FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

続・ネッ友さんのお父さんからの言葉。。。

人生とはなんと儚いものでしょう。

職場である人の訃報を聞きました。

交通事故だったそうです。

いつもヘラヘラしていて楽天的なイメージの人でしたが、実は身寄りがなく、葬式も知り合いの方が出してくれたそうです。

それを聞いて、何かやるせないものを感じましたね。

人間、いつ何が突然起こるかわかりません。


20030725.jpg

6/7は心臓病で亡くなったネッ友さんのMちゃんの命日でした。

あれからもう2年が経ちます。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-769.html

オレは彼女と彼女のお父さんから話を綴っていくことを託されていましたが、オレの中で言葉が出なくなるような状況になってしまったため、それができないでいました。

だから、今日は去年のお父さんからの話の続きを掲載しておくことにします。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-852.html

以下は、当時の日記を編集したものです。


************************************


ネッ友さんが心臓病で亡くなり、ネッ友さんのお父さんが彼女から託されていたことを最後にあれこれされていて、今でもお父さんとメールをやりとりさせてもらってることを昨日書きました。

お父さんが彼女が亡くなってるところを見つけた時の様子を伝えてもらった日記をそのまま引用させてもらったんですが、それでネッ友さんにとっても最後の日記になるハズでした。

それが彼女の死後、明らかになったことがあって、そのことも少しでも若い人達に知ってもらいたいという思いでお父さんが綴られていたので、また掲載させてもらおうと思います。



「前回の報告で最後にしようと思いましたが、じんくんをはじめとして、たくさんのご親友の方々から本当に有難い手紙を頂戴し、今一度キーを叩いています。

じんくん、すまないが私はパソコンの方が書くのが早い、誤字もない、伝えたかったこと、こちらの方に書かせてもらいますね。

娘の気持ちになって考えてみても、あの子が一番こうすることを望んでいるような気がするからね、

しかし、ご親友の方々の暖かいお言葉と早過ぎるというお声に我慢ならなくなり、納得のいく説明をするべきこともまた、父親としての努めだと思い、また、じんくんのように一人でも多くの方に、娘のことを語ってほしい、そして、娘が最期に成そうとしていたことを受け継いでいってほしいという願いで駄文ながら書かせていただきます。

娘は、六月に入り、仕事復帰したのと同時に、ある出来事と密かにたった一人で戦っていました。

それは、知り合いの裏切りを制裁すること、でした。

ここから先は私達家族も昨日知り、娘の理解者であったじんくんさえも知らない、娘が人生で味わった二度目の屈辱、そして、最大の許されざるべく行為、娘の心臓をたった数日の間に止めてしまった、間接的殺人犯罪だ。

娘は、今年に入り、ある知人に金を貸した、娘のようなただの事務員ではたいした額だ、仕事がしたくても出来なかった娘が大事に残していた貯金をおろしたのだろう。

このままでは生活できない、五月の終わりになればまともな金額が手に入るから、それまで助けてほしいという類のことを泣き付かれて言われた。

仕事ができず苦しむ娘にとって、その気持ちはきっと痛い程よく分かってしまったのだろう、娘は少しずつ、少しずつだが、しかし確実に、金銭を巻き上げられていった。

だが、娘もそこまでお人好しではない、次第に相手に対し不信感を抱きはじめ、親友に相談をはじめたそうだ。

そのうち、また次の要求が入院中の娘の携帯に届く、しかし娘は自身の入院費用を優先させ、悩んだあげく断った。

そして、退院。

六月がやってきた。

娘は相手に手紙を送り、金銭の返済がいつ頃になるかを自身の今後の状態も交え聞いた、しかし、返事は来ず。

何度か聞いているうちに相手に指定拒否をされはじめて自分が詐欺にあったことに気付く。

だが、唯一の手段である携帯は拒否され連絡取れず、相手がどこにいるのかも、名前さえも知らない。

そんな相手に金を貸した娘のしたことも間違いではあるが、優しい娘には放ってはおけなかったのだろう。

しかし、裏切られてからの娘は一人で孤独な戦いをはじめた。

たった一つの手掛かりをもとに相手を追跡しはじめたのだ。

たとえ入院費用が気になるからといって普通はそこまでしない、出来るような子ではない、何故、そこまで娘が怒りに身を震わせ反撃を開始したのか、それは愛した恋人をまさに金銭詐欺で殺害されたからだ。

もう何年前になるであろうか、娘には一生傍で添い遂げたいと思えるような相手がいた、非常に癒されて笑顔が素敵だったとよく聞かされたものだ。

彼もまた、汚れのない心を持っており、友人に多額の融資をした、しかし結局は裏切られ、挙げ句に殺された。

まさに娘がされたことと同じ状況だ。

さぞ辛くて悔しかったことだろう、友だと信じていた者に裏切られるということは。

娘は自分を裏切った相手を成敗することで、亡くなった彼の分まで悪の根源をひとつでも絶やそうとしていたのだ。

しかし、その正義が返って娘の寿命を縮める結果となってしまった。

あんな身体でどれだけの痛みを抱えながら最期まで戦っていたのかを考えると、なんとも無力で無知だった私は情けなさで心が痛むとともに、許せない怒りを抑えることができない。

