FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

狂いそうな日々

髪の毛が随分伸びてきた。

かれこれ新型コロナ自粛引き蘢りも50日。

出勤できるようになる手前には切っておきたいと思うけども、今週はまだ無理かな?

関西圏は今日にも緊急事態宣言解除が出そうだが、うちらの仕事に関してはまだ自粛要請が続くかとは思う。

仕事が始まっても、始まらなくても地獄みたいな状況。

ハッキリ言って今の自分の状態がコロナどうこうじゃなくて頭がほんまにおかしくなりそうな状況に陥っている。

そう、先日から言ってる低周波音の共振の問題。

あれから、少しでも共振を減衰できないもんかと、ラックを移動させたり、テレビ付近も音減さん敷いたりなんやかんやスッキリさせてみたが、どないやっても音が気になる時はどうしようもなく気になる。

普通の時ならまだしも、寝る時に横たわると必ずあの不快な音が気になるねんなあ。

いやまあ、これが自分だけが気になるんならともかく、何より隣のキチガイにもオレのせいやと思われてるのが鬱陶しくてしかたないのだ。

吼えられたり、ドンドンされたりしても乗り込んではこないねんなあ。

おそらく、上階の室外機かエアコンか何かのせいやと思うが、共振しやすいのはうちの大きなテレビやろうし、とにかく壁全体が怪しいねんなあ。

あの遠くでラジオでも鳴ってるかのような幻聴みたいに聞こえてくる声やら音やらも気になるし、心無しか部屋の下から揺れが伝わってきてるような感じの時もある。

二つ上階の部屋はどうも最近新しく入居してきたのか、あの台風で吹っ飛んでた間仕切りを直してたね。

それで最近になっていろいろ気になる状態に陥ってるのに何か関係してるのか?

上から横からもうたまらん。

最近ではもう隣のキ○ガイがいる時には切ってることも多い。

そうすると余計に隣の声や物音が気になるし、こっちが出す音も気になるしで最悪。

なので、ずっとワイヤレスのピヤホンで音楽聴いてる。

ノイズキャンセルも素晴らしくてけっこう没入させてくれる。

そしてそのまま眠る。

勿論こんなの睡眠にとっていいわけがないのだが、低周波音や奴の気配を感じるぐらいならよっぽどこっちの方がストレスがたまらない。

耳鳴りと低周波音との関係性もあるのかもしれんけどね。

まあ途中で目が覚めるから、奴が寝てそうなのを見計らって耳栓状態にはしている。

そのための横向き用の枕もわざわざ買いに行ってきたし。

それに、こんなでも眠れるように、手前にここんところはもうめちゃくちゃ何時間も歩き回っている。

そして長居公園でしばらくボーッとするのが定番。

昨日なんかでもコロナなんか嘘みたいに普通に人がいっぱいいた。

学校行けてない学生達が集まるのは勿論、年寄りもたくさんいる。

おそらく世間的にはどんどん気が緩んできてるところやと思うんで、またそのうち第2波が来るだろう。

特に冷房を入れて換気しないような環境になってくるとまたヤバいと思う。

このコロナ禍、もっとじっくりいろいろ考えられるかと思ってたら、全然違う方向から脳味噌がやられることになってほとほとまいっている。

もうほんまに、どれだけ鬱にならずに平静を保つことができるか、それのみである。

歩き回りながら、とにかく今の環境を変えなければならないってことだけは考えている。

そして、他府県との往来ができる状況にまでなれば、いろいろ動いてこの部屋にいる時間を極端に減らしていきたい。

なので、今は少しずつ身軽になれるようにしていくつもりだ。

全てにおいて断捨離を押し進める必要がある。

脱この部屋、そしてこの土地。

とは言え、先々のビジョンを描かないことには動きようもないんやけど、それもこのコロナ禍では何がどうなるやもわからないので、描きたくても描けないというのはある。

そうゆうのも踏まえて、一度頭をリセットして、今後のことを考えていきたい。

いずれにせよ、すぐにこの部屋を出られるわけではないので。

年内、どうもっていくか、粘り強く生き延びるしかない。

死なないように、病まないように、どれだけ持ち堪えられるか?

メンタルやられてるから、肉体的に疲れてるハズでもあまり食欲はわいてこないねんなあ。

体脂肪率だけは確実に下がってきてるわ(笑)

顔面の筋肉を使ってないから、一人カラオケに行きたくてたまらん。

これらの遊興も緊急事態宣言開けにどうなっていくかやね。

うちも対策を考えたとて、いやはやほんまに難しいやろうなあって思うもの。

ライブハウスもそう。

キャパを減らしてって言ったところで….

夏フェスもどんどん開催中止が決定してるし、夏の甲子園も中止になりそうなこと言うてるし。

この部屋がこんなに居心地が悪くなってしまわなければ、もっと平穏に引き蘢れたやろうに。

当初はなんせ経済的な不安が大きかったけど、まさか今はこんなことで精神的ダメージを喰らうことになろうとは。

しんどい。

たまらん。

心が折れないようになんとかそれだけは保たねば。

前を向けるだけの余力は残しておかなければ。

20年も住んできて今更これかい。

もうすぐここにでっかい地震でもくるから、出ていけっちゅうことなんかな?

何らかの力が働いて、オレがこの環境を変える時が来たのだと、後押ししてきてるのかもしれないなあ。

残りの人生、自分なりの幸せというものを考えていきたいと思う。

心が押しつぶされる前に。


♪蒼山幸子/『スロウナイト』
 
 

 


