家の親も心配して電話をかけてきた。

親からすればこうやって籠ってくれてる方が安心だということだった。

命があればまだなんとかなると。

まあそう言ってくれたからちょっと気持ちも楽にはなった。

京産大生の一件があったものの、幸い実家の方はまだそんなにコロナの影響は無いようだ。

実際、今感染してクラスター発生のニュースなんかにでもなれば、ギスギスしてる世間からどれだけ叩かれることになるやもわからないし、そんなことにでもなれば今後の人生への影響も大だ。

引き蘢ってると他人と会話しないので、どうしても一人であれこれと考えこんでしまう。

そうなると余計に不安が増大し、気が滅入り、食欲も無くなり、眠たいのにちゃんと眠れないという、どんどん鬱っぽい方向に向かってしまう。

そうすると思考能力が著しく落ちていく。

自分はこうやって書くという習慣があるからまだいいけど、そうじゃなかったら人の性格によってはほんまにヤバいと思う。

例えばシングルマザーで小さな子供を抱えながら狭い部屋で引き蘢り続けてる親子なんかはもうほんまにストレスフルになるだろう。

自分がこの状態に陥って気づいたことは、どうも心臟に負担がかかっていくような気がしてる。

寝る前とか鼓動が気になるし、なんだか痛い様な苦しい様な…。

独身男性が早いうちに孤独死する理由を今体感している。

こんな時に添い寝してハグしてくれる女性でもいればやっぱり全然違うよなあと思わずにはいられない。

たぶん自分が死ぬ時は心筋梗塞のような気がしてきた。

細切れにしか眠れないので、今、一日がものすごく変則的になってきてるのでますます良くない。

今日、何曜日だっけ?っていう感覚。

換気は大事なんでベランダの戸を開けると春の陽射しが眩しい。

やっぱり散歩ぐらいはしないと頭がおかしくなる。

セロトニン、セロトニン。

だんだん身体を動かすのも億劫になってくるからねえ。

部屋の中でも筋トレとかできるだけやっておかんといかんよね。

さてさて、毎日の感染者数報告にビクビクしているが、そもそもちゃんと検査もしてなかったんやし、これまたどこまで正確なデータが出されてるのやら?

長年のアベ政権による日本破壊ここに極まれり。

ほんまに、みんなが安心してぐっすり眠れるような国を取り戻さないとあかん。

この引き蘢り生活がどこまで続くかわからないけど、自分の中では一応緊急事態宣言効力のメドの5/6までとは覚悟している。

それ以上となるとハッキリ言ってコロナ云々ではなく命に関わってくる。

それまでに職場がどうゆう指示を出してくるかもわからないので、もしかしたら一度顔を出すことになるかもしれないし、それはわからない。

一旦解除された時に反動で油断してこれまた大変なことにならないか?っていう恐怖もある。

そこは今収束してきてるっぽい中国の様子を参考にするんやろうけど。

どないにせい、コロナとは長い付き合いになりそうやし、そこからが本当の淘汰の始まりになるのかもしれない。

三密である以上、常に恐怖とも隣り合わせ。

そのリスクを承知でもやっていくのか?

生きるためにはやらんなんやろうなあ。

LIVEや映画も当分の間、そういったリスクを常に抱えこみながらやることになるのかと思うと、道のりは険しい。

逆に言うと、これらの自分の救いだったものがブッ飛んじゃったわけで、こうなったらもうこれらのためになることに尽力するしかないんやけどね。

医療現場の人達の生命のリスクを考えたら、しみったれたことばっかりも言ってられない。

ただ、人の命に非情なアベ政権は許さん。


♪showmore/『now (feat. SIRUP)』
 
 



     showmore『now (feat. SIRUP)』を聴きながら…。






  1. 2020/04/09(木) 04:30:13|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2019年自分がよく聴いた曲TOP100♪

緊急事態宣言が出て、いよいよこの引き蘢り生活も本格的になってきた。

まだ来週以降どうするかっていう話は職場からは連絡が来ていないが、おそらく来月のG.W.明けまではこの状態が続くだろう。

辛い。

ちょっと早くて長いG.W.とでも思えばいいのか。

もはやこれはG.M.(ゴールデンマンス)だ(笑)

こうしてる間にも毎日、どこどこのライブハウスやクラブやミニシターなどが経営存続の危機を訴えている。

どんどん仕事が無くなる報告をしなければいけないエンタメ関係の人達の悲痛な声もたくさん出ている。

籠城するための(経済的な)体力は人それぞれ違うだろう。

副業ミュージシャンでも、どうゆう職種を掛け持ってるかによって今後の生活の岐路に立たされてることだろう。

この1か月がたくさんの、あまりにもたくさんの人達の運命を分けるというのにも関わらず、クソアベ政権はやっぱりサイコパスっぷりを存分に発揮している。

ドケチ政権は本当に肝心な時に国民を救おうとしている姿には見えない。

もっと言うと国民を分断する財務省は日本をますます破壊している。

自分も今回は全く他人事ではないし、職を失うかどうかっていう瀬戸際にいるわけやけど、それはまあとりあえず今回の緊急事態宣言が明けるまでは深刻になりすぎないようにしておこう。

ただ、TVやネットにはこの先のいろんなイベント情報がまだまだ流れてくる。

東京五輪でさえ延期になってるんやから、大きなフェスなんてどう考えても無理だろう。

海外アーティスト達もこの先まだまだ来日してくるとは考えにくい。

仮に開催される状態にまでなってたとしても、自分はもうその頃は職を探してる可能性もあるし、おそらくそういったチケット代にお金を使う余裕が無くなってる可能性が高い。

消費したくてもできない状態にあるだろう。

なんせコロナの波は一度でおさまるハズはないだろうから。

どこかで折り合いをつけながら、ワクチンができるまではインフルエンザのように共存していくしかないと思う。

となると先々のリスクは高いし、当然消費は冷え込み、世界大恐慌が起こることは目に見えている。

これによってどうなるか?