娘の代わりに私が戦い、必ず悪を制裁してみせる、どうかご親友の方々、娘の死を悔やんでいただき誠に光栄だが、もう先の道を目指していってほしい、この世から少しずつでも悪の根を絶やし、正しい道を切り開かせ、間違いを制していけるような、そんな人間になっていただきたい。

これからの未来を変えてゆくのは私達のような老人ではなく、貴方がたのような若人達だ。

じんくんがかつて、間違いに走りそうになった娘を止めてくれ正しき道へと導いてくださったように、どうか一人でも多くの方が、人々の心の内に呼び掛け、響かせ、浄化させていけるような、そんな未来を期待して、今度こそ最後の言葉とさせていただきます。

娘の退会手続きはじんくんの了解を得しだい、行いたいと思います。

本当に有難う
父、○○」




この日記を昨日1日アップされると、

「これで娘がここですべき事は終わりました、これからも娘を宜しくお願い申し上げます」

という言葉をいただいてから退会されました。


オレの日記を長い間読み続けてくれてるネッ友さん達はご存知だと思いますが、オレはよく「許す」ということをテーマに日記を書いてきたりもしました。

それがいかに人が生きる上での課題となるかと思うことが多いからなんですけどね。

そうゆうことを書いていても、Mちゃんはものすごく強い調子で絶対に許せない人間が存在することを言ってたので、よっぽど何かあったんやろうなあ?とは思ってたんですよね。

そうすると後に「4年前、最愛の彼が信じてた人に裏切られて殺されてしまった」という話を日記の中で打ち明けられてました。

まあ、それが元で彼女の心は壊れてしまったんですけどね…。

ココ最近彼女が何らかのトラブルに巻き込まれて、過度のストレスから動悸や過呼吸に見舞われて苦しんでいたことを打ち明けられ、何やら裁判で闘おうとしてたことももしかしたらこの彼の事件と関係してるんちゃうかな?なんてことが頭によぎりました。

彼を殺した犯人は無期懲役の刑で刑務所に入ってるっていうことなんでそれもおかしいしなあ?って「?」だったんですけどね。

でもお父さんがおっしゃっていたように間接的にはやっぱり関係してるんですよね。

彼女は今の自分にはできないことがたくさんあるから、生きてるうちに少しでも誰かのために何かを与えられる人間になりたいと思っていたから、彼女のした善意の行動はとてもよくわかります。

そんな真っ正直で優しすぎるところにつけこまれちゃったんでしょうけどね…。

そもそもこうゆう金銭的な貸し借りに関しては何でちゃんともっと周りに相談してからせえへんかったんやとオレならMちゃんに説教してしまいそうでしたけど(笑)、だから今までそんな話は誰にもしようとしなかったのかもしれませんね。

相手を信用して、なんとか自分でこの件に関しても解決するつもりやったんでしょう。

それがここに来て年内持つかどうかっていう余命宣告をされたことで余計に焦ってしまったのかもしれません。

「必ず加害者に制裁を加え、少しでも狂った世の中を改善できればと思わざるを得ません」

なんてことを病状もかなり良くないのに最後の方のメールで言ってきてたんでごっつ心配してたんですけどねえ…。

お父さんから真相を聞いて、そういうことやったんかと納得しました。

ほんまにひどい人間がいるもんです。

彼女とその知人がどういった関係で、どこまでお互いのことを知ってたのかはわかりませんが、少なくとも彼女が心臓を患ってることを知ってるならば、ストレスがもたらす影響がいかほどのものなのか?とか入院や手術に関しての費用の心配だとかもっと相手の事を思いやることを考えても良さそうなものなのに、自分のことばかりしか考えていない身勝手さ…。

もしそれでのうのうと生きてるんやとしたら、やっぱり今は許せないですよね。

このことがまた御家族のストレスにならなければいいんですが、確かに放っておけない事実ではありますからね。

なんとかして相手が見つかって、法的に罰を受けて悔い改めてほしいと思います。



彼女からもらったメールの最後から2通目がこの件に関しての相談でした。

そして一番最後にもらったメールというのが彼女が亡くなる数時間前に届いていたもの。

この話はまた今度。

たぶんそのメールの内容に関してはお父さんも知らないことなので、どういった形で書いていいものやらちょっと考え中だったりします。

彼女のことを綴ったら、ちゃんと報告しないといけないですから(笑)。


************************************


といった内容でした。

この事件の真相はやがて明らかになりました。

この続きを綴るのは、また1年後になっちゃうんでしょうか?(笑)

まあ気が向けばまた近いうちに続きを書き記しておくことにしましょう。

いずれにせよ託されてますし、「約束」ですからね。



Tomorrow.jpg

今日はMちゃんが人生のテーマ曲を挙げるならということで以前紹介した渡辺美里『My Revolution』と同時にもう1曲挙げていた岡本真夜『TOMORROW』のPVをどうぞ♪

実はオレはこの曲全然好きやないんですが(笑)、歌詞を聞いてなるほどたくさんの人に力を与えてあげられる歌やなあって改めて思いましたね☆





     岡本真夜『TOMORROW』を聴きながら…。




  1. 2011/06/08(水) 11:06:49|
  2. 人生|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

前のページ | ホーム |