FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

2018年自分がよく聴いたアルバムTOP100♪

最近自分にとって音楽の位置づけがどうあるのかちょいちょい考えてしまう瞬間がある。

「NO MUSIC, NO LIFE!」

これを地で行ってるのは間違いなくて、もし音楽が無かったらまともに生きて行けるのかどうか?

今の仕事だって常に音楽があるから、音楽は味方だから、地道に続けられているのだ。

音楽に救われながら生きている。

まあ、こんな風に考えるようになってるのも、自分の今後の人生を考えた時にどうあるべきか?ということに直結している。

また、もしかしたら自分の耳がいつか突然聞こえなくなってしまう可能性だってあるな、と。

自分の原点を考えても、音楽は切り離せない。

音楽があるからこそ、クソみたいな日常にもささやかな幸せを見出すことができるのだ。

新たな音楽との出逢いに対しての好奇心は未だに全く薄れてはいない。

ずっとずっと時代の流れと共にいろんな音楽を見つけて聴き漁ってきた。

その積み重ねを活かして、音楽の恩返しや橋渡しをすることは一つの使命でもある。

今後、音楽との付き合いにどんな変化が起こるかはわからないけども、とにかく今年もたくさんの音楽との出逢いにワクワクしていきたい。

そして、平成という一つの時代が終わり、新たな時代にどんな音楽がクローズアップされるのかもしかと見ておきたい。

というわけで、さっさとやってしまわねば。

2018年自分がよく聴いたアーティストTOP100♪

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1072.html

2017年自分がよく聴いたアルバムTOP100♪

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1056.html



1.安室奈美恵 — Finally 375回

 ♪『Do It For Love』
 
  

 9月にとうとう引退してしまった安室ちゃん。
 そりゃもう聴くしかないわな。
 チケット取れなくてLIVEも行けず、せいぜいFinal Spaceで彼女の軌跡を眺めるぐらいしかできんかったけどね。

 


2.サカナクション — 魚図鑑 326回

 ♪『三日月サンセット』
 
 

 ニューアルバムがいつまで経っても出えへんし、とりあえずこのベスト盤でも聴いとかなしゃーないやんけ状態やったもんなあ(笑)
 今年は4月広島サンプラザホール公演を観に遠征。

 


3.PANDORA — Blueprint 206回

 ♪Billboard LIVE Off Shot Movie ダイジェスト
 
 

 小室哲哉+浅倉大介という最高のシンセサイザー師弟タッグのミニアルバム。
 たった4曲やのに何度も何度もヘビロテ。
 あんなに期待させておいて引退は罪やで〜。

 


4.Def Will — Def Will 184回

 ♪『Hot Girl』
 
 
 
 小室哲哉全面プロデュースで、アルバム発売してさあこれからと思いきや、小室さんの引退表明を受けすぐに解散という同時の悲しみにくれながらヘビロテ。
 特にこの曲が一番好きやってんなあ。

 


5.劇場版ゴキゲン帝国 — インディーズベスト 180回

 ♪『人の金で焼肉食べたい』
 
 
 
 気が付けばこんなに聴いてたとは、よっぽど疲れてたんやろうな(笑)
 ある意味こうゆうふざけた音楽っていろんなことをアホらしく感じさせてくれる特効薬。

 


6.三浦大知 — 球体 179回

 ♪『球体』Teaser
 
 

 上半期に発売ならもっと上位やった名盤やね。
 人気絶頂の今にこうゆうコンセプチュアルでアーティスティックなアルバムを出してくるタイミングも素晴らしい。
 独演映像欲しくてBD付きで購入。

 


7.宇多田ヒカル — 初恋 175回

 ♪ 『初恋』
 
 

 11月にLIVEを初めて観るにあたり予習復習したのが大きい。
 昔よりも内省的に方向に向かっていて、正直言って曲調はそれほど好みではないアルバムなんやけど、故により独創的だとは感じたなあ。

 


8.Awich — 8 163回

 ♪『Remember feat. YOUNG JUJU』
 
 
 
 ヒップホップ界隈はあまり積極的に聴く方ではないんやけど、初めて聴いた時になんちゅうクールなサウンドやと。
 あまり日本の香りがしてこなかったというか、独特のテイストを感じた。

 


9.cero — POLY LIFE MULTI SOUL 144回

 ♪『魚の骨 鳥の羽根』
 
 
 
 気が付けばこんなにも聴いてたってことで、逆に驚いたんやけど、それだけ自然と聴きたくなるグルーヴのアルバムやったと思う。
 ポリリズムとか変拍子とか好きやからなあ(笑)

 


 Perfume — Future Pop 144回

 ♪『Future Pop』
  

 9月に行くはずだった大阪城ホール公演が台風でとんでもうたけど、その前はやっぱり特にLIVEに向けて聴いてたように思う。
 3月に振替公演があるのでドエラい待たされることになるけど。

 


11.uchuu; — 2069 138回
12.ねごと — SOAK 134回
13.TM NETWORK — GIFT FOR FANKS 123回
14.Official髭男dism — エスカパレード 122回
15.showmore — overnight 120回
16.レルエ — UNITE 118回
17.Su凸ko D凹koi — 「一寸先は闇、一寸先は光…どうなるかは自分次第だ。」と言った元カレの後ろに私は計り知れない闇をみた。 116回
 TM NETWORK — GET WILD SONG MAFIA 116回
19.RAMMELLS — Authentic 112回
20.TM NETWORK — Major Turn-Round 111回
21.globe — #globe20th -SPECIAL COVER BEST- [Disc 2] 110回
 globe — Lights 110回
23.globe — outernet 109回
 アサキ — ぼくはバカだよ。 109回
 藤田恵名 — 言えない事は歌の中 109回
26.PEDRO [BiSH AYUNi D Solo Project] — ZOOZOOSEA 107回
 TM NETWORK — GORILLA 107回
28.Ghost-note — Swagism 106回
 中村佳穂 — AINOU 106回
30.TMN — EXPO 105回
31.XAI — THE SKY FALLS [アニメ盤] 104回
 米津玄師 — BOOTLEG 104回
33.TM NETWORK — humansystem 99回
34.WONK — Castor 98回
35.ハニーゴーラン — No. 825 97回
36.Tempalay — from JAPAN 2 96回
37.eill — MAKUAKE 95回
 globe — Lights2 95回
 WONK— Sphere 95回
40.TM NETWORK — CAROL -A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991- 93回
41.XAI — WHITE OUT [アニメ盤] 92回
 最終未来兵器mofu — 賛否両論 92回
43.AAAMYYY — MABOROSI WEEKEND 87回
 Suchmos — THE ASHTRAY 87回
 小室哲哉 — Digitalian is eating breakfast 3 87回
 新しい学校のリーダーズ — マエナラワナイ 87回
47.haruru犬love dog天使 — lost lost dust dream 86回
 PANDORA feat.Beverly — Be The One 86回
 雨情華月 — 幻想和歌集 86回
 徳永由希 — 結婚はやめよう 86回
51.tk-trap — tk-trap 85回
52.TM NETWORK — NETWORK Easy Listening 84回
 安室奈美恵 — break the rules 84回
54.上坂すみれ — POP TEAM EPIC 83回
55.AAA — Buzz Communication 82回
 WONK — Pollux 82回
57.GARNiDELiA — Error 81回
 No.528 — anytime anytime 81回
 ヤなことそっとミュート — BUBBLE 81回
60.脇田もなり — I am ONLY 80回
61.Nao Kawamura — Kvarda 78回
 Perfume — 無限未来 78回
 TM NETWORK — DRESS 78回
 椎名林檎 — 逆輸入 ~航空局~ 78回
65.CICADA — formula 77回
 PAELLAS — Pressure 77回
67.She, in the haze — Mama said 76回
68.Mura Masa — Mura Masa 75回
 TM NETWORK — ALL the "Get Wild" ALBUM 75回
 アンダービースティー — Black Jet / How many kiss? [タイプB] 75回
 バンドじゃないもん! — Re:start 75回
 小室哲哉 — Digitalian is eating breakfast 75回
73.Beverly — 24 74回
 CRCK/LCKS — Double Rift 74回
 中田ヤスタカ — Digital Native 74回
76.みんなのこどもちゃん — 壁のない世界 73回
 水曜日のカンパネラ — ガラパゴス 73回
78.CHAI — PINK 72回
 TM NETWORK — DRESS2 72回
 嘘とカメレオン — ヲトシアナ 72回
81.Aimer — Black Bird / Tiny Dancers / 思い出は奇麗で 71回
 WONK × THE LOVE EXPERIMENT — BINARY 71回
83.globe — maniac 70回
84.Iri — Juice 69回
 ゆくえしれずつれづれ — ポスト過多ストロフィー 69回
86.TM NETWORK — CHILDHOOD'S END 68回
 TM NETWORK — Self Control 68回
 雨のパレード — Reason of Black Color 68回
89.MIGMA SHELTER — Amazing Glow 67回
 Tame Impala — Currents 67回
91.globe — globe EDM Sessions 66回
92.GABALL — REPRESENT_01 65回
 KCO — O-CRAZY LUV 65回
 She, in the haze — Last forever 65回
95.34423 — Masquerade 64回
 The Bloody Beetroots — HIDE 64回
 あいみょん — 青春のエキサイトメント 64回
 ラブリーサマーちゃん — LSC 64回
 藤田恵名 — 強めの心臓 64回
100.GOTH-TRAD — New Epoch 63回
 Sun Glitters — Scattered Into Light 63回
 絶叫する60度 × I love you Orchestra — 剥(ハグ) 63回



2018年は安室ちゃんもそうやけど、個人的には小室哲哉引退表明というのが一番の激震だったわけで。

なんかもう心にポッカリと穴が開いたような感じで、彼の作品群を聴きまくったし、特に直接のサウンドであるTM NETWORKとglobeとTKソロの旧譜のアルバムや最新のユニットPANDORAは聴きまくったよなあ。

『劇場版シティーハンター <新宿プライベートアイズ>』を観てきたけど、せっかく今『Get Wild』で盛り上がってるのに小室さんが引っ込んでもうてていないっていう…。

なんだかなあ?である。

今一体どないしてるんやろうか?


