FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

2011年上半期によく聴いたアルバムTOP100♪

今日は2011年上半期によく聴いたアルバムTOP100♪の発表。

2011年上半期によく聴いたアーティストTOP100♪

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-889.html

2011年上半期によく聴いた曲TOP100♪

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-890.html


以前に比べてCDを買うことが極端に減ったように思います。

音楽を聴くことに関しては以前と何も変わらず、音楽のない時間と空間の方が圧倒的に少ない生活を送ってはいますけどね。

極力レンタルですますことが多くなったことと、買ってまで聴きたいっていう欲求をかきたてられる作品が少なくなってきてるのは確かでしょうね。

オレですらそんな状態ですから、普通の人なんかなおのことそうなんじゃないでしょうか?

ダウンロードですませちゃう人も増えてきてますし、YouTubeだったり共有ファイルで落としちゃう人も多いはずです。

もはやCDの時代が終わるのも時間の問題かもしれません。

レコードからCDに移行する時は、ジャケットが小さくなって物足りなく感じたものでした。

それが今ではCDジャケットからiPodなんかでのアクセサリー的な画像にまでに小さくなりましたね。

楽曲が個別で聴かれる時代に突入し、アルバムっていう単位で作品を聴かれることが希薄になってきた現在、きっちりとしたコンセプトで創られた作品に余計に魅力を感じます。


1.小室哲哉 – Digitalian is eating breakfast 2
2.The Go! Team – Rolling Blackouts
3.MAA – Monkey Kingdom
4.RADWIMPS – 絶体絶命
5.Pendulum – Immersion
6.青木カレン – Voyage
7.Katy Perry – Teenage Dream
8.Ashley Tisdale – Guilty Pleasure
9.Lady Gaga – Born This Way [Disc 1]
10.Janelle Monáe – The ArchAndroid
11.Daft Punk – TRON: Legacy
12.Taylor Swift – Speak Now
13.Saori@destiny – WORLD WILD 2010
14.キノコホテル – マリアンヌの恍惚
15.Taylor Swift – Taylor Swift
 Kelis – Flesh Tone
17.Cascada – Evacuate The Dancefloor
18.Sting – Symphonicities
 Kenmochi Hidefumi – Shakespeare
 LIL – Synchronize
21.school food punishment – amp-reflection
 PAX JAPONICA GROOVE – Fantastical Adventure
23.上原ひろみ – Voice
 茅野嘉亮 – Cosmology
25.サカナクション – KIKUUiki
 Everything Everything – Man Alive
 バニラビーンズ – VaniBest
28.ASIAN KUNG-FU GENERATION – マジックディスク
 ストレイテナー – STOUT
30.Bibio – Ambivalence Avenue
 Trent Reznor & Atticus Ross – The Social Network
32.cargo x seira – FLOWER SHOWER
 サカナクション – ルーキー
 globe – 15YEARS CHRONICLE ~ON-AIR & OFF-AIR~ + UNRELEASED TRACKS SPECIAL CD
35.サカナクション – シンシロ
36.TM NETWORK – GIFT FOR FANKS
 The Who – Greatest Hits & More
 Cash Cash – Love or Lust
39.80kidz – WEEKEND WARRIOR RENTAL EDITION
40.Sweet Vacation – Cover the Vacation!!
 quasimode – Magic Ensemble
42.Jeff Beck – Emotion & Commotion
 小室みつ子 – resonance - EP
44.Owl City – Ocean Eyes
 Glee Cast – Glee: The Music, Volume 3 Showstoppers
 Samantha James – Subconscious
47.Blue Six – Noesis
 柴咲コウ – 無形スピリット
49.Black Sabbath – Greatest Hits 1970-1978
 DJ KAWASAKI – Paradise
 Ke$ha – Cannibal
 Jimi Hendrix – Voodoo Child The Jimi Hendrix Collection (Disc 1): [Studio]
 BOOM BOOM SATELLITES – EXPERIENCED
54.Four Tet – Rounds
 KREVA – クレバのベスト盤
 Chase & Status – More Than Alot
57.Roni Size – Return to V
 冨田勲 – 展覧会の絵
 Michael Jackson – This IS IT [Disc 1]
 少女時代 – Oh!
61.Marina & the Diamonds – The Family Jewels
 UVERworld – Neo SOUND BEST
 All Night Dynamite – Digital Thrill
 小室哲哉 – TK Best Selection in Epic Days
65.Clémentine – 続 Animentine
66.サカナクション – Night Fishing
 サカナクション – Go To The Future
 Gary Moore – Out In The Fields: The Very Best Of Gary Moore [Disc 1]
 Hindi Zahra – Handmade
 キノコホテル – マリアンヌの憂鬱
71.The Go! Team – Thunder, Lightning, Strike
 The samos – Kafka High
 Ken Ishii – KI15 - The Best of Ken Ishii
 Selena Gomez & The Scene – A Year Without Rain
 凛として時雨 – still a Sigure virgin?
 BUMP OF CHICKEN – COSMONAUT
 Discotheque – GOODBYE
 日本マドンナ – 月経前症候群 ~PMS~
79.MSTRKRFT – Fist Of God
 The Hundred in the Hands – The Hundred in the Hands
 Asia – Classic
 ストレイテナー – CREATURES
 globe – 15YEARS -TK SELECTION- CD02.EARTH
84.たむらぱん – ナクナイ
 Aira Mitsuki – ??? (スリークエスチョン)
86.TM NETWORK – RHYTHM RED
 Röyksopp – Junior
 Massive Attack – Heligoland
 浜崎あゆみ – Love songs
90.Tica – Weight-Less
 Taylor Swift – Fearless
 Yellow Magic Orchestra – UC YMO (Disc 1)
 Christina Aguilera – Burlesque Original Motion Picture Soundtrack
94.AK – Say that You Love Me
 Calvin Harris – Ready For The Weekend
 Ke$ha – Animal
 AAA – Buzz Communication
98.Jeff Beck – Who Else!
 Howard Jones – Metamorphosis
 RAM RIDER – PORTABLE DISCO
 Yellow Magic Orchestra – UC YMO (Disc 2)
 Everything But The Girl – The 90s Collection
 Glee Cast – Glee: The Music, Vol. 1
 Lady Gaga – The Remix
 北乃きい – 心