     蒼山幸子『スロウナイト』を聴きながら…。


  1. 2020/05/20(水) 14:27:26|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

頭がおかしくならないように

コロナ禍で炙り出されるいろいろな問題。

今まで隣のキ○ガイともお互い生活のリズムが逆であったことで如何にまだ均衡が保たれていたのかということがよくわかった。

奴の気配を感じるだけでストレスになるので、ここんところ昼間は物凄い長距離の散歩に出て、公園のベンチでゆっくり読書をしたりして気を紛らわせたりしていた。

今日なんかはもう雨なんでどうにもならんけど、少なからず雨の音はまだ落ち着く。

気になる低周波音がまだちょっとはごまかせるから。

現在、緊急事態宣言は2日前39県で解除となっている。

大阪は大阪モデルとやらは達成したので、徐々に休業要請解除は為されていくやろうけど、うちみたいな仕事は21日に何らかの判断はなされるかと思う。

なので、早ければ今月中に出勤できるかもしれない。

それでも、散歩してても既に今月いっぱいは休むって貼り紙してる店も多く見かけたし、開けたところで何かと難しいと思ってる人達も多いやろうなあ。

飲食店は弁当発売したりして、なんとか頑張ってる所も多い。

パチンコ屋なんかは自粛要請も何のそので、さっさと開けてる所も多かったねえ。

長居公園に行ったら、普通に人めっちゃ多かったし、走ってたり、スポーツしてたり、犬の散歩してたり、オレみたいに本読んでたり、いろいろいたわ。

それでも、緑が多いから、ボーッとしてるだけでほんまに気持ちよかった。

特にちょうどいい陽射しの時は。

屋外やと耳鳴りもそんなに気にしなくてすむからねえ。

特にこの部屋の中は酷いから、だいぶスッキリはする。

帰りたくなかったもん。

そこに至るまでの散歩で久々に足の指に水ぶくれができたわ。

こんなに動き回っても、お腹は鳴るのに食欲はさほどわいてこず。

1時期6kg痩せてたけど、今は3kg減でおさまってる。

しかもあれだけ落ちにくかった内臓脂肪も正常値になり、やっぱりマスクして長時間散歩するのは効果があるなあ、と。

緑を眺めてると、やっぱり京都に戻りたいと強烈に思った。

いずれにせよ、今の状況でこの部屋に長居することはもう頭も身体もおかしくなるだろうとほぼ確信しているので、なんとか環境は変えないといけなくなるだろう。

かと言って、このコロナ禍なので、当分いろいろ動き回ることも難しいだろうし、世の中がどうゆう方向に向かうかもわからない。

経済的にも自分がどうゆう状況に追い込まれるかもまだわからないので、様子を見ながら、大阪脱出を試みることになるだろう。

だから、徐々に徐々に荷物を減らすのだ。

そして、奴とはなるべく時間がカブらないように動くことだ。

そんなこんなで、後どれだけこの引き蘢り生活が続くことになるのかはわからんが、今はもう自分がストレスで心身がおかしくならないようになんとか維持することに努めるぐらいしかできなくなった。

勉強しようにも全く頭に入ってこないので、そんな余裕はない。

こんなんやと職場に行ってる方が、まだ精神的に楽かもなあ。

まあ、仕事が始まったとしても、当面時間はだいぶ短縮されたり、日数も減ったりするかもしれへんね。

果して、今月いっぱいぐらいは休まないといけないか?

あるいは来週末ぐらいには試しにやることになるか?

世間的にはもうみんな気が緩んでるように見えるんやけど、医療現場が十分対応できてるんやったらけっこうなこっちゃし。

日本人はBCGのおかげで発症しにくいんやとしたらラッキーやし。

さてさて、どうなることやら?

とにかく今はもう自分がここに居るのがしんどくてたまらんということに尽きる。



♪ハイスイノナサ/『地図にない街』
 
 

 


     ハイスイノナサ『地図にない街』を聴きながら…。



  1. 2020/05/16(土) 21:13:36|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

脳味噌がやられる

最近になってやけにストレスになってるのが、部屋の中で聞こえる「ブーーーーーーン」っていう謎の低周波音だったりする。

最初は、テレビか外付けHDDの音かなと思ってたんやけど、全部の電源を切っても、全部コンセントから抜いても、ブレイカーを全部落としてみても聞こえてきたので、これはどうも違うな、と。

その音が気になるのも、寝る時にマットレスを敷いて寝っ転がった時によく感じるのと、南側の壁に耳をくっつけてみたり、部屋とキッチンとちょうど間ら辺で中腰になってみると聞こえてくるっていう。

後、トイレの換気口から最近やけにこの音が増長されて聞こえてきたりとか。

キッチン側は冷蔵庫があるので、これの音はまあ前からしゃーないとは思ってたけど、これじゃない別の音が最近やたらと気になって眠れなくなってしまった。

それだけではない。

どうも隣のキチガイもこの低周波が気になってるのかもしれない。

と言うのも、こちらが何の音も全く出していなくても、突然壁を叩いたりしてくるからだ。

自分と同じようにこの低周波音にやられて睡眠を妨げられたりでもしてたら、そりゃ怒りたくはなるだろうが、あいにくうちのせいではないのだ。

もしかしたら、上の階の室外機か、あるいは他の電化製品による影響なのかもしれない。

この原因を高い金を払ってまで突き止めようとは思わないし、ましてや近隣住人とあれこれ揉めるのはもっとしんどい。

ただ隣のキチガイは存在自体がストレスな上、ただでさえこのコロナ禍自粛引き蘢りでまいってるのに、これでまたドンドンやってこられたらこっちまで頭がおかしくなりそうになるわ。

最近、耳鳴りがますます酷くなってる原因はもしかしたらこれのせいが大きいのかもしれない。

それにやっぱりしっかり眠れていないようで、頭がボケたり、鈍ったり、重たい感じがするのも関係してそうやね。

とりあえず、寝る時の頭の位置をもっと上に上げないことにはどうしようもないので、捨てようと思ってた折りたたみベッドをなんとか修理してまた使えるようにせんとしゃーないかなと思ってる。

これで床からの感覚は弱められるんちゃうかな。

こうなる前に、なんかどこかしらぼんやり人が喋ってるかのような幻聴みたいな感じで聞こえてきてたのにも実はちょっと気になってた。

上階のテレビの音が伝わってきてるんかな?みたいな。

いずれにせよ、このままやと脳内に腫瘍でもできるんちゃうかとちょっと心配になってる。

なんとか睡眠の質を上げないことには、コロナ云々以前に命に関わってくるぞ。

というわけで、今日はまた大掃除をしながら、できるだけ対策を練ろう。

隣のキチガイは関わりたくないので放っておく。

それにしても、この頭がボーーーッとしてスッキリしない感じはほんまたまらん。

出勤できるようになっても、まともに仕事できるか不安になるわ。

今は外に出たら出たで感染の気を遣うし、部屋にいてもこの有様じゃあ落ち着けることもないし、ネットを眺めてみてもクソ政権やネトウヨのせいで殺伐としてるし、ある意味職場に行ってる方が気が楽な部分もあるかもしれんけどね。