そんなことを考えると、この先自分は音楽や映画にどれだけお金と時間を使うことができるだろう?とも考えこんでしまうのだ。

だから、いつ何が起こるかわからないから、なるべく行ける時にLIVE会場に足を運んでたっていうのはある。

そして自分も音楽が生き残る環境を作る為に少しでも力になれたらと思いながら、頑張るしかない。

で、早いものでもう4月になってしまったんで、これもさっさとやってしまわねば。


2019年自分がよく聴いたアーティストTOP100♪

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1104.html

2019年自分がよく聴いたアルバムTOP100♪

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1106.html

2018年自分がよく聴いた曲TOP100♪

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1080.html



1.TM NETWORK/『Get Wild』 112回

 

 2019年だろうがこの曲がダントツの第1位(笑)
 年の最初の方ではアニメ映画のシティーハンターを、そして年末はフランス版実写映画シティーハンター公開で、どちらも映画館で流れるEDに鳥肌が立ったもんだった。

 


2.LUNA SEA/『BEYOND THE TIME~メビウスの宇宙を越えて~』 88回

 

 TM NETWORKのガンダム名曲をまさかLUNA SEAがカバーするとは!
 しかもちゃんとリスペクトの感じられるカッコイイアレンジ。
 即DL購入し、短期間でめっちゃヘビロテしてたなあ。

 


3.Tempalay/『どうしよう』 83回

 

 この曲は実はスルメ系で、最初聴いた時はそれほど引っかかってなかったのがだんだん気持ちよくなってきたという。
 今ではカラオケでもチョイチョイ歌うぐらい好きな曲で、LIVEでも聴いてみたいと思ってる。


 レルエ/『時鳴りの街』 83回

 

 この曲もすぐにDL購入してよく聴いてたなあ。
 このバンドは今年が勝負の年になりそうな気がする。
 やっぱりメンバーにバイオリンがいるっていうのは他のバンドと差別化できるのが大きいね。
 TVにも出てほしい。

 


5.King Gnu/『Flash!!!』 75回

 

 このバンドを本格的にカッコイイと認めるに至った曲やね。
 短いけど疾走感がハンパなくて、カラオケで歌ってもアッと言う間に終わる。
 でもめっちゃカッコイイ!
 リクステで観た時はまたアレンジがカッコ良かったわ。

 


6.LAMP IN TERREN/『New Clothes』 64回

 

 この曲もSpotifyで推されてきたんやけど、なんてシブカッコイイモロオレ好みの曲なんやろうとDL購入。
 カラオケで歌いたいと思ったらなかなか入らなくて、ようやく入って練習していこうかと思ってたらこんな世界に…。カラオケで歌いたいと思ったらなかなか入らなくて、ようやく入って練習していこうかと思ってたらこんな世界に…。
 超オススメ曲。




7.Lucky Kilimanjaro/『ひとりの夜を抜け』 63回

 

 このバンドを知るきっかけになった曲。
 一昨年末ぐらいからSpotifyで推されてきて、一度聴いたら耳から離れないぐらいキャッチー。
 以後もバンバン推されてきて(笑)、すっかりお気に入り。

 


 The Chemical Brothers/『The Universe Sent Me』 63回

 

 アルバム『No Geography』はどの曲もカッコイイねんけど、中でも一番コレが大好きやねんなあ〜。
 もうたまらんぐらい気持ちイイ!
 MVも作ってないから、マニアックな好みかもしれない。

 


 中村佳穂/『LINDY』 63回

 

 この曲も即DL購入。
 やってることは決してわかりやすくはないんやけど、なんせ面白いし、めっちゃ楽しそうに自由に表現するし、これこそ「音楽」やなあってLIVEを観ると毎回ハッとさせられる感動があるねんなあ。

 


10.King Gnu/『飛行艇』 59回
 
 

 この曲はカッコイイなあと思ったんで、サブスク頼りにすることなく、ちゃんとDL購入した。そうゆう曲はやっぱりヘビロテするよね。こうゆうエネルギッシュな曲を聴いてると、やっぱりワンマンで観たくなってくる。




11.TM NETWORK/『BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)』 56回
 三浦大知/『Corner』 56回
13.King Gnu/『Slumberland』 55回
14.レルエ/『夜はモーション』 53回
15.DAOKO/『NICE TRIP』 52回
 サカナクション/『忘れられないの』 52回
17.mouse on the keys/『mind』 51回
 中村佳穂/『AINOU』 51回
19.佐藤千亜妃/『Summer Gate』 49回
20.琴音/『今 -George(MOP of HEAD)Remix-』 48回
21.Suchmos/『VOLT-AGE』 45回
 xiangyu/『プーパッポンカリー』 45回
 ニガミ17才/『ただし、BGM』 45回
 宮沢りえ/『My Kick Heart』 45回
25.MYTH & ROID/『Shadowgraph』 44回
 xiangyu/『風呂に入らず寝ちまった』 44回
 サカナクション/『モス』 44回
 東京初期衝動/『再生ボタン』 44回
29.Lucky Kilimanjaro/『新しい靴』 43回
 中村佳穂/『きっとね!』 43回
 椎名林檎/『鶏と蛇と豚』 43回
32.XAI/『THE SKY FALLS』 42回
 エドガー・サリヴァン/『ミラクルショッピング ~ 42回
34.Re:versed/『一か八か』 41回
 TRF × access/『Get Wild -live ver.-』 41回
 WONK/『Orange Mug』 41回
 安月名莉子/『Whiteout』 41回
38.Aimer/『I beg you』 40回
 XAI/『live and die』 40回
 藤田恵名/『月が食べてしまった』 40回
41.xiangyu/『ヒューマンエボリューション』 39回
 xiangyu/『菌根菌』 39回
43.TM NETWORK/『SEVEN DAYS WAR』 38回
 xiangyu/『31』 38回
 ニガミ17才/『化けるレコード』 38回
46.Sola Sound/『trigger』 37回
47.The Chemical Brothers/『Free Yourself』 36回
 ニガミ17才/『町の変態』 36回
 羊文学/『1999』 36回
50.XAI/『WHITE OUT』 35回
 サカナクション/『ナイロンの糸』 35回
 スピッツ/『優しいあの子』 35回
 三浦大知/『Blizzard』 35回
54.JUNNA/『コノユビトマレ』 34回
 showmore/『circus』 34回
 藤田恵名/『Trip Dancer』 34回
57.the peggies/『する』 33回
 TM NETWORK/『Nervous』 33回
 みゆな/『ガムシャラ』 33回
 米津玄師/『Lemon』 33回
 蓮沼執太/『CHANCE feat. 中村佳穂』 33回
62.HALLCA/『Diamond』 32回
 milet/『inside you』 32回
 Tempalay/『そなちね』 32回
 WONK/『Blue Moon』 32回
 yui (FLOWER FLOWER) × ミゾベリョウ (odol)/『ばらの花 × ネイティブダンサー』 32回
 サカナクション/『陽炎』 32回
 米津玄師/『灰色と青 (+ 菅田将暉)』 32回
69.GARNiDELiA/『極楽浄土』 31回
 PANDORA feat. Beverly/『Be The One』 31回
 THE YELLOW MONKEY/『I don't know』 31回
 THE YELLOW MONKEY/『天道虫』 31回
 みゆな/『天上天下』 31回
74.Candy GO!GO!/『Borderless』 30回
 RADWIMPS/『グランドエスケープ (Movie edit) feat. 三浦透子』 30回
 RAMMELLS/『Sensor』 30回
 Tempalay/『のめりこめ、震えろ。』 30回
 TM NETWORK/『Get Wild '89』 30回
 キミイロプロジェクト/『シンパシー』 30回
 サカナクション/『マッチとピーナッツ』 30回
 宇多田ヒカル/『Face My Fears』 30回
 中村佳穂/『GUM』 30回
 椎名林檎と櫻井敦司/『駆け落ち者』 30回
84.MINAKEKKE/『Luminous』 29回
 MINAKEKKE/『Young & Shame』 29回
 The Claypool Lennon Delirium/『Satori (Enlightenment), Pt. 1』 29回
 TM NETWORK/『Seven Days War (Four Pieces Band Mix)』 29回
 レルエ/『火花』 29回
 レルエ/『青とゲート』 29回
 我儘ラキア/『Days』 29回
 徳永由希/『明け方、愛について。』 29回
92.MINAKEKKE/『Golden Blue』 28回
 Tempalay/『革命前夜』 28回
 凛として時雨/『abnormalize (Remix by Masayuki Nakano)』 28回
 キミイロプロジェクト/『瞬間風速無限大』 28回
 ニガミ17才/『テクノロジーの鬼』 28回
 パソコン音楽クラブ/『reiji no machi』 28回
98.EGO-WRAPPIN'/『CAPTURE』 27回
 RAMMELLS/『Dead men & woman walking』 27回
100.showmore/『unibath』 27回
 the peggies/『君のせい』 27回
 パソコン音楽クラブ/『hikari』 27回