    安室奈美恵『Do It For Love』を聴きながら…。


スポンサーサイト
  1. 2019/02/12(火) 04:12:28|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2018年自分がよく聴いたアーティストTOP100♪

2018年は自分の音楽の聴き方も変わってきた。

主力で使ってたMacBook Proが逝ってしまったことで、CD音源以上のクオリティーで聴くことに諦めが出てきたかもしれない。

それは普段使ってるハイレゾ対応のイヤホンも片方死んでしまって買い換えなかったっていうのもあるだろう。

未だに買い換えていないのは、節約してるからというだけでなく、自分の耳鳴りの状態があまりにも酷いからである。

せっかくオーディオも買ったし、OVOというポータブルスピーカーも買ったんやから、デバイスに応じて活用すりゃええものの、結局手っ取り早く、隣の部屋に気を遣わなくてもすむ音量で楽しむ事を優先してしまっている。

なので去年はあまりハイレゾ音源を買わなかったし、CDレンタルの数も減った。

そのかわり秋からSpotifyを無料コースで使うようになり、AWA(有料)と両方活発に併用するようになった。

しかもSpotifyの方はLast.fmでちゃんとカウントされるから、今回のこのランキングにもたくさん反映されているというのが大きな変化。

これはもうADSLからWiFiに環境を変えたからやけど、もっと早くに変えておくべきやったと今更ながらに思った次第。

やっぱりストリーミングって便利やわ。

そりゃ若い子はどんどんCDなんか買わなくなるわ。

とにかく思い立った時にすぐにいろんなアーティストを掘り出せるのが最高やね。

それでもまあよっぽど好きなアーティストや高音質で持っておきたい音源ならCD買うなり、ハイレゾでDL購入するなりするやろうけども。


2017年自分がよく聴いたアーティストTOP100♪

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1055.html



1.TM NETWORK 1814回

 ♪『Still Love Her』
 
 

 もうすぐ劇場版シティーハンターも公開されるし、『Get Wild』もめっちゃ流れるのに何でこのタイミングで小室哲哉がいないのだっていう悔しさ。
 そんな中での正月早々「リス木根スルー」のありがたさ(笑)

 


2.globe 1111回

 ♪『Can't Stop Fallin' in Love』
 
 

 マーク・パンサーが全国DJ行脚イベントをやり続けてくれてるのは一つの救いだった。
 大阪では握手もしたなあ。
 globeはイイ曲、実験的な曲も多いし知らない世代に是非聴いてほしい。

 


3.安室奈美恵 847回

 ♪『How do you feel now?』
 
 

 安室ちゃん遂に引退してもうたよ。
 実感はない。
 ファイナルドームツアーのチケットも取れず、お別れした感があまり無いんやけどね。
 そういえばまだブルーレイも観てなかったわ。

 


4.小室哲哉 831回

 ♪『RUNNING TO HORIZON』
 
 

 PANDORAでの活動がさあこれからと言う時に突然引退表明してもうて、何とも不本意な最後に。
 個人的には本人が生きていてくれさえいれば、またきっと新曲を聴ける日が必ず来ると信じてる。

 


5.サカナクション 579回

 ♪『years』
 
 

 2018年は結局メトロック大阪と6/26のZepp Osaka Bayside公演しか観てなかったんやな。
 『魚図鑑』っていう3枚組のベスト盤が出たので、それを一通り聴くだけでもけっこうな再生数にはなったはず。

 


6.TRF 383回

 ♪『Silver and Gold dance』
 
 

 去年の1月末に小室哲哉引退表明という大激震が走ったせいで、まあ聴いた聴いた。
 TRFはTETSUYA KOMURO RAVE FACTORYやからねえ。
 accessとの対バンLIVEでフェスティバルホールにも行ったし。

 


7.XAI 366回

 ♪『THE SKY FALLS』
 
 

 映画アニゴジ三部作の主題歌がどれも鳥肌が立つぐらいカッコ良すぎてヘビロテしてたから当然。
 そりゃBOOM BOOM SATELLITESの中野雅之サウンドプロデュースやからカッコ良くならないわけがないよね。

 


8.BOOM BOOM SATELLITES 325回

 ♪『DRAIN』
 
 

 活動を終了してしまっても、やっぱり未だに常に聴いてしまう音楽やね。
 このカッコ良さはほんまに彼らでないと味わえないんよ。
 ああ、もうどんなに願ってもあのLIVEの高揚感は味わえない。

 


9.三浦大知 324回

 ♪『Be Myself』
 
 

 ベスト盤やシングル曲よりも、なんせ2018年の数ある作品の中でも名盤の一つと言えるアルバム『球体』のヘビロテが大きい。
 この曲なんかは『球体』とシングル曲の延長線上で交わってる感。

 


10.Mr.Children 307回

♪『Your Song』
 
 

 10月に『重力と呼吸』というニューアルバムが出て、そのツアーファイナルの大阪城ホール公演を12/23に観たこともあり、予習復習で結果的にたくさん聴いてたみたいやね。
 今年もLIVE行けるかな?

 


11.Perfume 296回
12.椎名林檎 295回
13.Def Will 284回
14.WONK 282回
15.宇多田ヒカル 267回
16.レルエ 251回
17.She, in the haze 229回
18.上坂すみれ 225回
19.AAA 221回
20.PANDORA 212回
 藤田恵名 212回
22.kukatachii 194回
23.米津玄師 193回
24.showmore 189回
25.Nao Kawamura 185回
26.B'z 184回
27.劇場版ゴキゲン帝国 182回
28.MAN WITH A MISSION 174回
 Su凸ko D凹koi 174回
30.cero 171回
 RAMMELLS 171回
32.雨のパレード 169回
33.GABALL 167回
34.City Your City 166回
35.ねごと 165回
36.Awich 163回
37.CICADA 160回
 Lucky Kilimanjaro 160回
39.華原朋美 159回
40.Suchmos 157回
41.MIGMA SHELTER 155回
42.34423 154回
 PAELLAS 154回
44.MOP of HEAD 150回
 レキシ 150回
46.PANDORA feat.Beverly 143回
47.edda 142回
48.Flying Lotus 140回
49.Official髭男dism 139回
50.uchuu; 138回
51.BABYMETAL 137回
52.GARNiDELiA 135回
53.CRCK/LCKS 134回
54.LUCKY TAPES 133回
 uijin 133回
56.The Chemical Brothers 132回
 宇都宮隆 132回
58.iri 131回
 中村佳穂 131回
60.BiSH 130回
61.Schroeder-Headz 129回
62.あいみょん 127回
63.odol 125回
64.Aimer 123回
65.Beverly 121回
 フィロソフィーのダンス 121回
67.ヤなことそっとミュート 120回
68.GLIM SPANKY 119回
69.eill 118回
 Snarky Puppy 118回
71.Pimm's 116回
 Surgeon 116回
 Tempalay 116回
74.JYOCHO 115回
75.PASSPO☆113回
 アサキ 113回
 和楽器バンド 113回
78.[ALEXANDROS] 109回
 CHAI 109回
 ゲスの極み乙女。 109回
 ラブリーサマーちゃん 109回
82.AAAMYYY 108回
83.Computer Magic 107回
 PEDRO [BiSH AYUNi D Solo Project] 107回
85.Daft Punk 106回
 Ghost-Note 106回
87.大比羅瑞希 105回
88.haruru犬love dog天使 103回
 kolme 103回
90.Björk 102回
 FaltyDL 102回
 雨情華月 102回
93.Laurel Halo 101回
94.PassCode 100回
 The Bloody Beetroots 100回
96.yahyel 100回
97.Clap! Clap! 99回
98.HARP ON MOUTH SEXTET 98回
99.the twenties 98回
100.アンダービースティー 97回
 ハニーゴーラン 97回



ここ数年で自分に大きな影響を与えたアーティストがたくさん姿を消した。

Keith Emerson、冨田勲さんやBOOM BOOM SATELLITESの川島さんは亡くなったし、去年はとうとう小室哲哉さんまで引退表明して表舞台から引っ込んでしまった。