実態をどこまで信じて良いのかはわからんけども、一応データ上では感染者数も減ってきてるし、解除基準に沿っていくなら、意外と早く仕事を再開できるかもしれない。

勿論第2波は覚悟しておかないといけないけど、これから暑くなってきて感染事情も変わるかもしれないからねえ。

やったらやったでどんな展開になるかもまるで予測はつかないし、クラスター感染が発生したら一巻の終わり。

心の平穏がほしい。

ここにいてももうしんどい。

なんとか抜け出す方向に持っていかんといかんかなあ。

それとも何らかの力でそんな風に持っていかされてるのだろうか?(笑)

ああ、頭がまわらん。

マジで脳味噌やられてる…。

壊れてまう。

え〜い!負けてたまるかい!!


♪れるりりfeat.初音ミク&GUMI/『脳漿炸裂ガール』
 
 

 


     れるりりfeat.初音ミク&GUMI『脳漿炸裂ガール』を聴きながら…。



  1. 2020/05/13(水) 11:40:34|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

隣のキ○ガイ

新型コロナウイルスによる自粛引き蘢り生活もかれこれ40日か。

どうせ籠るなら快適に籠りたいものだが、先行きの不安云々を抜きにしても大きなストレスとなっているのが隣の部屋の住人だ。

以前からちょいちょい書いてるが、その素性に関してはよくわかっていない。

ただ、よく奇声をあげたり、一人で大きな声で怒っていたり、壁をドンドン叩いたりとまあ鬱陶しいのなんの。

壁が薄いので、音楽やテレビのこちらの音が漏れてて気になるのならそれはまあしゃーないかとは思うが、今朝なんかはこっちが寝てるのにバンバン壁を叩いたり怒鳴ったりして目が覚めた。

こちらの動きに関係無く、こうゆうことも日常茶飯事なので、こっちも腹立つから普通にテレビも観るし、音楽も聴くけども。

それでも以前よりかは音量を下げるようにしている。

と言うのも、自分の耳鳴りがあまりにも酷くなってるので、どうしてもボリュームを上げがちになってしまい、それに慣れてしまうとその大きい音量が当たり前になって、またそのレベルで慣れておかしくなってしまうからだ。

なので、少々聴き取り辛くなっても、音量を下げて何を言ってるか聴き取る努力をしてる。

ただ、それによって、隣のキ○チガイの咳払いやくしゃみまでよく聞こえてくるようになったので、もう鬱陶しくて鬱陶しくて。

それだけ聞こえてくるってことは、こちらの声も聞こえてるっていうことやろうし、以前のようにテレビにツッコミも入れなくなったし(笑)、以前のように笑うこともなくなってしまった。

どうも、奴がこちらの部屋の壁近くにいることが多そうっていうのも問題なんやけどね。

特にベッドらしき場所はうちの大型テレビのスピーカーからの距離がそう遠くなさげな気はする。

なので、奴が寝よう、起きようとしてるであろう時間はこちらも気を遣う。

それと、部屋の構造はたぶん似たようなものだから、奴がいつ風呂に入ってるか、トイレに入ったかっていうことまでわかる。

そしてその辺は全部換気口が繋がってることもあり、声や音も聞こえてくるのだ。

何年も前までは隣も随分空き部屋だったので、そんなことおかまいなしに風呂もトイレも行ってたけど、最近はもうこちらの生活音が奴に聞こえてしまうのも嫌で、風呂やトイレで水を流すタイミングまで気を遣うようになってしまい、滅入る。

奴は風呂に入った後、必ずベランダで洗濯機をまわす。

その時の戸の開け閉めの音や咳払い一つでもほんまに鬱陶しい。

こちらの洗濯機は未だに二槽式なので、なんせ音がデカい。

少なくとも夜にはできないし、だいたいは週に一回平日、奴が仕事に出かけたのを物音で確認してからやるようにしてる。

ところが、このコロナ禍で、奴は今、週の後半は仕事に行かない。

リモートワークでもしてるのか?

なんせ奴の業種が何なのかがよくわからない。

一度、ちょうど外に出ようとした時に奴が帰ってきて、お互いのドアとドアの前で一瞬目が合ったことがある。

こんなオッサンやったのか?

一見公務員っぽいぞ?

なのにあんな思春期のガキンチョみたいに一人で喚くのか?

もう一人引き蘢りのガキンチョでもおるんちゃうん?

そんなことが頭に過り、日頃のアレで奴が何か言うかな?と思ったら、さっさと目をそらすと中に入っていきやがった。

内弁慶か?(笑)

奴が仕事に行く時間は普通はだいたい朝7時ぐらいには起きて、8時ぐらいには出ていくという感じ。

で、帰ってくるのは午後5時から6時ぐらいのことが多いので、だいたい定時には上がれて、しかもここからそんなには遠くない職場ではないか?と推測する。

奴が一人で喚いてる原因が一体何なのか?

実は最初は誰かもう一人住んでいて、その相手にしょっちゅうキレてるんやと思ってた。

でもどう考えても一人なので、相手が電話なのか、何なのか?

ほんまにしょっちゅうキレている。

誰に対してキレてるのか?

あるいは、奴のベランダにはBSのアンテナが付いてるので、何か好きなスポーツがあって、それの勝敗にいちいちエキサイトしてるのか?