こうやって去年を振り返ってみると、あたりまえのような日々が幸せやったんやなあとしみじみしてしまう。

またあんな風に戻れるのはいつになるだろうか?

この引きこもり状態の中でも当然音楽は常に流れている。

これから世界大恐慌の時代に突入したとしたら、自分の音楽の聴き方はどう変わっていくだろうか?

そう考えると、音楽がサブスクで聴けたり、あるいはYouTubeやSpotifyの無料仕様で聴けたりっていうのは、ラッキーな環境にあるのかもしれない。

音楽そのものの在り方の価値まで問われつつある今は特に。


     LUNA SEA『BEYOND THE TIME〜メビウスの宇宙を越えて〜』を聴きながら…。



  1. 2020/04/08(水) 05:32:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緊急事態宣言カウントダウン

一応、先手先手で予測はしてるものの、一人で身動き取れずに悶々としてるとだいぶメンタルがやられてくるね。

食欲も無くなるし、あれこれ考えてしまい眠れなくなるしで、これで体まで壊してしまったら最悪だ。

免疫力も下がってしまう。

とりあえず、予想通り緊急事態宣言が今日出るようなので、当分仕事の無い状況が続くことになる。

今回の緊急事態宣言は来月のG.W.明けまでをメドにってことやが、これを真に受けて完全に休業にしてしまうと、以降生活が立ち行かなくなる人達は急増する。

自粛要請も補償付きでやらないから、あんたら今はガマンしてなんとか勝手に生き延びてくれみたいな投げっ放しなやり方をされた日にゃあ、たまったもんではない。

ライブハウスの95%は減収でこのままだと3か月も保たないという所がほとんどという悲痛なニュースも。

おまけに夜のお店や風俗、外国人に対する差別的なコメントも散見。

なくてもいい仕事って何なのか?

そこには様々な人生事情で日々いっぱいいっぱいの問題を抱えながらも一生懸命生きてる人達だって多いと言うのに、そうゆうことへの想像力が及ばないのだろうか?

緊急時にはつくづく人間の本性が露になるよなあと、気が滅入ってくる。

まあ、こうゆう世の中の状況になっても、ダメージの受け方は人それぞれやし、業界によってはさほど悲観しなくてもすむだろう。

しかし、いつ何が起こって自分がどん底に落ちそうになって困窮するやもしれないっていうことを考えられるなら、単純にこうゆう時できるだけ多く救えるだけの人を救おうっていうやり方に持っていけないものなのか?

人は誰とどう繋がってどう影響し合ってるかもわからない。

結局、政府は庶民の命を一番には考えていない。

それが今回より明確になった。

と同時に、日本の民度の低さもよくわかった。

嘆いてばかりはいられない。

良識を持った人達もまだたくさんいるので、そうゆう人達と共になんとか元の生活に近い状態を作り直していくしかないだろう。

こうゆう状態に追い込まれてみて、改めて自分は音楽や映画や芸術やプロレスに救われていたか、また音楽がある場所を奪われることがどれだけ辛いかということを思い知らされている。

歌えないってほんまに辛い。

長年、受け皿稼業の中で、世の中の陰でひっそりと生息し続けてきたけども、それだけに滅茶苦茶でもどこか愛着はあるんやろうなあ。

しかも、悔しい気持ちで終わらせたくないっていう事象が何度もあって、結局ここまで続けてきたように思う。

ニュースでもやってたけど、フリーランスのミュージシャン達は仕事が飛びまくって明日をも知れぬ生活に追い込まれようとしている人達がたくさんいる。

1人最低でも10万円の給付があるだけで、家賃と光熱費ぐらいはまだなんとかなるかもしれないのに。

今のうちに大きなセーフティーネットを張っておけば、生活保護受給にまで至らないケースも多いやろうに。

今は医療現場が一番大変やろうから、疲弊しながらも必死で抑え込もうとしてくれている人達には感謝しか無い。

決死の覚悟が無いと、生半可の気持ちではやってられないと思う。

それを考えると、自分は今は自分の場所で生き延びようと頑張るしかないねんなあ。

身動きがとれないけどね。

これをきっかけに世界の中の価値観は大きく変わることになる。

自分の中にはどんな変化が起こっていくか?

こうなったらせいぜいそれも楽しみながら自己観察していかないとしゃーないね。

これだけ一人籠って休みが続いてしまうなら、自己との対話する時間も増えるわ(笑)

もし、自分が長期入院にでもすることになったら、積ん読本をたくさん読んだり、買ったまま観てなかったBDやDVDを観たりしてたらアッと言う間かもなあ?なんてことを考えたことがあったが、今なんかまさにそうゆうことができる時間だとポジティヴに捉えよう。

部屋の掃除もたっぷりできそうやし。

引き蘢るのは得意な方だろうから。

ただ、隣の部屋の厄介な住人さえいなければって話やが…。


♪SEKITOVA/『Fluss (Original mix.)』
 
 


     SEKITOVA『Fluss (Original mix.)』を聴きながら…。



  1. 2020/04/07(火) 03:19:46|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「備えあれば憂い無し」とは言うけれど

新型コロナウイルスの脅威により、日に日に恐怖が増大していってる。

大阪にいるので感染の恐怖もだんだん身近なところでリアルに感じられるようになってきてるけども、それよりもやはり先の見通しが立たないという恐怖が大きい。

自然災害ともまた違うし、なんせ身動きがとれなくて、こうゆう形で終わりを迎えるかもしれないというのは予期していなかった。

こうゆう時に今までギリギリのラインで生きていると生命の危機に立たされるんやなと。

せめてもうちょっと貯金しておくべきやったとは思うが、まあ今更そんなことを言ってもしゃーない。

何を優先して生きていくかは人それぞれやし、人生において仕事をどう捉えるかも様々。

仕事と報酬の釣り合い方も様々。

まあ、少なくとも自分の場合、別にコロナ云々以前にいつ仕事をやめることになるやもしれないっていうのは特にここ数年はずっとあったわけだから、精神的なスタンスではまだマシなのかもしれないが。