そしてサカナクションはいつまで経ってもニューアルバムを出さないし。

また近日中に2018年に自分がよく聴いたアルバム、よく聴いた曲のTOP100を。

自分は公私ともに音楽に溢れている生活を送っているので、これからもまだまだ音楽愛は続いていくやろうけど、それにしても寂しいし、どこかで物足りなさはあるもんだ。

好きなバンドもいつ解散するかわからんよなあって思う。


     TM NETWORK『Still Love Her (失われた風景)』を聴きながら…。



  1. 2019/01/22(火) 03:22:32|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2019年平成最後の元旦の挨拶

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

昨日はRIZINでフロイド・メイウェザーvs那須川天心に興奮したりしつつ、年を越したら去年よく聴いてた音楽の統計チェック。

朝方ちょっと仮眠して、録画してたNHK紅白をチェック。

そして今、過去の元旦の日記を振り返ってみて、自分がいかに元旦に掲げたテーマを成し遂げていないかということにガックリきている(笑)

昨日も書いたように、2018年を漢字一字で表すと「疑」

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1070.html

この度はまた心がざわついてどうにも落ち着かない気分での年越しになっているので、ちょっと分析してみたくなってね。

2018年 『整』「手放す」→『疑』
2017年 『復』「健康第一」→『乱』
2016年 『昇』「平常心」→『減』
2015年 『改』「カオスからコスモスへ」→『忘』
2014年 『即』「倹約」→『衰』
2013年 『進』「根性」→『淡』
2012年 『創』「調整」→『平』
2011年 『地道』「集中」→『崩』
2010年 『改心』「バランス」→『壊』
2009年 『整理』「準備」→『変』
2008年 『整理』→『滞』
2007年 『ステップアップ』→『慌』
2006年 『本領発揮』→『動』
2005年 『原点回帰』『本領発揮』→『寂』
2004年 『明日を信じて本気出せ!!』→『再生』



読み返してみてほんまに恥ずかしくなってきた。

若かった時はまだ自分の未来に希望を見出すこともできたけど、年々自分の肉体も頭もポンコツになってゆくのを実感していくに連れ、明るい要素を見出すことが難しくなってきた。

結局、毎年日々の目の前のことに流され、疲弊し、なんとか保とうとし、それで一日が終わる。

次の休みまではと思って一週間を過ごし、その繰り返しでアッと言う間に一年が終わる。

自分が変化を望みつつもいかに安定志向でストレスから逃れることを優先してしまうかっていうのを痛感する。

思い通りにいかないのが人生というもので、それをどう受け入れながら生きていくかってことなんやろうけど、ある意味、よくここまでこの日常を続けられてるよなあとも思う。

大まかには「あたりまえ」が続いてることの奇跡。

一日一日クリアして行ってたら、気付けばここまで来てもうたかっていう感じなんやけどね。

まあそれもここにきて不安材料が膨れ上がってしもうてるわけで、いつ爆発して消えてしまうやもわからない。

そうなる前にこちらもなんとかしなければならない。

と言うわけで、今年のテーマは、『備』

優先順位を決めて、できることを片っ端からしていかねばと思ってる。

少しでも悔いの残らないように。

先を見据えた時にイメージできないことは、原点回帰する習慣をつけるべきだと感じた。

それにやっぱりこうやって書いてみることで、自分の中のモヤモヤもある程度整理できたりするよね。

以前はこれを毎日のようにやってたのに、いつの間にか億劫になってた気がする。

そういった「書く」作業だったり、読書や筋力アップといったことは毎日コツコツと続けたい。

そして、去年は食事制限をしたこともあって、健康面では調子が良い。

しかしながら、耳鳴りの悪化、視力の低下、記憶力の低下など、仕事面でも支障が出てきているのが非常にマズい。

何より一番マズいのは薄毛の進行である。

メンタル面で全てネガティブな方向に引っ張られていく。

今はまだ抗ってる状態やけども、そのうちいつか何もかもに諦めてしまう時が来るんかねえ?

他にもいくつか気になることもある。

こういった健康面を維持するためにも食事の質を上げたことにより、エンゲル係数もハネ上がってしまった。

それでクソアベ政権に消費税10%なんて上げられた日にゃあたまったもんではない。

いずれにせよ、仕事もこの先どうなるかわからないし、倹約生活は強いられる。

そのしわ寄せは当然エンタメ方面にも響いて来るわけで。

年々LIVEや映画館に足を運ぶ数が減ってきている。

まあ、これは経済面だけでなく、体力面もあるんやけど。

それでも音楽と映画があるから独りでもそれなりに楽しく生きてられるわけであって、これが無くなってしまうともうおそらく自分が人間らしく生きられそうもない(笑)

最低限度文化的な生活は送りたいものだ。

去年のテーマ『整』、そしてサブテーマである「手放す」、これらをもっとも体現すべきことは「断捨離」やったわけやけども、結論から言うとこちらも失敗である。

手放しきれなかった。

だいぶ捨てたんやけどね。

それでもまだまだ。

こちらに関しては、いずれ自分が京都に拠点を移すということを念頭において引き続きやらねばなるまい。

そうゆう意味でも今年は『備』だ。

サブテーマは「原点回帰」

平成も終わるけど、自分はこれからどう生きていきたいのか?

最近ではすっかり、「死」というものがちらついてきてしまって、逆算して考えないといけないと思ったりするも、突然死んでしまう可能性もあるのだから、結局「今」を大事にするしかないんだなっていう結論に至るという繰り返し。

少なくとも、極力迷惑をかけずに死んでいきたいからねえ。

こんなことまだ親が元気なうちから言うてるのもどうかと思うけど(笑)

独りやから、そうゆうことはどうしても考えてしまう。

今更結婚したいという意欲もわいてこないし、もはや恋愛の感覚も忘却の彼方やけど、何かしら日々の生活の中に潤いは求めたい。


いろいろ読んでいてもこの先の日本の未来、本当に「光」を見出しにくい。

それでも人生は自分の心の持ち様、考え方次第でどうにでも変わるだろう。

自分は長い間独りで潜りすぎていた。

また、誰かのためになれることを追求したい。

それが「原点回帰」でもある。

一日一日、抗っていこう。


♪欅坂46/『アンビバレント』
 
 
 

何かCDTV観てたらふと今の自分の心境に近い気がしてしまったのがこの曲。

自分はいつまで経っても成長してないのかもしれない(笑)




さて、そろそろ京都に帰る準備をするか。



     欅坂46『アンビバレント』を聴きながら…。


  1. 2019/01/01(火) 14:15:06|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2018年最後の挨拶

平成最後の大晦日。

今年も一瞬だった。

年末感をろくに味わうこともなかった師走。

今年は例年のように大晦日の朝まで仕事をやって年越しということにならず、29日が仕事納めだったことで本当に助かった。

2018年は日本にとっても次から次へと問題がふりかかってきた年で、今年一年を漢字一字で表すと「災」という、今までで最もマイナスイメージな言葉が選ばれている。

大阪でも地震やら台風やら大変やったけども、台風21号に吹っ飛ばされたうちのベランダと隣のベランダとのしきりは未だに直ってはおらず、ブルーシート(ほんまはグレーやけど)を張ったままである。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1065.html

そんなこんなで、自分の2018年を漢字一文字で表すとするならば、「疑」かな。

疑心暗鬼になることが多かった。

周りに対しても、自分自身に対しても。

自分が好きなことややりたいことよりも、イヤなことややりたくないことの方にどうしても囚われがちになってしまうことの多い一年だった。

現在の職場の状況ももう末期症状と言っても良いぐらいで、日々平常心を保とうと努力はしてるものの、掻き乱されることは必至。

人間関係って何でこうもややこしいんだろうか?

そして、遂に自分も他人事には成り得ないしこりができてしまったので、来年はどうするやもわからない。

そんな中で自分自身に対する、迷いや葛藤や疑いも凄まじく、陰鬱な方向に引っ張られそうになることが多く、癒し要素も少なく、ああ、孤独感ってこうゆう所から増幅していくものなのかもなあ?と漠然と考えるようになった。

そのうち病むんじゃなかろうか?(笑)

明るい要素がまるで見えてこない。

音楽や映画にかろうじて救われてはいるものの、小室さんも表舞台から引っ込んでもうたしなあ。

自分の中でまた何かポジティブな火種となるものが出てくればいいんやけども。

そしてまた髪の毛の毛量がどんどん乏しくなって行くに連れて、ネガティブなものに蝕まれていくのだった。

元が豊富で無かったら今頃ドエライ状態になってたんとちゃうやろうか?

