FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.17

今日もやるのか?

やっちゃうのか?(笑)

シリーズ第17弾。


81 『希望の国』
  
 

 園子温監督ならではの切り口で原発事故を描いた作品。
 よくぞ撮ってくれたっていう気持ち。
 そして夏八木勲大谷直子演じる老夫婦が素晴らしくて、本当によくぞ演じてくれたっていう気持ち。
 人ってすぐに忘れてしまうから、もう一度大切なことを思い出すためにも必要な作業だと。
 『希望の国』のテーマはおそらく絶望の中にいかに光を見出せるか?っていうのはあったと思う。
 監督はこの映画を実際に被災地の人達にも見せてたけど、確かに残酷だ。
 悔し涙しか出てこないっていう言葉が印象的やったけども、それだけこの映画が原発事故の不条理を突いていた内容だったってことだろう。
 ただこの映画は福島の原発事故があって、さらに20XX年に日本の長島県でまた原発事故があったっていう設定。
 よくよく考えてみれば2度目の過ちということになれば、こんな風に福島をなぞっただけの話ではすまないと思う。
 2度目は完全に言い訳無用である。
 日本がほんまに終わるよ。
 何かもう終わったことかのように錯覚させられている福島原発事故。
 今こうゆう映画を観て、まだまだ復興には時間がかかるのを思い出すことの重要さをひしひしと感じた。
 福島を置き去りにしてはいけない。

  


82 『ジーパーズ・クリーパーズ』
  
 

 サスペンス・ホラーとい言うよりかは、都市伝説めいたモンスター映画。
 なかなか怖い。
 
 日本のとは違う洋風の怖さ。
 
 ジーナ・フィリップス演じる姉とジャスティン・ロング演じる弟が田舎をドライブしてて、突然怪しいトラックに襲われるというまるでスピルバーグの『激突!』を彷彿させるシーンからどんどん引き込まれていく。
 
 弟が姉に足を持ってもらって、井戸の中をライトで照らそうとするシーンがあるんやけど、この時姉が「ホラー映画を見てると必ず誰かがバカをする。まさにこれよ!」って言うセリフがやけに笑えた。
 
 この姉の言うように、ホラーの古典的な演出でかなりイライラさせられたものの、ストーリーの進行は飽きさせない。
 
 これがまたシンプルなストーリーで出演者も極端に少ないというのに、素晴らしい!
 
 弟役のジャスティン・ロングの演技が気に入った。
 
 なかなかええ味出しとるよ。
 
 低予算映画でレトロな香りがするものの、全米1位にもなったらしく、既に2作目も決定しているとのこと。 
 個人的には妙にあの雰囲気を楽しめたのでオススメなんやけど、実はこの作品の評価が本当にボロクソ。
 ツッコミどころも多いし、モヤモヤもするけど、そんなに酷いかなあ?

 


83 『テルマエ・ロマエ』
  
 

 ノイタミナで観てたから内容はある程度わかってたんやけど、その時はよくまあこれを実写映画化するよなあ?需要あるんか?なんて思ってたら、なかなかヒットした様子。
 しかも映画として一つの作品によくまとめたと思う。
 何が凄いって阿部寛、市村正親、北村一輝、宍戸開らが外人に混じって古代ローマ人役をやってることの違和感の無さ加減が凄い(笑)
  阿部寛演じるルシウス本人はほとんど笑わないのに、観てる方はめっちゃ笑えるっていう(笑)
 股間のアングルも気になった(笑)
 後半はけっこうシリアスな展開もあって、映画らしくなってた感じがした。
 セットとか美術面が特に豪華な感じがしたなあ。
 後は上戸彩がなかなかかわいらしかった。
 あの子やっぱり童顔やね。
 そして意外と巨乳かも?(笑)

 


84 『レスラー』
 
 