ただ、世界中が一挙に危機にさらされ、そこに自分も巻き込まれるというところまでは想定していなかった。

あるとするなら、第三次世界大戦ぐらいかってなもんで。

世界中じゃなくても、南海トラフ大地震規模とかね。

地震や津波にともなう原発事故とか。

まあ、そんなこんなで、このままいくとおそらく今月の収入はほとんどない。

先月もガクッと減っていた。

これが、今月と来月ぐらいですむなら、まだなんとかもちこたえられるけども、それ以上となるとかなり厳しくなってくる。

同時に職を失う可能性もグンと高くなってくる。

更に、この世上を考えると簡単には職も見つからないだろう。

最悪の場合、ホームレスか、闇金ウシジマくんの世界か、究極の選択を迫られることにもなりかねない。

そうこうしてるうちに健康を損ねてしまって命を落とす可能性だってある。

「備えあれば憂い無し」とはまさにお金だわ。

相変わらずアベ政権は庶民になんやかんや条件をつけて十分なお金の給付は出し渋っている。

仮に今回給付されたとしても、おそらく今みたいな新型コロナの波は、第2波、第3波というように、何度も襲ってくる可能性も高い。

有効なワクチンの開発にはまだまだ時間がかかるだろう。

今年いっぱいこんな状況が続いたとするならば、国は半壊してしまうのではないだろうか?

これが毎年数年も続いたら?

しかもそれぞれの国が鎖国みたいな状況のままが続けば、輸入に頼ってる物が手に入らなくなるかもしれない。

これが食料に関するものだと、自給自足出来ない日本はますます自滅の一途をたどることになる。

気が遠くなりそうやけど、不安要素は尽きない。

原発事故の時もそうやったが、こういった伝染病に対する準備を日本がもっとできていたなら?

起こってからじゃあもう遅いねんなあ。

でも、少なくとも武漢での騒動の時点で日本政府がもっと迅速に対応しておくべきことはたくさんあったハズで、しかも野党からその辺指摘されてたのにちんたらしてたアベ政権の罪は重い。

ここ数年の災害の時もいつもそうだった。

何を他人事みたいに非常時にうまいもんばっかり食うとるんじゃ、このサイコパスめがっていう。

少なくとも専門家はその時から感染のピークは4〜5月っていうことを指摘していたのに、メディアも含めて楽観的なムードを作ってきたのはもう上から下まで腐ってもうてるからやろうなあ。

とにかく五輪開催最優先みたいな。

またタイミングが悪いことに日本は年度末から新年度という節目にまたがってしまった。

さあ、これから新たな生活を…っていうように、いろんな立場の人達がその心づもりで準備をしていたと思うのだ。

それがこんなことになり、出端をくじかれ、今やそこらじゅうから悲鳴が聞こえてくる。

ああ、たったわずかの間に、あの「あたりまえ」だった日々が恋しくなるとは。

こうゆう時はさすがに寄り添い合える人がいる方が力強いやろうなあと思う。

籠りっきりやと一人は心細くなるよなあ。

冷静に物事を考えられるうちに、次なる生きのびる戦略を練らねばなるまい。

何も持たざる者なりにも何かしら光を探す努力は必要だ。

また人生の試練がやってきたのかもしれない。

とりあえず、自分はまだしも両親には絶対にかからないでもらいたい。

当分様子を見に顔を合わせに実家に帰ることも無理やからなあ。

今でも心配されてるけど、これ以上心配かけるのも心身の負担になるからよろしくないので、あまり相談もできないけどね。

志村けんみたいな最後だとシャレにならんもんなあ。

今は健康を維持して生き残ることがせめてもの親孝行といったところだろうか。

ん?よく考えたらこれって今までと変わらんか(笑)



♪Aurain/『3:00』
 
 

 

     Aurain『3:00』を聴きながら…。



  1. 2020/04/06(月) 03:46:38|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緊急時に、いかに冷静になれるか?

急遽仕事がとりあえず二日間休みになっただけにも関わらず、いろいろ頭の中では渦巻くものがある。

漠然とした先の見えない不安。

しかも誰かと話をすることもなく、ただ一人でモヤモヤと戦わなければならないのも精神衛生上よろしくはないだろう。

こうゆう時こそ一人暮らし独身男性の孤独死まっしぐらになる感覚というものを実感する。

たくさんお金を持ってるならまだしも、経済的に余裕がないなら尚の事である。

借金が無いのがせめてもの救いだが。

日本の報道を見ていると、みんなやたらと楽観的にいるような気がして、それがまたヤバい感じがする。

自分にしても、どこかで自分は大丈夫だろうと必死で思い込もうとしてるようには自分自身で思う。

そうしないと不安に乗っ取られて何も考えられなくなるからだ。

まだまだ腹をくくれていないなあと思う。

なんせ生活維持という点で短期的には持ちこたえられても長期的には無理だ。

しかも世界中がこんなだからもう何とかするためにと動き様もない。

どないもこないもない、八方ふさがりの状況。

冷静になるためにはどうすれば良いか?

理屈としては現実を受け入れることだというのはわかっている。

そこから次なる戦略を打つしか無い。

サイコパスアベ政権は一貫して弱者切り捨て路線なので、もはや期待したとてどうにもならんだろう。

選挙でさっさと落とすしか無い。

自分の目は最初から間違ってはいなかったが、世間の多くがもうアホになってるからせいぜい心中しないようにしたいところやが…、そう言ってる自分が一番危ないという現状。

今回、一番危機感を抱いてるのは、「需要」という部分に関して、突然一番要らない状況に追い込まれてしまったことである。

エンタメに関わってる人達の多く、特に現場関連の人達はみんなそうだと思う。

ライブハウスでのクラスター感染の悪いイメージのインパクトはデカすぎた。

誰もが一進一退のリスクを抱えてしまってる状況。

しかも補償は無いし、終息までは相当長引くと思われる。

あらゆるイベントは休止や延期。

ハッキリ言って東京五輪も来年に延期したところでもう無理だろう。

世界中がこんななら経済的にも足枷にしかならんと思うのだが?

五輪開催に要する費用を補償に回さないでどうするのか?

それまでにどれだけの人間が死ぬねん。

自分の今やってる仕事自体は、この新型コロナ騒動が一旦落ち着けば、また盛り返すことができるとは思うけども、長期戦でどこまで持ちこたえられるか?っていう話。

それまでに上が、ハイ、もうおしまい、っていう判断をしたなら、さあ、どうするか?

なんせアベ政権とカブるぐらいやから(笑)、期待したら裏切られそうな気はする。

そこはこちらからもじっくり観察させてもらうけども。

リセットの必要性。

いずれにしても焼け野原を見渡すような感覚になるだろうから、新たなる「需要」のある所に流れていかねばならないだろう。

そこにどれだけの「やり甲斐」を見出せるか?

