FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

映画版『SEX AND THE CITY』を観てみました♪

SEX AND THE CITY [THE MOVIE]

女性に大人気の海外ドラマ『SEX AND THE CITY』ですが、男ではあんまり観てるっていう話を聞きません。

何ででしょうね?

おもいっきり女性からの視点で描かれてるんで男性ははなから興味がないんでしょうかねえ?(笑)

男性もこれを観て女性を勉強すりゃええのにってよく思うんですけど。

先月の頭ぐらいに映画版の『SEX AND THE CITY THE MOVIE』のDVDをレンタルして観てみたんですが、感想書くの忘れてました(笑)。

オレは今毎週地上波深夜でやってるのをチェックしていて、シーズン4の始めの方までは観たんですが、この映画の冒頭でこの先の展開がわかっちゃうようなことをやってたんで「しまった」と思いました(笑)。

この映画は完全に続編になっちゃうんですよね。

んなもんで、この映画を観て、最初思ったのが

「みんな老けたなあ~」

ってことでした(爆)。

だって今まだシーズン4観ていて、いきなりこの映画を観たら急に老けたように感じちゃうのも当然ですよね。

サマンサなんてこの映画で50歳の誕生日やってましたからアラフォーどころやありません(笑)。

普段なら字幕で観る映画も、この作品に関しては吹き替えの方で観ています。

以前、映画の日に『ハンコック』『デトロイト・メタル・シティ』『20世紀少年』をハシゴした日のことを書きましたが、ちょうどこの映画も公開していて、多くの女性がチケットを買ってるのも目にしました。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-651.html

何でも観客の9割が女性だったとか。

それだけこの作品が女性の共感を呼ぶものがあって、恋愛やセックスが最大の関心事だってことなんやと思います。

女の本音がズバズバ出てくるんで、女が集まったらこんなこと話しとるんか?!ってなことを男やったら時にはゾッとしながら観てしまうかもしれません(笑)。

と同時に、女って男のこんなこともわかってないんやなあ?なんて感じることもあったりしますけどね。

この映画版で柱となってるのはキャリービッグの結婚です。

で、「結婚」っていうのが大きなテーマとしてあったんですが、これはいまだに独身であるオレにとってもいろいろと考えさせられるところがありました。

だがしかし、この映画のビッグを見てたらオイオイなんぼなんでもそんなことするかあ?とツッコまざるを得ませんでした(笑)。

同じ男としてありえないことしよるんですわ。

この期に及んで何を?みたいな。

ただオレも結婚を単純に「幸せになるため」なんてことには捉えていない人間なんで、「責任」を感じれば感じる程こうゆう気持ちになってしまうのもわからなくはないかなっていうのはありました。

それでも、この人となら一生一緒にいられると心から感じることができた経験はあるので、結婚して失敗するかもしれないっていうような不安もそれほどはありません。

まあなのにいまだに結婚してないのは自分自身の問題にほかならないんですけどね。

映画に関して言うと別にわざわざ映画館にまで行って観ないといけない作品でもないとは思いましたけど(笑)、普通に面白かったです。

ただこれはもう今までにドラマを観ていたことが大前提ですけどね。

映画ならではっていう点ではジェニファー・ハドソンがなかなかイイ味を出していました。

ところで女性のみなさんにお聞きしたいんですが、ワサビをアソコのワレメなんかに入れて大丈夫なもんでしょうか?(笑)

この映画でそんなアホなことする人は一人しかいませんよね(爆)。

たまにメンソレータムを塗ったりするプレイのことは聞いたりしたことがありますけど(笑)。

彼女なりの愛情表現が出ていて好きなシーンやったりします。


さて、SATCの話題になると女性からよくこの4人なら誰を選ぶかっていう質問をされます。

本音を言うと誰も選びたくありません(笑)。

いやあ~、だってこんな赤裸裸な感じで見せられたら嫌でしょ(爆)。

で、あえて言うとしたらこれはもう消去法でシャーロットってことになります。

サマンサみたいな自由奔放なタイプは遊ぶのにはいいかもしれませんが、本気で付き合うのは気苦労が絶えないでしょう。

病気も怖いですし、ヤリマンは嫌ですよねえ…。

今回の映画では昔とは状況は変わってましたけどね。

キャリーはビジュアル的にはOKですが、あんなヘビースモーカーは体質的にアレルギーがあるので絶対無理!!

ただこの映画では1本も吸ってなかったように思うんですが、TVシリーズ後半で禁煙に成功したんでしょうか???

ミランダは性格的にちょっとキツいですよね。

口が立ち過ぎる女性っていうのは…。

本人も自覚してるように弁護士やってる女性っていうだけで引け目を感じてしまう男は多いでしょうね。

自分が頼りない人間に思えてきて劣等感を感じてしまうなんてこともあるかもしれません。

男はただでさえ女性に口では負けるので、それが弁護士ともなるとなおのこと苦手に感じてしまうっていうのもあるでしょうね。

インテリ女性も決して嫌いじゃないんですけど、それが前面に出てて柔らかさを感じないタイプはちょっと敬遠してしまいます。

余談ですが、ミランダってめっちゃ毛深いんですね(笑)。

今回ミランダだけはおもいっきり乳揉まれながら悶えてました(爆)。

で、シャーロットってことになるんですけど、4人のうち一番「乙女度」が高いっていうのがあるでしょうね。

オバハンを想像させられる性格の女性はやっぱり恋愛対象として見れませんからねえ。

恋心なんて冷めてしまいますから(笑)。

いくつになっても「かわいらしい」部分を持っていてほしいもんです。


SATCは男女のいろんな現実を目の当たりにしても、恋する気持ちを忘れずに生きようとしてる姿がステキに見えちゃったりするんでしょうね。

理屈やなくて、感じるから仕方がないやんっていうような。

良くも悪くもその本音をさらけ出してるところがたくさんの女性の共感を呼ぶような人間的魅力に繋がってるんやと思います。


今回で完結するはずの話が、どうやらまだ続編作るみたいですね。

ってことはまた誰かごっつトラブるってことなんでしょうけど(笑)。







Sex And The Cityサントラ

今日は劇中でも使われてたFergie(ファーギー)『Labels Or Love』のPVをどうぞ♪

ちゃんとSATCのテーマ曲のフレーズが使われてるのが好感持てるところです☆





     Fergie『Labels Or Love』を聴きながら…。



  1. 2009/06/30(火) 01:39:51|
  2. 映画・ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

前のページ | ホーム | 次のページ