これに関しては、奴が「何なんだよー!!テメエはよー!!」とか、ちょっと悔しまじりなキレ方をしてることも多く、かと思えばよく「フーーッ!」ってゴキゲンな嬌声をあげてたりもするからだ。

キレやすくて、ゴキゲンな時には奇声を発する、躁鬱激しいのか、まあ相当情緒不安定やわなあ。

たまにボールみたいなものがボンボン跳ねてるような音も聞こえてくるし、バスケかサッカーか何か、熱狂的なスポーツがあるのかもしれない。

でなければ、何かのゲームだろう。

ごくごくたまに笑い声が聞こえてくることもあるが、だいたいは不機嫌な感じしか伝わってこない。

一度、こいつとはマジで関わってはいけないと思った時がある。

マンションの外で、朝早く、車の防犯のサイレンか何かが爆音で延々鳴り止まなかった時があった。

うるさいなと思ってたら、寝てたであろう奴が起きて戸をガラッと開けたかと思うと、外に向かって大声で喚き散らしやがった。

気持ちはわかるが、おめえのその喚き声も相当迷惑やぞと思った(笑)

こうゆう癇癪持ちなキレ方をする奴と関わっても何一つ良いことはない。

そんなこんなでこちらもいろいろ牽制しながら生活をしていたところ、いつだったかこちらが5.1chの映画のBD鑑賞をしてたのがうるさかったようで、めちゃめちゃ壁を叩いてきやがった。

おめえさっきまで無反応やったくせに。

勿論、それはこちらが悪いのだが、こっちはこっちでいつもこいつの不快なキレ声や何かにあたってる物音にムカついたので、思わず

「何をバンバン叩いてるんじゃコラ!」

とドスをきかせて言うてやった。

ほんじゃ、やっぱり聞こえとったんやろうなあ、その後の反応がまあスゴい。

めちゃめちゃ暴れ出しやがって、何やら喚きながら更に壁はバンバン叩くわ、物をバンバン投げてぶつけてくるわと、さすがキチ○イやなと。

ハッキリ言うて、声のデカさは自分の場合ハンパないので、声量で簡単に打ち負かすことはできてしまうけど、そんなことをしても近所に恥ずかしいだけやから、そんなことはしない。

あの部屋の住人は頭がおかしいっていうのは隣だけで十分だ。

ヘタに目立つことはできない。

こちらは奴みたいに全く壁を叩いたり、そうゆう振動は与えないから、奴にはどれだけ迷惑なのかがわからないのかもしれない。

逆に、こちらのテレビの音や音楽が奴にとってどう聞こえてるのかもわからんから、そこはもうお互い様ってことで探り探りやってきたつもりだが。

最悪の場合、奴も管理会社にクレームを入れるかもしれないと思ってたけど、それをしないってことはまだそこまでではないのだろう。

それでも最近ではせっかく買った音楽レシーバーを使ってのコンポで音楽を聴くこともやめてしまった。

5.1chでのBDやDVD鑑賞も奴がいない時にしかしなくなった。

何ならピヤホンで音楽を聴くようにしたりもしてたけど、それだとどうしても耳鳴りが余計に酷くなってしまうので、長時間は無理。

周りが静かすぎても耳鳴りと奴の気配が感じられてしんどい。

その苦痛の時間がこのコロナ禍でますます増えてしまったのだ。

G.W.ではちょっと帰省でもしてたのか、数日奴がおらんでどれだけ快適やったことか。

自分が引っ越して来た時のお隣の親子は何も言ってこなくて良かったのになあ。

果して、20年程住んだ自分がここから出て行くのが早いか?

あるいは奴がどこかに行く方が早いか?

今後のコロナ禍の世の中の動向も含め、どうなっていくかやな。

どうも奴の喚き言葉を聞いてると、関西人ではない気がするねんなあ。

もしかしたら、よその土地からやってきて上手く馴染めず、いろいろ溜まってるんかもしれへんね。

知らんけど。

こうやってる今も何やら一人ですっげえキレて喚いとる。

人の「負」のエネルギーを浴びるのって、ほんまに精神やられるよねえ。

毎日毎日クレーマーに対処してる人達ってスゴいと思うわ。

キレやすいのは人間として未熟な証拠。

スルー、スルー。


♪Focus/『Hocus Pocus (Extended Version)』
 
 

 

     Focus『Hocus Pocus (Extended Version)』を聴きながら…。





  1. 2020/05/10(日) 17:24:16|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

とりこし苦労なら良いが…

さきほど、久々に職場に行ってきた。

勿論仕事ができる状況なわけじゃないので、先月の微々たる給料を受けとってプチミーティングしてきただけやが。

まともに人と顔を合わせて会話したのは1か月以上ぶりのこととなる。

もう長きにわたる引き蘢り生活のせいですっかり顔面の筋肉が衰えてしまった気がする。

ほんの短い時間でこの先どうしたものかっていう話をしただけやけど、とりあえず吉村知事の判断次第で最短で18日から再開。

でもまあこれはほぼ無理やろう、うちらの業種では。

上の話を聞いてる限りどうも自分より楽観的でビックリしてまうんやが、その次の週ぐらいからできそうと思ってるフシもあって。

こっちは少なくとも今月いっぱいは無理ちゃうかと思ってるし、再開したとて…っていう話である。

まあ相手せんなんのは怪獣ばっかりやから、普通とちゃうからある程度は成立する可能性も無きにしもあらずやけどね。

実際、世間の情報を全く知らないかのような動きをしようとしてる人達もいるので、それも怖い。

今後これも世の中の風潮がどのように変わっていくかってことによるところも大きい。

経済活動を段階的にどの辺までやりながら、感染拡大を防いでいくか?

いずれにせよ、リスクを承知で人間としての活動をしていかないといかんわけやから。

うちの職場にしても従来のやり方からいろいろ変えていくかもしれないとは言ってたが、どうなるやら?

仕事日数を減らすかもしれないし、となるとやはり別の仕事も探してかけもっていかないことには難しくなりそうやね。

今は身動きがとれない状況なので、せいぜい心身の健康だけは気をつけて、今のうちに勉強できることはやっておきたい。

読書量を増やそう。

それと、せいぜいお金を作る手段を探して、1日でも持ち堪えられるようにもっていくこと。

後はやっぱり引き続き断捨離と掃除をやりこんでいってもっとスッキリした空間にしたい。

ああ、それにしても、人と会話するのってやっぱり大事やなあ。

ちょっと会話をしてみるとホッとする部分もあるし。


♪globe/『FACE』
 
 

 


     globe『FACE』を聴きながら…。
 


  1. 2020/05/09(土) 20:03:31|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今一番欲しいのは心の平穏

一般的には今日でG.W.も終わりなのかな?