ポンコツになってからの活動は難しい。

国難なら、少しでもその苦痛から脱せる手伝いができるところにいきたいとは思うけどね。

多くの人達の生死が左右される危機的状況は、いろんな人間の本性を垣間みることになる。

そこで自分はどんな人間であることができるのか?

死にものぐるいで生きようとするのか?

諦めてその辺でのたれ死ぬのか?

一つの生物としての価値が試される。

とにかく今は身動きがとれないので、ひたすら忍耐だ。

頭がおかしくならないように、どうにかこうにかリラックスできないものかともがいているという。

しかも隣を意識して全然落ち着けなくなってきてからのこの新型コロナ騒動。

最近ではトイレに行くことさえも物音が気になって行き辛い。

これはもうここから去れということなのかな?

去ろうにも、動けないが(笑)

あまりにも胸のざわつきが騒がしいものやから、映画やドラマやアニメや音楽番組を観てても、スンナリ入ってこなくて純粋に楽しめなくなってきてるもんなあ。

そうなったら一体何に癒されればいいのか?

新型コロナウイルス感染の症状は様々なようだが、味覚や嗅覚に違和感が生じると聞く。

せめて人として恥じない感性だけは鈍感にならないようにしたい。



♪sayonarablue/『underwater』
 
 

 

     sayonarablue『underwater』を聴きながら…。


  1. 2020/04/03(金) 08:15:10|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

暗黒の新年度

事態はより一層深刻化している。

特に大都市での新型コロナウイルス感染者の増え方は危険。

東京では医療崩壊寸前、夜の街も自粛要請でそこらじゅうで悲鳴が上がっている。

ここ大阪でも夜の街でのクラスター感染が問題視され、よりキビしい状況に陥っている。

当然、うちの職場もその影響は無視できず、とりあえず今日、明日は休みとなった。

しかしながら、正直言ってもうちょこっと休んだぐらいでは誤摩化せる様な状況ではない。

本来なら東京も大阪も既に緊急事態宣言が出されていないと非常にマズいと思う。

もしかしたら今日の感染者数次第では週末大阪もロックダウンが有り得る。

心情的にはとっくに外出しないでひきこもっていたかったけれど、本当に死活問題なのでそうゆうわけにもいかず。

そりゃ、ここで政府がバーンと気前よく国民一人一人に現金給付なり補償なりしてくれりゃいいけども、アベ棄民党政権がそんなことをするわけもなく…。

驚くべき事にお肉券・お魚券の次は、一世帯につき布マスク2枚配布という特大ブラックジョークをかましてきやがった。

これがエイプリルフールの嘘ではなく、どうやら本気らしい。

いやいや、ここにきてお得意の「やってる感」を出すのにも限界がきたのか?

小学校の学級委員会やあるまいし、おそらく、こんなのが炎上要件なのは承知の上やろうから、本当の意図はその裏にある何らかの目くらましなのかもしれない。

この国難で歴史上稀にみる愚かな政治家達に背筋がゾッとする。

全く国民を救おうとしていない。

っていうか、こんな奴らを選んだのも国民なんやから、結局日本全体がアホになったっていうことである。

自分は散々この政権は危険だと、発足前から言い続けてきたけど、この期に及んで擁護してる人達の存在を考えると、まあこの国も順調に自滅していきそうやね。

各国のウイルス対策を見てると、そこには防衛に通じる姿勢も出てるのだろうと思うけども、日本なんて絶対に戦争なんかしてはいけない国なんやなというのを改めて実感するしかない。

こんな有事におもいきった戦略も打って出れないなら何も守れんやろ。

国民を全然救おうともしてない奴らやっていうのがよくわかった。

これで兵器や戦闘機を爆買いするんやから、アホにお金やおもちゃを渡したらほんまにとんでもないことになるよなあ。

中国や北朝鮮が攻めて来たらどうのこうのって言うけども、そんなことせんでもこのままいくと勝手に自滅するわ、この国は。

この先の未来では、アメリカの新しい州にでも追加されてたり、あるいは香港みたいに中国に取り込まれてしまってたりなんてことも有り得ない話ではない。

まあ、今でもアメリカの飼い犬やからなあ。

ネットを見てても、日に日に人々のフラストレーションが溜まってきてるのを感じるけど、いずれにせよ、この新型コロナ騒動は長引くことには間違いない。

自分の仕事は年度区切りもさほど関係ないけれど、学校や企業からすれば新生活の人達も多いやろうから、この出端を挫かれる感じはたまったもんやないだろう。

イライラとソワソワが蔓延しそう。

そして何より、一刻も早くなんとかしないと、現時点でも路頭に迷ってる人達も多いハズ。

特にフリーランスでやってる人達、自分も音楽などの娯楽周辺の人達もそうやし、観光業や飲食業も軒並みヤバいやろう。

これから一日一日、どういったことになっていくのか、まるでわからないけども、この波に飲み込まれて仕事を失う可能性は今までのピンチよりも大きいし、最悪の場合、自分が命を落としたり、自分のせいで誰かの命を奪ったりなんていうこともあるやもしれない。

一日一日、大切に生きよう。

どこまで持ちこたえられるか、どれだけ元通りに近いところまで戻せるかはわからない。

なんとかして生き延びよう。

そして、あまり期待しないことを心がけたい。

たぶん、その方が冷静になれる気がする。

あまりにも心に余裕がなくなったり、身体が弱くなってしまっては、頭の方もまわらなくなってくるから、それがコワい。

それと、世の中がこうゆう時に自分が孤独であることが、一体自分にとってどうゆう影響を及ぼすのかということも、俯瞰して見てみようかと思う。


♪DOG MONSTER/『Money Monster』
 
 

 

     DOG MONSTER『Money Monster』を聴きながら…。



  1. 2020/04/02(木) 08:11:44|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

暗黒の年度末

一昨日の夜、志村けんさんが新型コロナウイルス感染からの肺炎によって亡くなった。

寝てたら目が覚めて、ふとネットを見てみるとすぐにとびこんできた死亡のニュースに全身がブルッとした。

これによって今までまだまだ呑気な気分でいた日本の人達の空気もガラッと変わった。

急激に襲ってきた喪失感と危機感。

やはり自分が身近に感じてる人が死なない限りは、所詮みんな他人事で、なかなか想像力が及ばないのである。

自分だけは大丈夫という根拠のない自信を抱くことは、生命の種の保存の為にはある意味時には必要な部分でもあるかもしれないけれど、その油断が逆にとても危険でもあるわけだ。

さあ、これでいよいよ誰もが自らの行く末の不安から逃れられなくなってきた。

自分も今最も逆風の強い職場なわけで、長引けば最悪職を失うことになる。

今までいろいろあったけど、まさかこんな形でっていうことになりかねない状況を迎えている。

ウイルスとの世界大戦が繰り広げられてるわけやから、世界史の重要な転換期にいることになる。

東京オリンピックも来年に延期になったが、世界中もうほんまにそれどころじゃない。

ここで政府がちゃっちゃと具体的に補償、支払い猶予、減税といったことをやってくれればまだもちこたえられるかもしれないが、最悪なことに時の政権はあの幼稚で無能で非情なサイコパスアベだ。

ちんたらちんたらやってる感だけ出そうとしやがって、ほんまにコロナで死んでしまう前にアベ政権に殺されてまうぞ。

今早急に必要なのは現金だ。

自粛を要請するなら当然何らかの補償を先に提示してからの話やろが。

何を言いっぱなしで自己責任にさせようとしとんねん!