視力の低下もまた「老い」への自覚を加速させられる。

身体の不調は食事制限で持ち直してはきたけども、大好きなスイーツを避けるようになったことで、幸福度も減ってきてるような気がしなくもない。

とりあえず今回幸い9連休なので、その間じっくりとこの先の時代どう生きるかということを考えるきっかけにしたい。

そういったことを含め、明日元旦2019年の豊富を語ろうかと思う。

ネガティブなことばっかり言うてても、ささやかな幸せも見出せんわ。

昨日から今年お気に入りの音楽を聴きまくりながら、今年観た映画やら今年行ったLIVEやらいろいろ振り返ってみてるので、そういった楽しい思い出にも浸りつつ、夜にはRIZINとNHK紅白をザッピングしながら穏やかに年を越すとしよう。

来年もこんなあたりまえのように大晦日ゆっくりできるとは限らんのやから、あたりまえに感謝しつつ。


それでは、この超個人的なブログを誰が見てるかはサッパリわからないけども(笑)、良いお年を。


♪TRF/『Overnight Sensation 〜時代はあなたに委ねてる〜』
 
 

 



     TRF『Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~』を聴きながら…。



  1. 2018/12/31(月) 06:43:50|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2018年上半期自分がよく聴いた曲TOP100♪

結局12月になってしもうたよ。

言うてる間にもう2019年が来てまうからねえ。

せっかくやから音楽事情に関してちょろっと書いておくかな。

先月、サカナクションのチケットを申し込むのにてんやわんやする事態に陥ってしまった。

例によってまた6.1chサラウンドのアリーナ公演をやるってんで、プレミアム席をGETするためにわざわざNF会員年会費まで払ったものの、イープラスのアプリがスマホのiOSをアップデートしないと使えないという問題が発生。

しかもiPhone SEだと自力でのアップデートができず、PCに接続してiTunesでアップデートしないといけないという非常に面倒くさい事態に。

おかげで最初の申し込みの時には間に合わなかった。

次の応募はすぐにやってきたので、こちらも早々に対処する必要に迫られた。

iPhoneのiOSをアップデートするためには、MacBook ProのOSをアップデートしなければならないんやけど、今までわざわざアップデートせずにいたのは、使いたいものが使えなくなったり、使用上の都合が悪いからだった。

もう1台のMacBook Proも壊れたまま修理に出してないし、しゃーないのでここで前から検討してたMacBook Airをこの際購入しようかと。

それに最近ADSLからSoftbank Airに乗り換えたばかりっていうのもある。

結局10万数千円出して急遽購入。

新機種ではなく、前のモデルにしたのはUSBポートのこともある。

そんなこんなでなんとか広島公演のスマチケをGETすることができた。

この後、Kraftwerkのチケットも取ったので、突然予想以上の出費におそわれてピーピーである。

先々月末の椎名林檎の静岡エコパアリーナ公演とGobrinの来日大阪シャングリラ公演、先月末の宇多田ヒカル大阪城ホール公演に引き続き、今月末にはMr.Children大阪城ホール公演が待っており、これが今年最後のLIVEとなる予定。

来年は今年9月に台風でとんだPerfumeの大阪城ホール振替公演が来年3月に、そして4月には先程言ったサカナクション広島サンプラザホール公演とKraftwerkフェスティバルホール公演が決定している。

これがおそらく平成最後のLIVEになるんじゃないだろうか?

一方音楽の聴き方も配信でAWAとSpotify(まだ無料)の二刀流になったことから、以前よりも購入やレンタルの機会が減ったことは否めない。

WiFi環境になったことでもますます拍車。

このランキングも下半期でガラッと変わってきてるかもしれない。

AWAの曲はカウントされないけど、Spotifyの方はちゃんとカウントされてるからねえ。

とりあえず、この上半期のランキングにはまだ影響の無い話ではある。


2018年上半期自分がよく聴いたアーティストTOP100♪

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1064.html


2018年上半期自分がよく聴いたアルバムTOP100♪

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1068.html





1.PANDORA feat.Beverly — Be The One 107回
 
 

 もうダントツの再生回数!
 『仮面ライダービルド』の主題歌。
 この曲のサビがもう美しすぎて何かもう涙が出てきそうになるぐらいグッとくる。
 引退が早まらなければMステでも観れたやろうに。

 


2.PANDORA — Areodynamics 58回

 小室哲哉×浅倉大介による17分5秒のインスト楽曲。
 これぞシンセサイザーミュージックの真骨頂。
 近未来SF感があり、映画『ブレードランナー』のVangelisのような趣がある。
 1曲でこれだけ長いにも関わらずこのヘビロテ具合からいかに好きか。

 


3.XAI — THE SKY FALLS 53回
 
 

 『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の主題歌で、前作もそうやったけど映画のエンドロールで流れてきてあまりにもカッコ良すぎて鳥肌が立った!
 さすがBOOM BOOM SATELLITESの中野雅之が作っただけのことはある。

 


4.サカナクション — 陽炎 -movie version- 41回
 
 

 サカナクションは新曲を出すペースがごっつ遅いもんやから、ある意味飢えてたのかもしれない(笑)
 映画『曇天に笑う』はイマイチやったけど、GOCOOとTAWOOからのこの曲は最高やったね。

 


5.米津玄師 — Lemon 40回
 
 

 ドラマ『アンナチュラル』の主題歌で、今年の上半期一番売れた曲やね。
 今でも勢いが止まらない。
 しかし彼がこんなに売れる日がくるとは。
 元々もっとサブカルストリートを歩いてる印象が強かったからなあ。

 


6.徳永由希 — 結婚はやめよう 39回
 
 

 去年のミナホで観てる。
 幟を持って歩いて宣伝してた姿もとても印象に残ってる。
 新星堂でCD見つけて買ったんやけどね。
 何か関西の一人の女性の生々しいリアルみたいなのが伝わってきてヘビロテした。


7.PANDORA — Shining Star 38回

 PANDORAの1stミニアルバムはたった4曲しか入ってないんやけど、今年上半期では3位という再生回数。
 それだけ繰り返し愛聴していたアルバム。
 小室哲哉×浅倉大介というシンセサイザー大好きユニットが作った音楽やから間違いない。

 


8.LaLuce — 風よ吹け! 37回
 
 

 『ラストアイドル』セカンドシーズンで小室哲哉がプロデュース。
 今でも表題曲をとれてたらなあって思う。
 しかも突然LaLuceに改名してるしわけわからん(笑)
 テルミン使ってたのが一番印象に残ってる。

 


 TETSUYA KOMURO feat. Beverly — Guardian 37回
 
 

 上半期のこの時点では小室哲哉のラスト楽曲ということもあり感傷的になった。
 スマホゲーム『ガーディアンズ』の主題歌で、フルオーケストラによる壮大なバラード。
 歌唱力のあるBeverlyを起用。

 


10.TM NETWORK — Get Wild 35回
 
 

 自分の人生で最も多く聴いてる曲。
 無人島にたった一曲だけ持って行けるとしたらこの曲を持って行く(笑)
 それぐらい何度聴いても飽き無いのがこの曲。
 ヴァージョンがたくさんある中でもやっぱりオリジナルが一番好きやね。

 


 Def Will — あなたという明日 35回
 
 

 小室哲哉トータルプロデュース最後のガールズグループ。
 やっと1stアルバムを出したばかりなのに、引退表明を受け解散してしまったのが実に勿体ない。
 この曲はまったり聴けて心地よかった。

 