そして、本来なら緊急事態宣言で最初の解除の目安になる日でもあった。

結局やはりそんなうまくいくはずもなかったが。

大阪は独自の解除基準を設けて出口を探していくとは言ってるが、いずれにせよ自分達の業界に関しては最後まで慎重な対応ということにはなるだろう。

その目処となるのが5/15。

国は5/14、5/21、そして今月いっぱいと、段階を追って解除していきたいとは思ってるようだが、それもまあそんなスムーズにうまくいくとは思えない。

検査やら何やら医療方面のデータにしてもどのデータがどこまで信憑性があるのかもわからないので、それを踏まえてこちらもどう捉えていいのやら?

なんせ自分のやってる仕事というのはもう初期のクラスター感染発生の印象もあるので、一番最後まで自粛せざるを得ない状況と言っていいだろう。

仮に解除になったとしても、動いたらすぐに感染してもうた…なんてことにもなりかねないし、心に余裕を持てる余地はまるで見当たらないねんなあ。

なので、うちの職場が一体どういった決断を下すかも、今日辺り連絡がないとおかしいのだが、今のところまだない。

まだ様子を見るのか?それともここでもう終わりにしてしまうのか?

もしかしたら、ギリギリまで考えて明日にでも連絡があるか。

給料の件もあるし。

人は一時解散にしておいて、場所だけは守れるだけ守ろうっていう策に出るかもしれないし。

自分としては、いずれにしても今月いっぱい自粛しつつ、世間の様子をうかがいながら、今後のことを考えた方がいいとは思っている。

身動きがとれる状態にならないことには、今後の経済活動に向けてどうするかっていうのも動き様が無いしねえ。

そこも、補償やら蓄えやらを見比べながら動くしかないんやけど。

なんせ、世の中の仕事という仕事がどうなっていくかっていうのが読めないから、最悪日雇いでもやりながら食いつないでいくしかしゃーないかもしれない。

苦しいね。

多くの人達がいつまでもみんな人間らしくない生活が続くことを拒否し始めたなら、リスクを承知でウイルスと共生する生活に移行していくこととは思う。

でないと、あまりにも経済的に死ぬ人達で溢れ返ってしまう。

どうせ死ぬならリスクを承知で活動をした方がいいってことになっていくだろう。

先が見えないという状況下では、いかに心平穏でいることが難しいかというのを痛感してる今日この頃。

こんなの鬱になる人達も、体調を壊す人達もたくさん出てくると思うのだが?

自分はまあ、なんとか持ち堪えてはいるけども、常に貧乏揺すりしてるような感じ。

これだけ引き蘢ってるとなかなか笑うこともなくなってしまったけど、この前『しくじり先生』にTM NETWORKの木根さんが出てた回を観直した時がここ1か月で一番爆笑した。

そしてG.W.に入ってから、そういえば一昨年位にAmazon Fire TV Stickを買ったまますっかり放置してたのを思い出してセッティング。

何でこんな便利な物を放っておいたのかと後悔した。

YouTubeも大画面で観れるし、AWAやSpotifyも聴けるし、Gyao!やAbemaTVで無料でいろんな作品も観れたやないかと。

で、深夜にアベマで『うる星やつら』をやってるのを知って、懐かしくて次から次へと見入ってしまった。

やっぱり自分が大好きだったものにのめり込んでる時が一番心穏やかになれると思った。

自分がだいぶ前に買って未開封になってた映画のBDなんかも5.1chで観たりして、自分の原点を探求する旅はコロナ関係なく大きいなあって感じている。

G.W.で仕事も休めたらしく、今日までしばらくウザい隣人もいなかったので、その間の解放感も大きかった。

短い極楽期間やった。

いやはや、このコロナ禍で隣人とのいざこざや事件が起こるのもよくわかると思ったもの。

帰ってきよってからもう、今すっげえ息苦しいもんなあ。

この鬱陶しさが無ければ、ほんまにもっと快適に引き蘢れるものを。

このピリピリモードがまたこのコロナストレスに拍車をかけるのだ。

なので、今はとにかく心身共に健康であるということを先ずは維持するということに専念。

そして、ボチボチ今後に必要でなるであろうことのために、読書に力を入れていきたいとも思ってる。

勉強する方向性を見出していきたいからね。

何らかのアクションを起こす前に、知識として最低限吸収しておきたいこともあるし。

ってなことをつらつらと書いてるうちに今連絡があった。

吉村さんが何て言うかわからへんけど、今のところ早くて18日から、最長で今月いっぱい、というようには考えてるようだ。

あのトーンだと全く終わろうとは考えてないっぽい。

どうも危機感の温度差が激しい(笑)

果してそんな上手い具合に事が進むとは思えんけど、おそらく周りの業界の人達ともいろいろ話を交わした上でそう考えてるんやろう。

要するにそれが界隈みんなの我慢の限界ってこととちゃうかな?

自粛前にみんなコロナになんか負けへんでえ~って言ってたから意地もあるんやろうし。

とりあえず、今週の土曜日に微々たる給料を受け取りに、そして一度ショートミーティングがてら顔を出すことになった。

お金は別に急いではいないけど、なんせ随分もう人とまともに会話もしてないので、ちょっとこうゆう時間があった方がみんなお互いに安心する部分もあるやろうしと思ったからねえ。

なんせほんまに近所に買い出しに行くだけやったから、これだけでもリフレッシュにはなるかもしれない。

これで万が一みんな感染したらシャレにならんけど。

現状先立つ物は少しでもあるにこしたことはないので、不要不急ではないとは言っていいだろう(笑)

何にせよ、まだ生き延びられそうな光が見えただけでも、ちょっとは気が楽になれる。


♪AA=×JM-0.8/『→MIRAI→ (ポストミライ)』
 
 

10年後生きていたとして、
今の世界を振り返ってみた時、
果たしてどんな風に感じるだろう?

