FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

失うことは怖いけど、恐れてばかりじゃ進めない

阪神淡路大震災から昨日でちょうど13年

その時京都にいましたが、あの時の揺れは半端じゃなかったです。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-225.html

周りでもあの時に誰かが亡くなったっていう人は多いです。


最近キーボードのOさんと話をしていて

「ピアノは持ってないんですか?」

っていう話題になった時に、

「地震で家が潰れてもうてなあ~」

なんてことをサラッと言ってはりました。

その時に否応無しにいろんな物を失ってしまったんでしょうけど、そんなサラッと言ったOさんを見ていて、人ってけっこう強いもんなんやとふと思ったもんです。

あの地震はいまだにたくさんの人の中に多くの傷跡を残してますけど、それでも遺された人は頑張って生き続けてるわけですよね。

亡くなったその人達の分まで。

いろんな思い出の品物だとか写真だとかそんなものもこういった災害がきたら全て失ってしまうかもしれないんですよね。

結局最後まで残るのは心の中にあるものってことになります。


オレの2008年のテーマは「整理」だと元旦に宣言しました。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-568.html

今年オレが失うものはたくさんあります。

そしてそれはとても大きなものです。

だからこそ、本当に大切なものを見極めないといけません。

何が自分にとって必要なのか?

後で取り返せるものだってあるでしょうからね。

それを考える猶予があるだけでもマシなんだと思います。

思い出ばかりにすがって生きていくことはできません。

顔を上げて、上を向いて、前を見て、進んでいくしかないのです。

生かされてることのありがたみを忘れないように。

生きていれば苦しいことも多いですけど、いかなる状況に陥ったとしても、笑顔を取り戻せるかどうかは自分の心の持ち様次第です。

自分を救えるのは結局最後は自分しかいません。

失うことはこわいです。

その大切さは失ってみてから気づくことも多いでしょう。

また逆に実はそれほど必要でもなかったんだと気づくかもしれません。

それでも本当に心の底から大切にしたいものがあるなら、それはとことん守るべきものだと思います。


今の日本人はもっと「死」と向き合うってことも必要なのかもしれませんね。

そのことによって「命の尊さ」っていうものを実感していかないと、人は死に向かって生きているってことをどこかに置き忘れてしまうから真剣になれない部分も多いように思います。

今こうしてる間にあの規模の地震がオレの身にふりかかってきたとしたら、到底生きていられるとは思えません。

一瞬で死んでしまえたなら諦めもつくんでしょうかねえ?

オレはまだ死ぬわけにはいきません。

今のまま死んじゃったら悔しすぎます。

後悔しないような生き方をしたいもんですが、実際今死んじゃったら後悔だらけです(笑)。

どうせ死ぬなら愛に溺れてから死にたいです(爆)。


人って喪失感に捕われている間は呆然と立ち尽くし、前に進めなかったりするもんです。

失ったことを認めたくないからですよね。

渦中にいる間はなかなかまともにはなれないですし、それを受け入れられるようになるには誰しも時間が必要ですが、

「人は一人だけど一人じゃない、一人じゃないけど一人」

っていうことを知れば、そのうち立ち上がれるんじゃないかと思います。

人は痛みや苦しみを受け入れていけるようになる度に大きくなっていけますよね。

そしてそのことによって誰かを大きく包んであげられるような気がします。

逃げないで、自分と向き合い、痛みや苦しみを受け入れて、喜びを分かち合えるように、笑顔を取り戻しながら生きていければ、人は強くなれるんだと思います。



Ballads  Memories


今日はとってもせつない曲でこの曲を聴くといろんな思いがこみ上げてきちゃうんですが、globe『Precious Memories』のLIVE映像を紹介しましょう。

♪懐かしくても会えずに どこにいるかもわからずに
 偶然街ですれ違っても 気づかずにお互いの道を目指してる


ああ、メッチャ泣きそう(笑)。







     globe『Precious Memories』を聴きながら…。

スポンサーサイト



  1. 2008/01/18(金) 19:21:49|
  2. 人生|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