12.GARNiDELiA — Error 34回
 TM NETWORK — Get Wild '89 34回
 宇都宮隆 — GET WILD PANDEMIC 34回
15.PANDORA — proud of you(UK mix) 32回
16.XAI — WHITE OUT 31回
17.PANDORA — Be The One(UK mix) 30回
 スリジエ — スタートライン 30回
19.Perfume — 無限未来 29回
20.ねごと — DANCER IN THE HANABIRA 28回
 安室奈美恵 — How do you feel now? 28回
 PANDORA feat.KAMEN RIDER GIRLS — proud of you 28回
 Official髭男dism — ノーダウト 28回
 宇多田ヒカル with 小袋成彬 — 丸ノ内サディスティック 28回
25.MAN WITH A MISSION — Take me under 27回
26.女王蜂 — HALF 26回
 上坂すみれ — POP TEAM EPIC 26回
28.uchuu; — BOY 25回
29.アンダービースティー — Black Jet 24回
 Perfume — FUSION 24回
 TM NETWORK — Ignition, Sequence, Start -Album Version- 24回
 ゆくえしれずつれづれ — 契りひらり 24回
 ねごと — 水中都市 24回
34.安室奈美恵 — Body Feels EXIT 22回
 [ALEXANDROS] — KABUTO 22回
 米津玄師 — 灰色と青 (+ 菅田将暉) 22回
 椎名林檎とトータス松本 — 目抜き通り 22回
38.Def Will — Baby Baby Baby 21回
 アンダービースティー — Deformoon 21回
 アンダービースティー — How many kiss? 21回
41.Su凸ko D凹koi — MOMANAIDE 20回
42.TM NETWORK — Get Wild 2015 -HUGE DATA- 19回
 吸血鬼マリリンピーチ — Ghost Drive 19回
 DJTK — I WANT YOU BACK (mF247 remix) 19回
 TK-Trap — Let's Go 19回
 吸血鬼マリリンピーチ — Sacrifice 19回
 梅田彩佳 — MY HITORY 19回
48.AAA — Charge & Go! 18回
 TM NETWORK — ELECTRIC PROPHET (電気じかけの予言者) 18回
 uijin — game over 18回
 She, in the haze — Last forever 18回
 TM NETWORK — Nervous 18回
 安室奈美恵 — NEVER END 18回
 tofubeats — Throw your laptop on the fire feat. 小室哲哉 18回
 徳永由希 — だらしない男女 18回
 Su凸ko D凹koi — ブス 18回
 ゲスの極み乙女。 — 戦ってしまうよ
 AAA — 逢いたい理由 18回
59.TM NETWORK — Get Wild 2014 17回
 TM NETWORK — GIVE YOUR BEAT 17回
 スリジエ — You are No. 1 17回
 ビッケブランカ — ウララ 17回
 ラストクエスチョン — マジックアワー 17回
 劇場版ゴキゲン帝国 — 人の金で焼肉食べたい 17回
 サカナクション — 新宝島 17回
 徳永由希 — 若者たちの日常 17回
67.TM NETWORK — Children of the New Century 16回
 globe — FACE 16回
 MIGMA SHELTER — GIPS 16回
 TM NETWORK — MESSGE -ALBUM VERSION- 16回
 globe — とにかく無性に… 16回
 uijin — セツナメモリアル 16回
 究極人形 アルテマドール — 絶叫戦争 16回
 藤田恵名 — 言えない事は歌の中 16回
75.MIGMA SHELTER — Amazing Glow 15回
 TRF — EZ DO DANCE 15回
 globe — FREEDOM 15回
 アサキ — Gender 15回
 XAI — Let me free 15回
 上坂すみれ — 増殖罵倒少女の愚恋 15回
 GABALL — 幸せの表現 ~featuring Joanne 15回
 やくしまるえつこ — 惑星タントラ 15回
 藤田恵名 — 永遠の音 15回
84.She, in the haze — Give me more 14回
 MIGMA SHELTER — Compression: Free 14回
 安室奈美恵 — Concentration 20 (make you alright) 14回
 She, in the haze — Broken 14回
 安室奈美恵 — How to be a Girl 14回
 Def Will — Lovely Day 14回
 She, in the haze — Paranoid 14回
 TM NETWORK — Self Control (方舟に曳かれて) 14回
 GABALL — SPEED TK RE-MIX 2001 GABALL-MIX 14回
 uchuu; — Tokyo Esora 14回
 TRF — wanna Be A Dreammaker 14回
 上坂すみれ — リバーサイド・ラヴァー 14回
 究極人形 アルテマドール — 僕らの究極 14回
 Def Will — 寒い夜だから… 14回
 SANKAKU — 素敵な足跡 14回
99.デーモン閣下 — A STORY OF THE AGE 13回
 安室奈美恵 — CAN YOU CELEBRATE? 13回
 TM NETWORK — CUBE 13回
 壱岐尾彩花 — GLOWING 13回
 TM NETWORK — Just Like Paradise 13回
 globe — Many Classic Moments 13回
 KCO — MOBILE EMOTION 13回
 globe — Out Of C Control 13回
 TM NETWORK — PALE SHELTER 13回
 TM NETWORK — Resistance 13回
 No.528 — sunny sunny
 MIGMA SHELTER — Svaha Eraser 13回
 TM NETWORK — WE ARE STARTING OVER 13回
 TM NETWORK — WORLDPROOF 13回
 バブル青田 — ジーザス 13回
 MONDO GROSSO — 偽りのシンパシー (Album Mix) 13回
 X21 — 約束の丘 13回
 [ALEXANDROS]×最果タヒ — ハナウタ 13回



やはり小室ショックの影響で実に53曲もの小室楽曲がランクインという半数を占める事態に。

これが下半期になるとだいぶ立ち直ってきたこともあり、来月の今年一年のランキング発表ではいろいろ変わってきてるんじゃないかと思う。

もっともすぐにブログに書くかどうかは怪しいけども(苦笑)



     TETSUYA KOMURO feat. Beverly『Guardian』を聴きながら…。


  1. 2018/12/04(火) 17:40:28|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2018年上半期自分がよく聴いたアルバムTOP100♪

ぼんやりしてると今年ももう後およそ40日程で終わってしまうがな。

この統計も元々は好きで始めたことやのに、いつの間にか義務感にかられるようになって億劫になってしもうたんやろうなあ。

それでもこれだけ長年たくさんの音楽を聴き続けてると、たまに見返してみるとやっぱり面白いのでやめようとは思わない。

自分の中でどのように旬が変化していくのかは常に興味がある。


2018年上半期自分がよく聴いたアーティストTOP100♪

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1064.html



1.サカナクション — 魚図鑑 288回

 ♪『スローモーション』
 
  

 ほんまはベスト盤よりも早くニューアルバムを出してほしいというのが本音(笑)
 ZEPPでのLIVEのMCの感じやとまだまだ「出す出す詐欺」が続きそうな気配やったけどなあ〜。

 


2.安室奈美恵 — Finally 251回

 ♪『How do you feel now?』
 
  

 ファイナルツアーのチケットが取れなかったのがほんまに残念。
 そこにきて小室哲哉の引退表明に追い討ちをかけられて、特にTK楽曲は何度も聴いてたように思う。

 


3.PANDORA — Blueprint 178回

 ♪Release Info Movie vol.1
 
 

 小室哲哉×浅倉大介の師弟ユニットによる1stミニアルバム。
 たった4曲なのにこの再生回数!
 ほんまにシンセの音が気持ちよくて何回も聴いた。
 ビルボードライブは行けず…。

 


4.ねごと — SOAK 118回

 ♪『DANCER IN THE HANABIRA』
 
  

 この曲を初めBOOM BOOM SATELLITESの中野雅之とROVOの益子樹がサウンドプロデューサーとして参加してるということもあってよく聴いてたね。
 LIVE未見やから、どこぞで観たい。

 


5.uchuu; — 2069 109回

 ♪『BOY』
 
 

 uchuu,からuchuu;になったことで、今までとはまた別でカウントされてまうから、改名されると集計上困る(笑) 
 6月にネコフェスでLIVEを観てる。
 この曲はサウンド的にBOOM BOOM SATELLITESっぽくて好きやね。

 


6.TM NETWORK — Major Turn-Round 103回

 ♪『MAJOR TURN-ROUND』
 
  

 TMのプログレシッヴ・ロック・アルバム。
 この曲なんかは1曲で32分22秒ある。
 ドラムはSimon Phillips。
 小室哲哉も往年の名機を弾きまくりで大好きなアルバムやね。

 


7.TMN — EXPO 101回

 ♪『Love Train』
 
 

 小室哲哉引退表明があってもなくてもTMは普段からいつも聴いてるんやけど(笑)、さすがにTOP10まで入るぐらい旧譜も聴きまくるとは。
 癒えきれない傷をなんとか和らげようとしてるのか。

 


 Su凸ko D凹koi — 「一寸先は闇、一寸先は光…どうなるかは自分次第だ。」と言った元カレの後ろに私は計り知れない闇をみた。 101回

 ♪トレーラー
 
 
 
 なんせタイトルが長過ぎるわ!(笑)

 


9.TM NETWORK — GET WILD SONG MAFIA 99回

 ♪CM
 
 

 去年の上半期で2位、そして2017年1位のアルバム。
 全曲『Get Wild』4枚組、どこを切っても『Get Wild』。
 ギネスにも掲載された話題のアルバム。
 自分の中で最も飽きない曲でもある。

 


10.米津玄師 — BOOTLEG 98回

 ♪『灰色と青( +菅田将暉 )』
 
 

 去年から今年にかけて最も大ブレイク中で勢いがたまらないアーティスト。
 それまでにも今までのアルバムは全部聴いてたけど、ここにきてめっちゃ時代とハマったよね。

 