 


     AA=×JM-0.8『→MIRAI→ (ポストミライ)』を聴きながら…。



  1. 2020/05/06(水) 20:22:29|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

平静ではいられない令和

去年のゴールデンウィークは京都に帰っていた。

9連休だったが、まさかこれが1か月以上ものゴールデンマンスになろうとは。

去年の5/3は自分のかつての故郷の地を歩き回り、5/4は植物園と上賀茂神社と下鴨神社、そして出町座で映画というコースでとてもリフレッシュできた日々だった。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-1089.html

緑の中で育っただけに、やっぱり緑が多い環境は落ち着く。

大阪のギスギス、ガチャガチャした雰囲気とはだいぶ違う。

ああ、京都に帰りたい。

令和2年目にしてまさかこんな長きにわたる引き蘢り生活が続くことになるとは。

緊急事態宣言は予想通り今月いっぱいも続く。

なんだかんだ言っても1か月経つのなんて早いなと思った。

先の見通しが全くつかないということもあって、なかなか平静ではいられないのが辛い。

とにかくメンタルをやられないようにっていうことだけを最優先している。

こんな不安な状況におかれてると、結局何をやっても落ち着かないからねえ。

本を読んでても、映画を観てても、なかなかすんなり入ってこない時も多い。

何かがきっかけですぐ自己否定に走りそうにもなる。

まあ、そんなことに時間を費やしてしまったら、それこそ人生の無駄遣いやとは思うけども。

なかなか心中穏やかにはなりませんわなあ。

だってほんまに明るいニュースが皆無やし、アホ政権は相変わらず滅茶苦茶やし。

自分がもっと若けりゃ身体もピンピンしてて多少は希望も抱けたかもしれないけど、ここにきての苛烈な生存競争はキツいわなあ。

世の中の裏街道を細々と通ってきた人間としては。

でも、どこかで新しい価値観の創造に期待してる自分もいるので、それがあるうちはまだ死ななくてもすむかと思う。

自分自身結局五里霧中で目の前に見える道を歩いてきただけやから、運が悪けりゃ崖から落ちて這い上がれなくなるかもしれないし、逆に光を見つけて目の前がパーッと開けるやもしれないし。

だから心身共に健康であることは第一。

ポンコツ具合は受け入れながらも、自分の中の人生の優先順位を決めて次なる準備をする必要があるだろう。

人生、己の中での実験の連続だった。

ちょうどこれからそれらの実験結果を出していく時期に入ったと思う。

前を見ようじゃないか。

自己を肯定できるように。

自分の人生を肯定できるように。

生きてるってのは所詮「今ここ」だけの話なんやから。

過去に囚われすぎず、未来を憂いすぎず、今を楽しみながら生きていくというのが一番大事なことなのだと言い聞かせよう。



UA/『黄金の緑』
 
 

 


     UA『黄金の緑』を聴きながら…。



  1. 2020/05/04(月) 18:12:02|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

令和最初の日から早1年

去年、平成から令和を跨いで何をしてたか振り返ってみると、何のことはない断捨離言うて掃除・整理してたみたいやね。

この自粛引き蘢り状況に陥ってから毎日ちょっとずつ手つかずだった部分の掃除と整理をやってると、ほんまにやってたんかいな?って思うけど(笑)

それぐらい何を断捨離したんだかわからないぐらい、物の量は減ってない。

当然のことながら、大量に売るか捨てるかしない限りはこの部屋にスペースが生まれてくることはない。

売るにしても、売れない間は結局スペースがとられることになるし、それなら高値を見込まずに一括でバンッと売ってしまった方が気持ち的にも楽な気がするねんなあ。

でも、それが普通の日常を送ってた時ならそれでいいけど、今みたいに全く経済活動ができない状態だと、やっぱり少しでも高く売りたいっていう欲が出てくる。

結局、この優柔不断さが災いをして何もしないままっていうのが今までの流れ。

どれだけ学習してないんだろうか。

まあそれでも、ネットでいろいろ調べたり、メルカリやるにあたっての電子書籍を買って読んだりはしてるんやけどね。

このコロナ禍でも需要はあるんやろうか?

とりあえず、何でもいいから一度どこかに何かを売ってみよう。

そしたらもっと自分の中で火がつくかもしれない。


さて、緊急事態宣言はどうやら今月いっぱいまで延長の方向のようだ。

ハッキリ言ってどうなれば解除ということになっていくのかよくわからない。

アベ自体が今感染状況がどうなってるかをちゃんと把握しとらんぐらいやから終わっとるよね。

何でもかんでも自分達の方に都合がいいような発表の仕方しかしないから。

データに信憑性がないし、そりゃ海外からも不信がられるわいな。

医療現場からの悲鳴は聞こえてくるけど、これが全国的にどこまで切羽詰まってるのか、または思ってたよりも上手く抑え込んでるのか、それもよくわからない。

実際、なかなか診察を受けられなくてたらい回しにされるという話は耳に入ってくる。

そうなると当然実態を把握するなんて不可能やろうからねえ。

そうしてる間にも感染させられてる人達も多いやろうし。

新型コロナによる死亡者の発表もどうゆう数え方をしてるのかも怪しい。

世の中不安と不満でいっぱいになってるんやから、政府はとりあえずお金を迅速に大量にバラ撒けっちゅうことやのに、これがまた遅々として進んでいない。

自国民にはほんまにドケチやし非情やわあ〜。

よその国にはええ顔してあれだけホイホイと大金をバラ撒きやがるくせにクソが。

この引き蘢り生活は辛いが、仕事そのもののストレスがないという部分では唯一救われてる部分だろう。

勿論仕事をしていないという不安と罪悪感によるストレスも大きくて苦しいが。

仮に自粛に従わないとして、前と同じように仕事をしないといけないってなったら、やっぱりそれはそれで恐いもんなあ。

感染るのも、感染されるのも。

だから医療現場の人達はほんまに凄いと思うわ。

ちゃんと危険手当をたくさんあげてほしい。

そこもまたドケチ政権やけど。

とにかく、こうも仕事をしてない日々が長くなると、人としてダメになってしまう気がするので、それもまた恐怖である。

とりあえず、健康維持が第一で、鬱にならないようにってことだけは心がけてるけども。

もうちょっと気楽になれる性格ならどれだけ良いか。

なるようになるっちゃあなるんやろうけど、それやと大きくは変わらないんよね、結局は。

もっとより良くしようと思ったら、自分が変わる為に動かないと。

そうすれば良い方向に変わるというのは間違いないと思ってる。

ただそこが面倒くさがりやからこんな人生になってもうたんやけどね。

それは自覚してる。

現状維持に甘んじてるのは怠惰な人間やな、と。

何はともあれ、死にたくならない程度に頑張りたいと思う。

このコロナ禍で世の中全体の生き辛さがますます上がってきてるけど、そのせいか今までの苦痛は一段下がったような気がしなくもない。

生きるか死ぬかっていうことになれば、以前の悩みなんか悩みのうちにも入らなくなってくるもんだ。

生き辛さの正体と向き合って、何かちょっとでもみんなが生きやすくなれる方法を模索することは、自分の中のテーマの一つだと思ってる。


♪みゆな/『生きなきゃ』
 
 