 プロレスは人生の縮図。
 人気レスラーがピークを過ぎ、落ちぶれながらも必死に生きていく陰の部分に人生の悲哀を感じずにはいられない。
 プロレスファンとしてはあまり見たくない部分もしっかり盛り込まれていてリアルだった。
 『ブラック・スワン』の監督だけあって、あの演出同様同じ衝撃がある。 
 この映画は最初、制作会社はニコラス・ケイジを主演に起用しようとしてたらしい。
 でもミッキー・ロークで正解だったと思う。
 あの大きいけどボロボロの肉体、あのおちぶれた人気レスラーの雰囲気はニコラス・ケイジでは説得力が出なかったやろうしね。
 何か忘れられない映画の一つとなった。

 


85 『クワイエットルームにようこそ』
 
 

 「来た来た!股間にしこまれたそのいやらしいものが動きだした。確実に私のドングリを刺激するように取り付けられているそれは、容赦なく振動を繰り返す。イクッ!と言うより、来るっ!という感じ・・・」
 小林大介という作家の『よくばりな景子先生』っていう官能小説を風俗をやってる内田有紀が朗読し、それを聞きながら宮藤官九郎がバツゲームでオナニーをしてるっていうシーン。
 面白いなあって思ったのは宮藤官九郎が右手の指で服の上から自分の乳首を刺激し、左手で股間をしごいていたこと。
 ああ、宮藤官九郎も乳首が開発されてるんや!って(笑)。
 オレもエロスイッチが入っちゃうのは乳首への刺激が一番(爆笑)。
 男でも気持ちイイんやから女性やったらなおのことめっちゃ気持ちイイんやろうなあ、と。
 それはさておき、このシーン、内田有紀が官能小説を朗読してるのがまた良かったりする。
 でもこの「ドングリ」っていう表現に宮藤官九郎は笑ってしまって結局イケなかったという(笑)。
 この映画は原作・脚本・監督が松尾スズキっていうこともあって、彼の世界全開でなかなか変わってて面白かった。
 出演は内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、妻夫木聡、大竹しのぶ、中村優子、高橋真唯、馬淵英俚可、筒井真理子、宍戸美和子、平岩紙、箕輪はるか、塚本晋也といった面々。
 内田有紀演じる28歳のフリーライター佐倉明日香は、ある日目が覚めると白い部屋で拘束されていた。
 そこは女子だけの閉鎖病棟内にある保護室だった。
 オーバードーズ(薬物過剰摂取)により記憶がとんでしまっていた明日香は担当医と宮藤官九郎が演じる同棲相手の焼畑鉄雄の二人からの同意がないと退院できないということで、しばらく入院生活を余儀なくされる。
 そこで様々な問題を抱えた患者達と出会い、自分自身とも真っ向から向き合うことになるという話。
 人っていろんな面を持って生きている。
 表と裏、陰と陽、内と外。。。
 その何を見つめるかで強くもあり弱くもある、面白くもありつまらなくもある、愛おしくもあり憎くもある、そんな生き物やなあと思う。
 いろんなものを抱えながら、葛藤しながら生きてるからこそそれが人生かなとも思う。
 自分と向き合って生きていくのか?
 それとも目をそらしながら生きていくのか?
 多彩なキャストでユーモアいっぱいに描かれていたこの映画はなかなか見応えがあった♪
 現代人の弱さ、脆さ、図太さに自分を重ねて逆に前向きになれるところがいいのかもしれない。
 また見てみたくなるような作品。
 芥川賞にノミネートされたっていう原作小説もどんな感じで書かれてるのか読んでみたくなった。

 


♪LOVES./『Naked Me』(『クワイエットにようこそ』主題歌)
 




他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.1↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-922.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.2↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-923.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.3↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-924.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.4↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-925.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.5↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-926.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.6↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-927.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.7↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-928.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.8↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-929.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.9↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-932.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.10↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-933.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.11↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-934.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.12↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-942.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.13↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-949.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.14↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-950.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.15↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-951.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.16↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-952.html



     LOVES.『Naked Me』を聴きながら…。



スポンサーサイト



  1. 2013/07/30(火) 09:52:16|
  2. 映画・ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