国は札をどんどん刷ってバラまかんかい!

こっちは生死がかかっとるんじゃ。

権力者達の目論みで、あえて多くの国民が淘汰されるように事が進められてたとしたらほんまにこわいけどね。

陰謀論とか胡散臭いことはあんまり言いたくはないけども。

ただ、今みたいに世界中で新しい疫病が流行ってドエラいことになるっていう予言をいつ何でだかで読んではいたんよね。

それがどこまで正確な言い回しだったかも思い出せないんやけど、その点に関しては、ああ、ほんまに来てしまったのかっていう感ではある。

別に予言じゃなくてもそうゆう可能性なんかは未来には十分ありえるとは思ってたから。

まあ誰もがものすごい苦痛や死に遭う類のものではなかったからまだマシやけど、症状が出ない人達によってどんどん蔓延させてしまうところが新型コロナウイルスの最も怖いところ。

日本の対策は諸外国と比べてあまりにも杜撰なので、4月に入るともっとえげつないことになると思う。

おそらく新年度に入ってから強制的な外出禁止が発令されていくことになるんちゃうかな?

特に東京、大阪、愛知といった大都市近郊を中心に。

そしたら真っ先に仕事には行けなくなる部類。

普通なら実家の京都に戻って家族といる方が良いってことになるんやけど、新型コロナウイルスが一番危険なのは老齢の両親やからねえ。

帰りたくても帰るわけにはいかないから。

これはもう一人引きこもるしかなくなる。

しかも隣の部屋のキチガイも気になって鬱陶しいし、自分のメンタルがどこまでもちこたえられるか、不安だ。

この先行き不透明さはいつぞやの無職状態に陥ってもうた時以来やな。

最も今回は自分や周囲の人達の命の危険をも脅かされている。

遂に自分も死にたくなってこないか、若干心配ではある(笑)

とりあえず、こうゆう時は自分の思考のハードルを下げるに限る。

とにかく生きよう。

死ななければ良し。

死なせなければ良し。

こうやって心に余白を作ってやらないと、なだれこんでくる不安に打ち勝つ余裕も出てこなくなるからねえ。

今はもう映画もカラオケも自粛して行ってないし、せいぜい音楽聴いたり、BD観たり、本を読んだりして過ごすしかないよなあ。

ネットも殺伐としとるからなあ。

たぶん近いうちに仕事を休むことになるかと思うし、覚悟しておかんといかんね。

その前に備蓄をもうちょっと増やしておいて、先の見えない節約生活を持続させていかねばなるまい。


それにしても、志村けんさんが亡くなったっていう喪失感は大きすぎる。

訃報を知ってから寝られなくなったし、食欲もなくなってしまった。

自分が子供の時に初めて一番おもろいオッサンって認知したスターやったからなあ。

ドリフの中では一番最後に逝かはるやろうと勝手に思い込んでたから、未だに現実味がない。

辛い。

日本からまた大きな笑いが失われてしまった。

大いに笑わせてくれた人がいなくなると本当に寂しい。

先日まであたりまえのようにバカ殿を観てたのがウソみたいだ。

令和という時代は、どうやら今まであたりまえだと思ってたことが悪い意味であたりまえではなくなる時代なのかもしれない。

しかしながら、こうなったらもう破壊の後に来る創造に希望を持つしかないではないか。

自分が生き残ることが大前提やが。

そのためにもなんとか心身の正常だけは保たないとね。


♪たかしまあきひこ&エレクトリック・シェーバーズ/『「ヒゲ」のテーマ』
 

 

     たかしまあきひこ&エレクトリック・シェーバーズ『「ヒゲ」のテーマ』を聴きながら…。


  1. 2020/03/31(火) 02:55:02|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2019年自分がよく聴いたアルバムTOP100♪

コロナウイルス感染症対策による自粛のせいで、全国でいろんなイベントが中止や延期に追い込まれている。

このままいくと東京五輪も通常開催は無いだろう。

こんな状況なので、今年はLIVEのチケット予約も全然手を出せない状況にある。

SquarepusherやThundercatが来日するので、行こうかな?とか考えてたけど、こりゃたぶん来日中止になるかもなあと心配してたら案の定だった。

映画鑑賞にしてもやはり環境上気が進まないこともあり、今は控えるようにしてる。

カラオケにしても然り。

まあこれは一人カラオケで練習するぐらいやから、よっぽどでないと大丈夫やとは思うんやけどね。

で、うちの職場なんかも危険な環境にはちがいないので、油断は出来ない。

万が一クラスター感染なんて発生した日にゃあ終わってまう。

無能な政府は相変わらず減税すら言えず、無責任にも何の補償もしようとしないで言いっぱなしの自粛要請しかしない。

挙げ句の果てには旅行させて消費させようとか、ほんまにアホちゃうか?

庶民がどうゆう苦しみ方をしているのかという想像力の乏しさにはもう絶望するしかない。

この社会をなんとか良くしようという意志が全く見えてこない。

桜の季節だというのに、これじゃあおちおち花見にも行けやしない。

でも引きこもって音楽を聴くのも最近はほんまに隣のキチガイの存在が鬱陶しくて全然安らげなくなってきている。

ゴキゲンな奇声を発してる時はまだマシやけど、癇癪を起こして喚きながら何かに当たり散らしてる時は最悪だ。

このキチガイもコロナの影響を何かしら受けとるんやろうなあ、以前よりおる時が増えてるから。

で、こっちもあんまり大きな音は出せないし、かと言ってイヤホンで聴くにはもう今は耳鳴りが酷すぎて長時間は無理。

ここまで耳がへたってしまっていては、以前のようには音楽も満足のいく形では聴けなくなってきている。

音楽にも映画にも救われきれない状況って、一体生きてて何が楽しいんやと?