何か気になる作品や意外な作品はありましたか?


では3曲ほど紹介しましょうか。


Digitalian is eating breakfast 2

先ずは第1位小室哲哉『Digitalian is eating breakfast 2』より『Extreme』を。

ほんっとにこの前のDOMMUNEUstLIVEの感動が今でも忘れられません。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-888.html

この曲も改めてその時カッコイイなあと思った曲の一つです。






Rolling Blackouts

続いて、第2位The Go! Team『Rooling Blackouts』より、『Voice Yr Choice』を。

The Go! Teamは心斎橋クラブクアトロまでLIVEを観に行きましたが、多国籍で、ユニークで、なかなか面白いバンドでした。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-886.html






Monkey Kingdom

最後に、第3位MAA『Monkey Kingdom』より、『Ghost Enemy』のPVを。

和製レディー・ガガなんて言われてるようですが、確かに曲はエレクトロ風味が強くて、イイ感じにポップで残るメロディー、そしてインパクトのあるタイトルと、今後も期待したい感じではあります。






アルバムを出して、そしてLIVEツアーに出るっていうのがアーティスト活動として一番あるべき姿やとは思いますが、これからは生のパフォーマンス能力の高いアーティストが生き残っていくでしょうね。

そしてその評判はクチコミで広がっていくんだと思います。


オレも今後もできるだけLIVE会場に足を運ぼうと思ってます。

今月はThe Music(ザ・ミュージック)BIGCAT公演、9月は安室奈美恵大阪城ホール公演、そして10/23オレの誕生日には柴咲コウ大阪国際会議場メインホール公演に行くことが決定しています。

後は9月のMr.Children長居スタジアム公演を再度チケット争奪戦参加中。

それとシルク・ド・ソレイユ『クーザ』もそろそろチケットを確保しないといけないと考え中。

さらにDREAMS COME TRUEのチケットが取れなかったので、『RUSH BALL 2011』のチケットを取ることも前向きに検討中。

なんせこんな生活をしてると夏フェスはなかなか行くのが難しいですからねえ…。



では、また半年後に、今度は2011年一年間によく聴いたTOP100の発表で。


     MAA『Ghost Enemy』を聴きながら…。



スポンサーサイト



  1. 2011/07/10(日) 20:33:12|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