11.ハニーゴーラン — No. 825 97回
12.TM NETWORK — CAROL -A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991- 82回
13.TM NETWORK — NETWORK Easy Listening 80回
14.RAMMELLS — Authentic 75回
 TM NETWORK — DRESS 75回
16.中田ヤスタカ — Digital Native 74回
 TM NETWORK — GORILLA 74回
 徳永由希 — 結婚はやめよう 74回
19.WONK — Sphere 73回
20.globe — #globe20th -SPECIAL COVER BEST- [Disc 2] 72回
 上坂すみれ — POP TEAM EPIC 72回
 劇場版ゴキゲン帝国 — インディーズベスト 72回
23.アサキ — ぼくはバカだよ。 71回
24.tk-trap — tk-trap 70回
25.小室哲哉 — Digitalian is eating breakfast 3 69回
26.TM NETWORK — CHILDHOOD'S END 68回
27.TM NETWORK — ALL the "Get Wild" ALBUM 67回
28.WONK × THE LOVE EXPERIMENT — BINARY 66回
 アンダービースティー — Black Jet / How many kiss? [タイプB] 66回
 TM NETWORK — DRESS2 66回
 最終未来兵器mofu — 賛否両論 66回
32.GARNiDELiA — Error 65回
33.PANDORA feat.Beverly — Be The One 61回
 AAA — Buzz Communication 61回
 WONK — Pollux 61回
36.globe — GDM 59回
 globe — globe EDM Sessions 59回
 cero — POLY LIFE MULTI SOUL 59回
 上坂すみれ — 彼女の幻想 EP 59回
 Perfume — 無限未来 59回
41.No.528 — anytime anytime 57回
 WONK — Castor 57回
 小室哲哉 — Digitalian is eating breakfast 57回
 小室哲哉 — Tetsuya Komuro JOBS#1 57回
 Official髭男dism — エスカパレード 57回
 新しい学校のリーダーズ — マエマワラナイ 57回
47.globe — outernet 56回
48.TMN — GROOVE GEAR 1984-1994 SOUND SELECTION 55回
 ゆくえしれずつれづれ — ポスト過多ストロフィー 55回
50.globe — Lights 54回
 She, in the haze — Mama said 54回
 Avicii — Stories 54回
53.GABALL — REPRESENT_01 53回
 TM NETWORK — Self Control 53回
 Yotoko — Wet Ink 53回
56.Jamiroquai — Automaton 52回
 KCO — O-CRAZY LUV 52回
58.安室奈美恵 — Concentration 20 51回
 B'z — DINOSAUR 51回
 雨のパレード — reason of Black Color 51回
61.Rudimental — Home 50回
 TM NETWORK — humansystem 50回
63.TM NETWORK — QUIT30 49回
 Def Will — Def Will 49回
65.椎名林檎 — 逆輸入~航空局~ 48回
66.バンドじゃないもん! — Re:start 47回
67.PANDORA feat.Beverly — Be The One - Single 46回
 She, in the haze — Last forever 46回
 米津玄師 — Lemon 46回
 globe — maniac 46回
 XAI — THE SKY FALLS [アニメ盤] 46回
72.おおくぼけい — 20世紀のように 45回
 TRF — TK RAVE FACTORY THIS IS THE TRUTH 45回
 FIVE NEW OLD — Too Much Is Never Enough 45回
 ゲスの極み乙女。 — 戦ってしまうよ 45回
 →SCHOOL← — 革命エレクトロ 45回
77.TM NETWORK — Gift for Fanks 44回
 XAI — WHITE OUT [アニメ盤] 44回
79.安室奈美恵 — break the rules 43回
 globe — FACES PLACES 43回
 ラブリーサマーちゃん — LSC 43回
 ぱいぱいでか美 — レッツドリーム小学校 43回
83.MIGMA SHELTER — Amazing Glow 42回
 sora tob sakana — sora tob sakana 42回
85.MOP of HEAD — Breaking Out Basis 41回
 ヤナことそっとミュート — BUBBLE 41回
 LUCKY TAPES — Cigarette & Alcohol 41回
 Aimer — daydream 41回
 HARP ON MOUTH SEXTET — EGM 41回
 Charlie Puth — Nine Track Mind 41回
 CHAI — PINK 41回
 MAN WITH A MISSION — Take Me Under / Winding Road 41回
93.MONDO GROSSO — Attune / Detune 40回
 小室哲哉 — PIANO WIND TK AMBIENT SELECTION 40回
95.ぜんぶ君のせいだ。 — やみかわIMRAD 39回
 GABALL — 幸せの表現 39回
 amazarashi — 地方都市のメメント・モリ 39回
98.鈴木亜美 — Ami Selection 38回
 KiSS DESTiNATION — 『GRAVITY』 38回
100.marble≠marble — J≠POP 38回
 She, in the haze — Paranoid 38回
 ビッケブランカ — ウララ 38回
 絶叫する60度 × I love you Orchestra — 剥(ハグ) 38回
 LaLuce — 君のAchoo! [Type B] 38回


今年上半期は小室哲哉引退表明があったことで、TMやglobeや安室ちゃんやTRFやソロ名義やら、旧譜の聴きなおしもめっちゃ多かった。

これが下半期でどう変わったか、アッと言う間にまた集計せないかんようになるがな。

ちなみに下半期はSpotifyを始めて、こちらはAWAとは違ってちゃんとLast.fmにも集計されるように設定したので、その影響がすごく出てくるかと思う。

なんだかんだ言うてもストリーミングはめっちゃ便利やもんなあ。



     サカナクション『スローモーション』を聴きながら…。



  1. 2018/11/21(水) 08:24:21|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

また一つ歳を重ねてしまい

毎年誕生日10月23日には何かしらその時の心境を書き綴って残すようにしてたけど、今年は面倒になって遅れてしまった。

椎名林檎のLIVEで静岡遠征から帰ってきた直後で疲労感があったのもあるんやけどね。

今日なんかだとほんまやったらここんところ毎年行ってた京都のボロフェスタを観に行ってたハズなんやけど、最近仕事明け寝ずにフェスに参加するという行為がかなり苦痛になってきた。

なので、よっぽどお目当てのアーティストがいないことには、無理をしないようにしたいと思ってきていて、今年は不参加。

まあ、その分一昨日仕事前にGOBLINの来日公演に行ってきて満喫してきたんやけどね。

なんせ睡眠が確保できない度に肉体へのダメージが激しい。

そして回復力がガクンと鈍っていく。

まさしくこれが「老い」なんだと。

でもそれを自覚することは一番良くないというのはわかっている。

幸いまだ相変わらずバケモノ並に若くは見られて、一回り以上若く見られるけども、それも髪の毛があるうちである(笑)

薄毛危機はすぐ目の前まで迫ってきている。

ごまかしのきかないレベルに突入する前に、なんとか食い止めたい。

白髪も増えてきたしね。

髪の毛にまで十分に栄養が行き届いていない証拠である。

そうゆうことも含め、食事制限を行うようになったのは、脂肪がどうのこうのと言うよりも、血液や血管を意識してのこと。

以前は髪の毛のためにもたくさん食べて栄養素もたくさん摂取できればいいかっていう考えで食べてたら太ってもうたので、食事の質の方を見直してストイックな方向に持っていった。

先日、健康診断を受けてきたばかりやけど、結果はまだわからない。

去年の「軽度の心筋障害」というのがずっと気になっていた。

最近、左胸に違和感があって、それも何か関係があるのか、気になっている。

誕生日プレゼントで貰った血圧計の結果では毎日すこぶる良好ではある。

食事制限してるので当然体重は減った。

去年より3〜4kgほど。

逆に言うとそれぐらいしか減らなかったとも言える。

元々細身に見られるから、脂肪も燃焼したところでこれからは筋力アップにも努めようと思っている。

今まで特に何も考えなくても良かった身体のことで、年々こんなにも悩ましくなっていくのかと、現状維持するだけでも大変になってきて、ああ、年をとってきてるんやなあと思わずにはいられなくなる。

動ける時にやりたいことを極力やっておかないと、だんだん挑戦する気力体力も無くなってくるというのを思い知らされる。

自分の場合は昼夜逆転の生活がず〜っと続いてることで、ツケがまわってきてるっていうのもあるやろうね。

成長ホルモンが出る時間帯にいっつもバリバリ仕事してるわけやから。

そりゃ髪の毛も育たなくなるわ(笑)


肉体面がパッとしないとメンタルにも影響を及ぼすので厄介だ。

今の日々には潤いが少ない。

「ときめき」というものを失っていることも大きいのかもしれない。

何かに没頭するという熱量も不足している。

かろうじて音楽や映画が救いにはなっているけども、何か物足りなさを感じながら毎日を生きている。

かと言って淋しいという感覚にまでは至らない。

ただ、こんな風に加速度的に年をとっていくなら「死」までも遠くなさそうだという危機感もあり、それは最近の肉体の不調も拍車をかけている。

だから、何事にも優先順位を意識していかねばならないと急かされている気分ではある。

無駄な物はどんどん手放して、欲するものにパワーを注ぐ必要があるな、と。

もうここまで来たら自分にできることも限られてくるし、そんなたいそうなことをしでかすパワーもない。

せめて、次の世代のためになることをして、何か繋げられたらという思いやね。

自分は老後に逃げ切れる世代でもないし、死ぬまで継続する何かを持っていたいというのはある。

とりあえず今でも若く見られる一番の要因は「好奇心」だと思っている。

それと実年齢を自覚していないというのも大きいんやろうけどね(笑)

それでも否応無しに肉体は衰えていくので、心と身体のバランスを常に意識しつつ、極力ストレスを抱え込まないことだ。

リフレッシュするには旅がイイと最近思う。

後は、人との関わり方をどうしていくか?

なんだかんだ言うてる間に、自分の誕生日を終えるともうすぐにハロウィーン、クリスマス、年末、そして正月と、2018年も終わりを迎える。

で、平成も終焉に向かってまっしぐら。

新しい時代が始まる。

始まるのか?

よく考えたら平成最後の誕生日やってんなあ。

いつどうなってしまうかもわからないまま、よくここまで来たよなあ。

無事に生きていて、最低限度の文化的な生活を送れてることに感謝である。

せいぜい今この時を楽しむようにしたい。


年を重ねる度にこの曲の歌詞を噛み締めてしまう。

♪Mr.Children/『‪花 -Mémento-Mori-』
 
 

 


     Mr.Children『‪花 -Mémento-Mori-』‬を聴きながら…。



  1. 2018/10/28(日) 18:14:40|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

安室ちゃんの引退

ああ、一つの時代が終わった…。

2018年9月16日、平成の大スター、安室奈美恵が引退した。

未だに実感はわいてこないけども、彼女の姿を徐々に観なくなっていくうちにつれ、実感していくのかもしれない。

彼女を初めて知ったのは、ドラマ『いちご白書』だったか、『愛してマスカット』でお馴染みのCMだったか忘れてしまったけどもその辺りから。

やがて『TRY ME 〜私を信じて〜』でユーロビート方面の人という認識になり、『THE夜もヒッパレ』でお茶の間への認知度も上昇。

そうすると『TK DANCE CAMP』という今でいうa-nationの前身となる大型野外フェスの大阪会場初日に安室奈美恵 with SUPER MONKEY'Sを生で目撃。

しかし、この時は彼女が小室ファミリーの一員になることはまだ知らなかった。

この後の東京公演にて、彼女は突然小室哲哉プロデュース曲『Body Feels EXIT』を初披露。

まだ仮歌のようなものだったけども、この時高らかにTKプロデュースののろしを上げたのだった。

ここからはもう快進撃。

元々歌もダンスにも力があった彼女は、小室哲哉という最強のタッグパートナーを得たことによって、その後、あれよあれよと言う間に国民的なカリスマへと進化を遂げていった。

TM NETWORKからその後の小室哲哉プロデュースも全て追っていた自分としては、当然この時の安室奈美恵もきっちり抑えていた。

やがて、彼女がTKプロデュースから離れていくことになり、同時に自分の中で彼女の楽曲への興味も徐々に薄れて行ったんやけど、それでもその後の楽曲は一応全てチェックしていた。

本格的にR&B及びHIPHOP路線に舵を切っていく過程では、彼女にとっても一番の踏ん張り時だったと思う。

TVには出なくなり、完全にLIVE中心の音楽活動に徹したことで、彼女のステイタスはまた確実に上がったのだった。

カッコイイ女性の象徴的存在。

こんなアラフォーが他にいるだろうか?