ああ、柔らかいおっぱいに癒されたい(笑)

では、恒例のやつをとっととやってしまうとするか。


2019年自分がよく聴いたアーティストTOP100♪

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1104.html

2018年自分がよく聴いたアルバムTOP100♪

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1073.html



1.サカナクション/『834.194』 305回

♪『忘れられないの』
 
  

 ほんまに何年待たせてくれとんねん!っていうニューアルバム。
 発売前にLIVEで聴いた。
 でも正直に言うと、音楽性がだんだん期待してた方向とはズレてきてるなあっていうのはある。

 


2.中村佳穂/『AINOU』 299回

 ♪『AINOU』
 
  

 ギリギリまでず〜っと1位やってんけどね。
 このアルバムはものすごく丁寧に長い時間をかけて作られていて、満を持して出してきたなっていう。
 音源も凄いけどLIVEがまためちゃめちゃ凄いねんなあ。

 


3.King Gnu/『Sympa』 231回

 ♪『The hole』
 
 

 いやもうクオリティーが高いし、音楽性の幅も広いし、尖っていながらも意外と柔軟でそりゃブレイクするわなっていう。
 何よりLIVEがまたカッコイイからねえ。
 ニューアルバムもタイアップ満載やし、サブスクの再生回数もめちゃめちゃいきそうやなあ。

 


4.ニガミ17才/『ニガミ17才b』 197回

 ♪『ただし、BGM』
  
 

 音楽って「何だコレハ?!」っていう言葉にできない初期衝動が大事やねんけど、このバンドはモロにそう。
 コヤソニで初めて観た時、音源以上にLIVEのインパクトがもっとスゴかった。

 


5.The Chemical Brothers/『No Geography』 191回

 ♪『Free Yourself』
  
 

 元々ケミブラは大好きやったけど、今回のアルバムがめっちゃカッコ良くて。
 またこの曲のMVもサイコーだったりする。
 最近洋楽が深堀りできてない中でヘビロテやった。

 


6.TM NETWORK/『Gift for Fanks』 162回

 ♪『Come On Let's Dance』
 
 

 何でこのアルバムがこんなに上位になったかというのはもう1曲目の『Get Wild』をヘビロテしてたからやわね(笑)
 後は『Nervous』の良さを再確認してよく聴いてたなあ。

 



7.Tempalay/『21世紀より愛をこめて』 153回

 ♪『のめりこめ、震えろ。』
  
 

 去年ミナホ初日が台風で吹っ飛んでなけりゃLIVEが観れてたかもしれない。
 オシャレなようでいて、ひねくれてもいるような曲が多くて、妙に引っかかるねんなあ。

 


 xiangyu/『はじめての〇〇図鑑』 153回

 ♪『ヒューマンエボリューション』
  
 

 何だコレは?!と衝撃を受けた人。
 ミナホは台風で吹っ飛んだけど、ボロフェスタで観れた。
 水カンっぽいなと思ってたらケンモチヒデフミプロデュースだった。

 


9.RADWIMPS/『天気の子』 150回

 ♪『祝祭 (Movie edit) feat. 三浦透子』
  
 

 アルバムとしてはサントラやから1曲が短くて曲数が多いから当然再生数も多くなりこの結果に(笑)
 三浦透子の歌声が映画館でも気持ちよくて印象的やったなあ。

 


 the peggies/『Hell like Heaven』 150回

 ♪『君のせい』
 
 

 この曲は青春ブタ野郎でお馴染みやったけど、去年コヤソニで初めて観た。
 生で観るとますます好きになったなあ。
 ビジュアルもイイし、上手いし、歌声がちゃんと残るしで。

 


11.レルエ/『UNITE』 148回
12.椎名林檎/『三毒史』 144回
13.BABYMETAL/『METAL GALAXY』 130回
14.Perfume/『Perfume The Best "P Cubed"』 129回
15.藤田恵名/『色者』 126回
16.上原ひろみ/『Spectrum』 124回
17.沖縄電子少女彩/『Chastity』 122回
18.Tempalay/『なんて素晴らしき世界』 119回
 宇田川別館バンド/『Udagawa Bekkan Band』 119回
20.Sawa Angstrom/『DdTPt』 115回
21.MINAKEKKE/『TINGLES』 114回
22.I Don't Like Mondays./『FUTURE』 112回
 RAMMELLS/『Mirrors』 112回
24.Sawa Angstrom/『OF FOOD』 110回
25.TM NETWORK/『humansystem』 109回
 ましのみ/『ぺっとぼとリテラシー』 109回
 東京初期衝動/『SWEET 17 MONSTERS』 109回
28.haruru犬love dog天使/『lost lost dust dream』 108回
 TM NETWORK/『CAROL -A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-』 108回
 サカナクション/『魚図鑑』 108回
31.showmore/『overnight』 107回
32.mol-74/『mol-74』 104回
33.安室奈美恵/『Finally』 102回
34.DAOKO/『私的旅行』 101回
 FNCY/『FNCY』 101回
 WONK/『Moon Dance』 101回
37.GARNiDELiA/『響喜乱舞』 100回
 sora tob sakana/『World Fragment Tour』 100回
 パソコン音楽クラブ/『Night Flow』 100回
40.Lady Frequency/『Hardcore Gentleness』 99回
 さよひめぼう/『CRYSTALあいまい』99回
42.藤田恵名/『月が食べてしまった』 97回
43.Nao Kawamura/『Kvarda』 96回
44.Lucky Kilimanjaro/『hug』 95回
45.佐藤千亜妃/『SickSickSickSick』 94回
46.AAAMYYY/『BODY』 93回
 米澤美玖/『EXOTIC GRAVITY』 93回
48.CRCK/LCKS/『Double Rift』 92回
 Suchmos/『THE ASHTRAY』 92回
 我儘ラキア/『StartingOver』 92回
 我儘ラキア/『There is a Reason』 92回
52.小西真奈美/『here We Go』 92回
53.Sola Sound/『Story』 91回
 足立佳奈/『Yeah! Yeah!』 91回
 眉村ちあき/『めじゃめじゃもんじゃ』 91回
56.ペンギンラッシュ/『No Size』 90回
57.MIGMA SHELTER/『ORBIT EP』 89回
 Official髭男dism/『Traveler』 89回
59.LUNA SEA/『BEYOND THE TIME~メビウスの宇宙を越えて~』 88回
60.PAELLAS/『Sequential Souls』 87回
 宮沢りえ/『Golden J-Pop/The Best』 87回
62.FUNLETTERS/『PRAY』 86回
 Jain/『Souldier』 86回
 レルエ/『Alice』 86回
65.yahyel/『Human』 84回
66.ALI PROJECT/『愛と誠 ~YAMATO & LOVExxx』 83回
 Deena Abdelwahed/『Khonnar』 83回
 ドアノブロック/『カルトとポップ』 83回
 みんなのこどもちゃん/『壁のない世界』 83回
 徳永由希/『笑える日々でした』 83回
71.34423/『Masquerade』 82回
 CRCK/LCKS/『Temporary』 82回
 Nulbarich/『Blank Envelope』 82回
74.iri/『Shade』 80回
 Jain/『Zanka』 80回
 眉村ちあき/『ぎっしり歯ぐき』 80回
77.Daniel Maunick/『Macumba Quebrada』 79回
78.chelmico/『Fishing』 78回
 Sawa Angstrom/『LEVEL』 78回
 TM NETWORK/『GORILLA』 78回
 TM NETWORK/『ORIGINAL SINGLES 1984-1999 [Disc 2]』 78回
 藤田恵名/『強めの心臟』 78回
83.No.528/『ENDROLL』 77回
 Pimm's/『Human Xrossing』 77回
 THE YELLOW MONKEY/『9999』 77回
86.みゆな/『ユラレル』 76回
87.あっこゴリラ/『GRRRLISM』 75回
 リアル3区/『ドンキ行くけどなんかいる?』 75回
 児玉真吏奈/『つめたい煙』 75回
90.EGO-WRAPPIN'/『Dream Baby Dream』 74回
 みゆな/『眼』 74回
 長谷川白紙/『草木萌動』 74回
 東京初期衝動/『Virgin Suisides』 74回
 野崎りこん/『Love Sweet Dream LP』 74回
95.Kuro/『JUST SAYING HI』 72回
96.キミイロプロジェクト/『kimiiro』 71回
 リアル3区/『だいたいかんちがい』 71回
 長谷川白紙/『エアにに』 71回
99.kukatachii/『INCESSANT』 70回
100.AliA/『realize』 69回
 AmamiyaMaako/『Baby scratch』 69回
 TMN/『EXPO』 69回