 

     みゆな『生きなきゃ』を聴きながら…。


  1. 2020/05/01(金) 14:57:09|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

平成最後の日から早1年

早いもんで、令和2年も今日で1/3が過ぎようとしてる。

年頭ではまさか今こんな事態にまで陥るとは思ってはいなかった。

新型コロナウイルス感染症のせいによる自粛引き蘢りもかれこれ1か月経つことになる。

正確には緊急事態宣言が出る前に2日間だけ少し仕事はしてるんやけど、収入はほとんど無いに等しい。

先があまりにも見えないというのは途轍もなく不安になるものだというのを実感した。

それでも悩んだところでどうにもできない問題が圧倒的なので、次第に諦めや開き直りの気持ちとのせめぎあいになってくる。

じゃあ最悪を想定して今何を準備するべきなのか?

それを想像するのもまた滅入って来る話で、今の段階じゃ悲観的なことしかイメージできないからねえ。

いずれにせよ、もう元の世界には戻れないんやから、新しい世界を作っていくしかない。

新しい価値観による新しい社会、システムの創造に希望を抱くしか無い。

特に、これからの若い世代にとって少しでも生き辛い世の中じゃなくなってくれればと思う。

それと、今までババを引き続けてきたロスジェネ世代も、これ以上堕ちなくてもすむように、なんとかセーフティーネットを広げられるような、優しい世界になってほしい。

自己責任ばかりの世知辛い世の中は息が詰まる。

これ以上自殺者が増えるような世の中にはなってほしくない。

また自分自身、死にたくなるような世の中はまっぴらだ。

ただでさえ孤独死まっしぐらの隔絶された生活を送ってるというのに、住まいまで失いでもしたらさすがに死にたくなるかもしれないからねえ。

なんせ、こんなギスギスした閉塞感でいっぱいの時代から早く抜け出したい。

…って言っても、今はまだ入口で、これからがジェットコースターの下りに入っていくっていうことなんやけど。

何かしら救いのある世界であってほしい。

その役割を担ってたのが、文化や芸術やスポーツ、娯楽全般やったと思うけど、それらがもう軒並みヤバいことになっていて、果してどこまで生き残れるか?

自分達も少なからずそうゆう救いの部分では受け皿稼業やとは思うけども、3密不可避の環境仕事では復活するにも一番最後ということになるだろう。

月末やし、今日もクラブやライブハウスの閉店の知らせがまた耳に入ってくるし、まだ持ち堪えてるところにしてもどこもかしこもクラファンに頼らざるを得ない状況に陥っている。

アニメやドラマの制作も滞ってるようで、新作の放送はどんどん延期が決まり、なんとか再放送で繋いでたりということも増えてきた。

バラエティー番組もリモートでのやりとりにどんどん切り替わってきてる。

人の接触がままならない世界において、一体どうゆう経済活動が有効になってくるのか?

ヘタしたら今後数年はその視点で動かないといけなかったりするかもしれない。

また日本だけを見てても先は見えてこないわけで。

世界各国がどのような政策でこの騒動を収束させていくのか?

生産活動や輸出入がどう変わっていくかによって、日本人の生活にもいろいろ影響が出るのは間違いない。

最悪なのは食糧難の時代の到来だ。

こうなってしまったら、自殺云々以前に餓死する可能性すら出てくるのだ。

後手後手の日本は、先に立ち直った国々からどんどん取り残されてしまう可能性もある。

しかも不幸にも無能極まりないアベ政権である。

外面だけよくて、国民の貧困にも目を向けず、他国にアホみたいにお金をバラ撒いてきたアホ政権だ。

他の国からすればただのカモでATMにされてるだけだ。

そのくせ自国民への補償には愚図愚図しやがって、野党にせっつかれてシブシブ給付しようっていうドケチ政権。

しかも、これ1回でやってる感なんか出されたらたまらんからねえ。

どうも予想通りG.W.が明けても一律緊急事態宣言延長するように考えてるみたいやけど、となるとまた重ねてスピーディーに給付してくれんことにはどないもこないもいかんよっていう話。

とりあえず5/2にはどないするか決めるっぽい。

それをふまえて、大阪府がどう動いて、うちの職場はどうしようかっていう話になるかと思う。

この休業期間中にみんな心折れてたりして(苦笑)

自分はSNSで誰かと繋がったりということをしてないので、その辺のみんなの様子は全くわからないし、勿論こちらの悩み具合もみんな知ったこっちゃない。

なので、蓋を開けてみるまではわからない。

それによってまた自分がどうしたいかっていう気持ちの部分も変わってくるかもしれないね。

いずれにせよ5月も丸丸自粛した方がいいぐらいには思ってるけども、その間に何らかの決断をしたいところ。

気持ちは焦ってるし、とりあえず何か短気のバイトでも探さないといかんかもなあとは思いつつ、これからどの業界がどうなっていくのかも見当がつかないし、何の仕事をやるにしても先が見えないことには変わらないよなあ、と。

ほんじゃもうなるようになるわとどこかで楽観的にならないと、動き出す前に不安で気持ちがひしゃげてまうかもわからんよね。

振り返ってみると、大学生のバイトから夜勤が増えて、その後卒業しても夜の仕事になって、すっかり夜行性の人間になってしまい、人生の半分以上をもしかしたら夜に活動してたんじゃないかっていうぐらい。