彼女のLIVEを生で観ると、まるでアスリート。

あのヒールの高いブーツで口パク無しに歌いながら踊る姿はもうバケモンだった。

あそこまでのストイックなヴォーカリストの姿はB'zの稲葉浩志と双璧だろう。

果して、彼女はいつまでこれだけハードなパフォーマンスをし続けるのか?

そんな興味は常にあったわけやけど、それが一年前の引退発表で、ああ、そうきたか、と。

聞けば、引退に関してはもっともっとはるか前から彼女には過っていたことで、逆によくここまで引き延ばしてくれたっていうぐらいの話だったようだ。

ファイナルとなるドームツアーは当然壮絶なチケット争奪戦となり、自分はと言うと呆気なく散ってしまったのだった…。

つくづくチケ運が無い。

そのファイナルのBlu-rayはまだ観ていないけども、やっぱり生でお別れしたかったっていうのはある。

せいぜい先日観に行った『namie amuro Final Space OSAKA』と、引退当日のabemaTVでの特集番組でファイナル感を味わおうかっていう程度になってしまったけど。

平成最後の年に、アムロス及びコムロスに陥る人達も多いだろう。

安室ちゃんが表舞台に立つことはもう無いのかもしれないけど、いずれにせよ彼女にもまだ新しい道が待ってるわけで。

そこでどのような選択をするのかも気になるところではあるし、裏方にまわって音楽と接するようなことだってあるやもしれない。

人生何が起こるかわからない。

彼女の曲や生き様に勇気をもらったり、救われた人達は数知れず。

自分はこれからも彼女の曲を聴き続けるのは間違いないし、また彼女の曲を伝える一員でありたいと思ってる。

安室ちゃん、ありがとう。

そして、お疲れさまでした。


安室奈美恵引退の日、樹木希林さんの訃報が…。

不死身だと思ってたのに。

ああ、一つどころか二つの時代が終わったのか…。


♪安室奈美恵/『NEVER END』
 
 

 


     安室奈美恵『NEVER END』を聴きながら…。


  1. 2018/09/17(月) 05:30:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

(続)平成最後の夏

平成最後の夏

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1062.html

ついこの前大阪北部地震でダメージを受けたと思ってたら、今度は台風21号でとんでもないことになった。

今まで生きてきてこんな惨事になる程の最強台風は初めてだ。

この日は早くから安全を考慮していろんな交通手段も止まっていたけども、大正解。

午後から徐々に雨風が強くなり、特に爆風の凄まじさときたら、建物が揺れる程。

こんな中で自転車に乗ってる人も漕いでも漕いでも前に進まないので遂に諦めて手押しで歩き始めた。

そのうち強風吹きすさぶ音のみならず、だんだん外の方からいろんな物が落下してる音や、壊れる音が聞こえてきて、こりゃとんでもない事態が起こっていることを実感し始める。

窓の外を覗いてみると、道路の上をあらゆるゴミが物凄い勢いで滑走していく。

こんな中を走る車も危ないったらありゃしなかっただろう。

やがてうちのベランダでも物凄い音がしたので、見るとマンションの隣の部屋との仕切りのうち下の方がブッ飛んで筒抜けてしまっていた…。

うわっ、最悪やと思ったがどうしようもない。

やがて救急車のサイレンの音がひっきりなしに聞こえてくるようになった。

この台風の中を出動する方もめっちゃ大変やったろうに。

一体今この大阪でどんなことが起こっているのか?

ネットから飛び込んで来る写真や動画を見て、これはそこらじゅうで大破してることがすぐにわかった。

ベランダの仕切りが壊れたりなんてのもうちに限ったことではないし、もっとひどい所になるとベランダそのものがブッ飛んでたり、屋根がブッ飛んで他にまで被害が派生してたり、細かい被害を入れるととんでもない数にのぼるだろう。

こうゆう時の速報性ではメディアはネットに勝てない。

この夜は仕事で出勤したけど、電車もまだほとんど軒並み止まってる状況。

これが地下鉄まで止まってしまってたらわややったね。

帰りは始発も点検で通常通り動く様子がなく、しかたなく歩いて帰ってきたけども、いやはやこれがまた凄まじかった。

とにかく信号機がことごとくやられて、とんでもない方向を向いてるものがいっぱい。

中には停電で動かず、警察が交通整理をしてる所もあったけど、アレを一つ一つ直していくだけでも相当な労力と時間だろう。

また自動販売機が倒れてるのもいくつも見たし、あちらこちらに折れた木の枝も散乱してるし、割れたガラスが飛び散ってたり、どこだかのトタンが落ちてたり、看板や屋根や扉や窓が破損してたり…。

とりあえず、うちのベランダもこりゃ具合が悪いってことで、朝からホームセンターに出向いていろいろと修繕材料を買い出しに。

その行き帰りの最中では、どこもかしこも街の掃除。

瓦礫もたくさん集められてたし、立入り禁止のテープが張られてる場所もたくさん見かけて、公園では大木が根っこからひっくり返って、街灯を巻き添えにしながらブッ倒れてた。

街灯も元からグニャッと曲がって倒れてた。

そこらじゅうの住宅でも、上から室外機がブラ下がって危険な状態の所や、破損した箇所が落下してきそうな場所もたくさんあった。

うちのベランダの仕切りの破損の件は、その日のうちに管理会社に電話したけども、やはりどこもかしこもやられてるらしく、業者もてんやわんやでしばらく修繕も無理っぽいリアクションだった。

5日経っても未だに連絡はない。

ホームセンターから戻って早速2畳分ぐらいのブルーシート(UV加工のグレーやけど)をアルミテープと布テープと大きな洗濯バサミで張り巡らせて応急処置。

とにかく隣との穴を塞いだわけだが、実は積もり積もって大きな問題があった。

隣に住んでる男がだいぶややこしい厄介な奴なのだ。

何年か前まではずっと空いてたので快適な時期が続いてたんやけど、数年前にこいつが引っ越してきてから、だいぶ鬱陶しくなった。

と言うのも、「もうっ!何なんだよー!!」「ふっざけんなよ!!」とか、よく関西弁じゃない感じで癇癪を起こして吼えたり、喚いたり、壁をドンッ!と叩いたり、かと思えばゴキゲンそうに「フゥ〜〜ッ!」て奇声をあげたりと、どうも情緒不安定っぽい。

この男がいくつぐらいなのか未だに顔も見たこともないし、誰かに怒鳴り散らしてるように聞こえるわりには他の住人の気配を感じない。

まあ、こちらもテレビやオーディオの音が多少大きいこともあるのかもしれないし、それが原因でキレてる様子ではないけども、いざ何かこちらに文句を言ってきたとしてもお互い様になるかな、ぐらいの気持ちで今のところ寛容ではいる。

ただコツコツとストレスはたまってるけども。

そんな毎日があっての上での、今回のベランダの件。

こちらは一切関わりたくないので、とにかくとっとと何も言わずこちら側からブルーシートを張っておいたわけだ。

壊れた仕切りの瓦礫もほとんど風でこっち側に飛ばされてきてたからね。

しかし、何か不服だったのか、この前ベランダで喚き散らしてた。

そもそも癇癪を起こすような自分の中の不満を抑えられない奴ってのは、心も頭も弱い。

それで物事を上手くいかせようったって上手くいくわけもないし、誰がそんな面倒くさい人間と関わりたいと思うだろうか?