やはり邦楽が多いなあ。

サブスクは便利やけど、音楽沼が深すぎて洋楽の方までなかなか手が回らない。

聴いてないわけじゃないんやけどね。

職場では最新の洋楽ヒットチャートの曲もたくさん流してるし。

後、これは些細なことのようで実は大きいことやねんけど、Spotifyやと洋楽アーティスト名の表示がカタカナなのが多くて、それがごっつ嫌だったりしてあえて避けてることも多い。

Spotifyは無料で使ってるのでシャッフル再生しかできないっていうのもあるしね。

その点、有料で使ってるAWAの方はまだちゃんと英語表記の場合が多いんやけど、そのかわりこちらはマイナーなサブスク故に集計には反映されないので、それでまた敬遠してしまうことも多い。

K2レコードにも1年ぐらい行ってないしなあ。

ただでさえアルバム単位で聴く機会が減ってきてるわけで、果して上半期の集計の時にはどう変わるかな?

今、こんな世の中の状況ということもあって、最近LIVE盤を聴くのにハマってたりする。

2枚組や3枚組が多いから、もしかしたら今年の上半期はそうゆうアルバムがTOP100の中にたくさん並ぶ可能性もあるね。


     サカナクション『忘れられないの』を聴きながら…。



  1. 2020/03/24(火) 04:17:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

本日我がブログ15周年

おそろしい話だ。

あれからもう15年も経ってしまったなんて。

こうやってなんとかここまで書き綴ってきたブログやけども、自分にとって大きく変わったのは2011年だろう。

公的には東日本大震災、私的にも言葉を失くすに至ったのがこの年。

ここから今まで、自分の中にそこまでたいした想い出はない。

職場での不穏なゴタゴタ劇、音楽と映画に救われる日々、隣のキチガイのせいでストレスが溜まる現在の部屋、それら以外には良くも悪くも特に思い出すようなことはない。

その中での大きな誤算は、まあ何かが起こっても動けばなんとかなると思っていたことが、年を重ねていくにつれ、頭も身体もこんなにもポンコツになってゆくものなのかっていうこと。

一人暮らしの独身男性が早死にするというデータも納得できる今日この頃(笑)

そして、時代は平成から令和へ。

もうこの時点でも既に世の中不穏な空気と閉塞感には溢れていたので、明るい未来の兆しなどはつゆとも見えて来なかった。

今年の五輪ムードもさほど盛り上がりを感じられないままに、2020年令和2年現在、日本だけでなく、世界中が暗いムードに覆われている。

コロナウイルス感染症の脅威。

特にエンタメ業界周辺は大打撃。

ライブハウスでのクラスター感染報道からモロに逆風。

まあ、当然うちの職場もその影響は受けているけども、長年やり続けてたおかげで今のところは持ちこたえてはいる。

だが、この自粛ムードがもっと長引くとなると、おそらくこれから倒産、失業、破産の嵐で、コロナ以前に経済的な死の宣告を受ける人達で溢れてしまうことだろう。

よりによって、今は、不正、隠蔽、改竄、虚偽だらけのサイコパスアベ政権である。

庶民感覚など全くなく、平気で弱者を切り捨てるクソ詐欺集団だ。

どれだけの国民が間接的に殺されるやもわからない。

とりあえず緊急に50兆円以上規模の財政出動をして、消費税停止、各方面の支払い猶予、補償処置などをしていかないことには国が終了してしまうだろう。

ここにきてもセコいことしか言いやがらない政治家には与野党問わずさっさと消えてもらいたい。

12000円を給付とか、そんなちっぽけな額でやってる感出されても困るけどね。

国民に配る額の桁が1つ違うやろっていう。

何のために国民からお金を搾取しとんねんっていう。

とても東京五輪とか言うてる場合やないだろう。

日本はただでさえ検査の数が少なすぎるということで、海外からも非難されている。

日本はもうアベクソ政権のせいで国際的にもすっかり信用されなくなってるけども、それでもまだ懲りずに支持してるバカな人達も多くて、そんなに滅びたいのかとその民度の低さにビックリしてしまう。

こうして、自分は今まで生きてきてかつてないほどに暗く澱んだ時代の中にいる。

今年一年、どんな年になるのか、世界中の誰もが不安に陥ってしまうような最悪の空気。

その煽りを自分もどんな形で喰らうことになるかは、まだまだわからない。

特に仕事が仕事なだけに、唐突に終わりを迎える可能性だってある。

正直、最近自分の中で幸せを感じようとするセンサーが弱くなってきてるように感じている。

この先の出逢いに期待する気持ちも小さくなってしまった。

誰かのためにっていう意志をなんとか持ち続けたいとはまだかろうじて思ってはいるけども、こんな世の中で長生きしてもしかたがないし、いつフッと死んでしまってもいいように、もっと身辺は綺麗にしておかないとなあなんてこともぼんやり考える。

そう、人にも物事にもどんどん期待しなくなってきてるんやねえ。

そうやって執着しないようにすることで、なんとか心の平穏を保とうとしているのかもしれない。

で、こんな自分を良しとはしていないわけで。

やっぱり結局あがいてもがいてじたばたすることになる。

季節はもう春。

あの新年度のそわそわ感を思い出す度に自分の中ではゾッとしてしまうが、今年は何やら特別なざわつき具合。

個人的にはコロナに振り回されることより、クソアベ政権に振り回されてる方がはるかに腹立たしいんやけどね。

こんな見通しの暗い現在の空気も、その中で自分が何を感じているのかも、できるだけ何かしら綴って記録しておきたいとは思う。

このブログぐらいしか自分の存在証明になるようなものも無い気がするから(笑)


♪沖縄電子少女彩/『黒の天使』
 

 


     沖縄電子少女彩『黒の天使』を聴きながら…。


  1. 2020/03/23(月) 02:08:27|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