それが今は昼間の陽の光がなんとも気持ちよかったりする。

やっぱり人間、昼間に活動して夜は寝るもんだ。

ただ、習慣とはこわいもので、長年しみついたことをリセットしてまで新しいことができるだろうか?と想像するとやっぱり恐かったりする。

最近、耳がほんまに危険。

特に左耳の耳鳴りがめっちゃ酷い。

静かすぎると脳にきてるような頭がおかしくなりそうになるぐらいの音なので、かえって外の喧騒が聞こえてる方が落ち着いたりする。

昔住んでた実家みたいに近くに川が流れてたり、風が吹くと笹の葉が擦れる音で満たされたりしてると、だいぶ違うやろうなあって思う。

G.W.やし隣の部屋の住人もおるから、音楽をかけるにしてもあまり大きな音は出せない。

なので、隣が気にならなくてもすむようにピヤホンで音楽を聴きながら部屋の掃除を延々としたりしてたんやけど、やっぱりどうしても耳へのダメージは大きくなってしまい、痛みも感じるのでここにきてそれも断念。

マジで10年前ぐらいみたいに隣が空き部屋やったらどれだけ居心地が良いことか。

今じゃ洗濯するのもトイレで水を流すのにも気をつかう。

ストレスがたまる。

せめてカラオケボックスでも行って大声で歌って発散できたらいいのに、それも叶わない。

声自体を発せない。

隣からの吼え声や奇声は聞こえてくるけど(苦笑)

果してこんな調子でどこまで引き蘢らねばならないのか?


ところで昨日Blu-rayで観た『イエスマン "Yes"は人生のパスワード』っていう映画がよかった。

このギスギスして閉塞感いっぱいの世の中はもう自分も他人も否定、否定、否定で溢れ返ってる。

全面的な肯定感を欲してるせいか最近気になってた。

先行きが全く見えない今、少しでも前向きな気持ちにしてくれる作品が観たかったから。

のっけから、ああ、自分も同じノーマンやな、と。

ジム・キャリー演じる主人公は、このままいくと孤独死まっしぐらな自分とも共通して感情移入できる部分もけっこうあった(笑)

ただ彼の場合「ユーモア」という強い武器を持ってたことも大きい気がする。

何でもかんでもYesって言えば良くなるわけもないけど、自己啓発セミナーをちょっとおちょくってる部分もあって笑えた。

劇中に「この世は遊び場よ」っていう台詞が出てきたけど、確かに子供のうちはそれでいいかもしれないけど、大人になると社会的にそうはなかなか言ってられないもの。

ただ「今」を楽しむということを心のどこかで常に忘れないようにしないと人生がつまらなくなるのは確か。

自分が窮地に立ってる時、不思議と今必要な本や音楽や映画などと出逢って救われることが多かったけども、もしかしたらこの作品も今の自分にとってとても救いになる映画かもしれない。

劇中のミュンヒハウゼン症候群っていうバンドの音楽が妙に気になった(笑)

♪Munchausen by Proxy/『Yes Man』
 
 

 


     Munchausen by Proxy『Yes Man』を聴きながら…。



  1. 2020/04/30(木) 16:09:52|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

遺すもの、遺したいもの

毎日毎日ちょっとずつ部屋の整理、掃除をしているが、この部屋に引っ越してからもうおよそ20年近くになるだろうか?

その時以来全く手つかずになってる部分もあったりして、常にいる部屋にも関わらず知らない発見があったりしてビックリする(笑)

自分が買ったものでももうすっかり忘れてたりするものも多いし、持ってたところでこの先使うことなんてないだろうものも多い。

こんなのこんまりからしたらみんなさっさと捨ててしまってなもんなんやろうな。

捨てるなら捨てるでこれまたけっこうパワーが要るものも多かったりする。

いろいろほじくり出してみて感じたのは、圧倒的に本とCDが多い。

ほんまにオレってこれらのコンテンツによって出来上がってるんやなあって思ったもんなあ(笑)

後Blu-rayやDVDやVHSにしてもそうやけど、こうゆうのって自分に子供ができたらあれこれといじくらせてやりたいなあって思ってたんよね。

自分の財産ってこんなもんしかないから。

心を豊かにできるものはたくさん持ってるっていう。

でも、結局自分は結婚して家庭を作るという選択をしない人生だった。

気がつけばもう自分自身無自覚にとんでもないオッサンになってた。

見た目はともかく年齢が(笑)

ここにきてこの新型コロナ禍でどん底転落直前の状況。

この先生きてて何かいいことあるんかなあ?

現状維持は後退だと思い知った今日この頃やが、このままいくと現状維持すら奇跡になってしまいかねない。

なんとか災い転じて福と成すという方向には持っていきたいのだが。

世知辛い世の中やけど、まだまだ自分に何かできることはないか?

こんな世の中になっても何をやりたいか?

日々自問自答。

今のところ自分の子孫を遺せそうにはないし、自分の存在を多くの人達の記憶に遺そうという気持ちも失せてたし、ひっそりと人知れず跡形も無く消えてしまえばいいかななんてことも頭には過る。

でもなあ、やっぱりせっかく生きてるんやから、何かしら自分が生きてたっていう証しは遺した方がいいんじゃないかとも思うんよね。

何ができるかはわからんが、点を繋いで一つの形にできたらな、と。

可能性とか、希望とか、わずかでも光を見出していかないことには、この先生きていく気力まで失せてしまいそうやからね。

結局はまだ「誰かのために」が「自分のために」なるって感じてるってことだ。

何だろう、自分の精神的な部分で何かを遺したいっていうのはいつも内なる声が言ってる気はするねんなあ。

というような感じで、自分の部屋の整理、掃除も、自分の心を整理してるような感覚があって、自分がどうしたいのか?っていうビジョンを部屋の中にも投影しようとしてる。

だから現状は、あまりにもカオスで、とっ散らかって集中できないし、あれもこれもと中途半端になって、覚悟ができていない様が心の鏡のように映し出されてるということになる。

そりゃいつまで経っても幸せとは程遠くなるわ。

そんなことをあれこれ考えてると、見方を変えればこの自粛引き蘢りも有意義な時間のようには感じられる。

これぐらいのショックな状況に陥らないといっこうに自分も変わろうとしなかったりするからねえ。

まあもうG.W.突入かと思うと残りそんなノンビリもしてられないけれど。


♪34423/『Phantasmagoric』
 
 

 


     34423『Phantasmagoric』を聴きながら…。


  1. 2020/04/27(月) 19:57:14|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

前のページ | ホーム | 次のページ