この男が思春期の反抗期で、どうにもこうにもやり場のないエネルギーを発散させる術なのだとしたらまだしも、もしこれがイイ歳した大人だったら相当始末が悪い。

幸いなのが自分が夜仕事をしてることもあって、この男との生活サイクルが真逆なのでまだ助かってるというのは確実にある。

こうゆう事情もあって、今回の件でこの男と何かしら対面しないといけないようなシチュエーションを完全に回避せねばならない。

そこんところをまた改めて管理会社に念を押しておくつもりやが、これ、ヘタすりゃ住民トラブルで隣人戦争が勃発してまうで。

一応こっちがアホはまともに相手をしないというスタンスで、こっちの苛立ちや怒りを抑え込んでるうちはええけど、何かが引き金になってこっちもブチギレてもうたらどうなるこっちゃわからんからねえ。

だからまさかこんなところで想定外のことが起こって平穏が脅かされるとはっていう感じなのである。

このマンションで破損してるのは、見た限り最上階のベランダは屋根が割れてすっぽ抜けてるし、ゴミ捨て場に捨てられてる瓦礫を見ても、他にもいろいろあったこととは思われる。

管理会社もこりゃ対応に追われて大変だろうということは容易にうかがえるので、こちらもなるべく根気強く待つことにはしている。

こんなことがあっても、ライフラインが断たれていないだけでもどれだけありがたいかと思う。

未だに停電や断水から復旧していない地域もあるし、中でも関空が孤立したことでのインパクトは観光客も巻き込んで絶大だった。

物流にも未だに影響が出ているし、それによって仕事に影響が出てる人達も多い。

まだまだ被災してる人が多くいたにも関わらず、今度はすぐに北海道に大きな地震がきてしまい、ニュースがすっかりそちらの方に持っていかれてしまった。

なので、それによって大阪では置き去りの危機感を持った人達も多い。

あれから天気の悪い日も続いてるし、中には更に大雨で追い討ちをかけられてる所もある。

フェスを中止する所もある。

平成最後の夏、なんて年だ。

災害列島、どこにいてもいつ何が起こるかわかったもんじゃない。

これからの日本人の生き方自体、見直す時代が来てるような気がしてならない。

そのことに関してはまた改めて。

現在家に帰ってきても落ち着かないし、職場は職場で今は崩れる手前のジェンガのような状態で、これまた戦々恐々、全く落ち着かず…。

もうどうしたらええんや?ってなことになってる。

どうなってまうやろうねえ?これから…。


     
♪globe/『OVER THE RAINBOW』

 

 

何か無性にこの曲を聴きたい気分になった。

生きてると、いろいろあるよね。

     

     globe『OVER THE RAINBOW』を聴きながら…。


  1. 2018/09/09(日) 18:13:17|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2018年上半期自分がよく聴いたアーティストTOP100♪

夏休みの宿題を間際で片づけるかのようにやってしまおう。

自分は始業式始まってもまだギリギリまで宿題をやってたクチやけどね(笑)

そうゆうのが未だにこうゆう形で残ってるという。



1.TM NETWORK 1412回

 ♪『I am』
 
  
 
 ダントツ!
 TMの物語はまだ終わってないのに突然小室哲哉は引退表明して自身が潜伏してしまった。
 心のやり場をどこへ向ければいい?
 日本に住んでると最近この曲の歌詞が胸に沁みて仕方が無い。

 


2.globe 755回

 ♪『DON'T LOOK BACK』
 
 

 globeは今はマーク・パンサーが一人で全国DJ行脚のイベント『GLOBE-GENERATION 〜灯火を消さない〜』で頑張ってくれてるのが嬉しい。
 4月に大阪で参加した時には握手もしてもらってきた。

 


3.小室哲哉 575回

 ♪『永遠と名づけてデイドリーム』
 
  

 この曲をPANDORAのビルボードLIVEのアンコールで歌ったそうだ。
 「いつか僕が泳ぎ疲れてこの海に沈む時は どうか僕の刻んだ調べを永遠と名づけて」
 この歌詞がシンクロしすぎて泣けてくる。

 


4.サカナクション 485回

 ♪『目が明く藍色』
 
 

 6月にZepp Osaka BaysideでLIVEに行ってきたけど、なんせ『魚図鑑』っていうボリューミーなベスト盤が出たので、それだけ何回も聴いてるだけでけっこうな再生数にはなる。

 


5.安室奈美恵 466回

 『CAN YOU CELEBRATE? feat. 葉加瀬太郎』
 
 

 安室ちゃんの引退ツアーだけでなく、小室哲哉引退表明と追い討ちをかけられた平成最後の年。
 結局安室ちゃんのチケットは取れなかったので、お別れ感がない…。

 


6.TRF 306回

 ♪『WORLD GROOVE』
 
 

 小室哲哉の引退表明の影響もあるけど、6月にはaccess × TRFの対バンLIVEに行ったからね。
 それにしてもDJ KOOのメディア露出度が凄い(笑)

 


7.WONK 191回

 ♪『Midnight Cruise』
 
 

 今一番クールでスタイリッシュなバンドを挙げるとしたら彼ら。
 東京発エクスペリメンタル・ソウル・バンド。
 洋楽を聴いてる感覚しかない。
 LIVEは未見なので是非とも近いうちに観てみたい。

 


8.PANDORA 183回

 ♪『Be The One』
 
 

 小室哲哉が音楽人生最後のユニットの覚悟で浅倉大介と組んだ。
 引退が前倒しになり作品自体は数曲。
 文春砲が無ければもっと活動が観れたハズ。
 ビルボードライブ大阪行けなかったのが悔しい。

 


9.AAA 171回

 ♪『Charge & Go!』
 
 

 AAAをこんなに聴いた理由としては何と言っても小室哲哉の引退表明があったから。
 なので、彼が作った曲ばかりを聴いてたと言ってもいい。
 あの一件後復帰始めの曲が多くて気合が入ってる。

 


 BOOM BOOM SATELLITES 171回

 ♪『DRAIN』
 
 
 
 川島さんが逝去して、活動終了して、新しい作品が出ないとしても、彼らの音楽をこれからもずっと聴き続けることは間違いない。
 決して色あせないカッコ良さがあるからね。

 


11.米津玄師 167回
12.上坂すみれ 159回
13.Su凸ko D凹koi 146回
 XAI 146回
15.She, in the haze 138回
16.ねごと 136回
17.Def Will 135回
18.華原朋美 132回
19.雨のパレード 130回
20.GABALL 125回
21.宇都宮隆 114回
22.uchuu; 109回
23.MAN WITH A MISSION 108回
24.PANDORA feat.Beverly 107回
25.B'z 105回
26.Schroeder-Headz 99回
27.ハニーゴーラン 97回
 藤田恵名 97回
29.MIGMA SHELTER 94回
30.Avicii 92回
31.和楽器バンド 91回
32.RAMMELLS 86回
33.MOP of HEAD 84回
 RADWIMPS 84回
35.amazarashi 83回
 中田ヤスタカ 83回
37.BiSH 80回
 The Chemical Brothers 80回
39.Grimes 79回
 Perfume 79回
 ラブリーサマーちゃん 79回
42.PAELLAS 77回
 レキシ 77回
44.徳永由希 74回
45.劇場版ゴキゲン帝国 72回
46.Mr.Children 71回
 アサキ 71回
 ゲスの極み乙女。 71回
 坂本美雨 71回
50.TK-Trap 70回
51.FaltyDL 67回
 Official髭男dism 67回
53.BABYMETAL 66回
 CHAI 66回
 DAOKO 66回
 WONK × THE LOVE EXPERIMENT 66回
 アンダービースティー 66回
 最終未来兵器mofu 66回
59.cero 65回
 GARNiDELiA 65回
61.CICADA 64回
62.ゆるめるモ! 63回
63.PassCode 62回
 吸血鬼マリリンピーチ 62回
65.女王蜂 61回
66.GLIM SPANKY 60回
 Seiho 60回
 ぱいぱいでか美 60回
 ビッケブランカ 60回
70.marble≠marble 58回
71.No.528 57回
 新しい学校のリーダーズ 57回
73.MONDO GROSSO 55回
 ゆくえしれずつれづれ 55回
 鈴木亜美 55回
76.KCO 54回
 Surgeon 54回
 [ALEXANDROS] 54回
79.illion 53回
 PAX JAPONICA GROOVE 53回
 TRUE KiSS DESTiNATiON 53回
 Yotoko 53回
83.DJTK 52回
 FIVE NEW OLD 52回
 Gui Boratto 52回
 Jamiroquai 52回
87.Laurel Halo 51回
 姫乃たま 51回
89.Clap! Clap! 50回
 Rudimental 50回
 おやすみホログラム 50回
 椎名林檎 50回
93.Especia 49回
94.FLOWER FLOWER 48回
 Sub Focus 48回
96.GOTH-TRAD 47回
 HARP ON MOUTH SEXTET 47回
 スリジエ 47回
 バンドじゃないもん! 47回
100.Tomggg 46回
 ヤナことそっとミュート 46回
 絵恋 46回



ジャンル、時代、国籍を問わず、ありとあらゆるいろんな音楽を聴いて、ブラックホールのように吸収していくのが自分のスタイルだが、今年の上半期は何と言っても自分に最も影響を与えた小室哲哉引退表明が最大のニュースであり、ショックな出来事だった。

なので今年はTK楽曲を貪るように聴きなおす。

それと、ここ近年自分の中で洋楽の聴き方が薄口になってきてるので、改めてもっと掘っていきたいな、と。

と言うのも、この前サマソニ大阪行ったら人が少なくてビックリしてもうたんよね。

ここまで洋楽離れされてしまったら、そのうちサマソニ開催も無くなってしまうやもしれない。

なんとかもっと洋楽も聴く人達が増えてほしいと切に願う。


     globe『DON'T LOOK BACK』を聴きながら…。



  1. 2018/08/28(火) 08:09:17|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