FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

日々迷走

今の仕事に見切りをつけるとしたら、どうゆうことがあるのかというのは常に自分の心の中にはあったことで、今の心境に至るその布石として、昨年些細ではあるが決定的な引っかかり、しこりができたということも大きい。

がっかりしたというか、アホらしくなったというか、やっぱりかというか。

元々この場所に何かを期待してはいけないというのはあったので、ある意味お互いある線を守りつつ利用しているというのが正しい見方だろう。

これだけ長く居続ければもはや居るのが「あたりまえ」になってるのかもしれないが、自分の中ではそんなことは全くない。

ただひたすら今を頑張って積み重ねてきたらこうなってただけのことだ。

未だに自分に向いてるなんて思ったことは一度もないし、居心地がそれほど良いのかと言うとそうでもない。

人は自分が思ってるほど他人にはそれほど興味を抱かないというのを利用しながら、自分の価値観をどう優先させるかを考え、極力自分に支障の出ないポジションと距離感を取り続けただけである。

だから自分のほんの一面を見せているにすぎない。

そうしなければ今頃とっくに居なかっただろう。

前にしゃしゃり出るようなタイプではないし、裏方に従事してるからこそ維持継続できている。

本質的な問題は実はそうゆうことではなかったりする。

果して自分は本当に生きたい人生を歩んでいるのか?ということだ。

なんとなく自分を納得させながらここまできてしまったというのが正解だろう。

いつからか自分の道を見失ってしまったのである。

そして止まりつつも常に迷走しているような状態が続いた。

逆によくここまで来れたよなあとも思う。

かつて、自分は一体何をしたかったのか?

何になりたかったのか?

何が本当に好きなのか?

昔の自分が今の自分を見たらどう思うだろうか?

最近では、自分は生きていてもいいのかと思うことすらある。

まあ根が深刻にはできていないようなので(笑)、どこかでなんとかなるだろうと思いながら生きている節はあるのだが、こんなハズじゃなかったという気持ちは拭いきれない。

かと言ってめちゃくちゃ後悔してるというわけでもないんやけどね。

それはやってること自体にはそれなりに誇りを持って良いことだと言えるからだろう。

なんせ良くも悪くもその場凌ぎは得意だ(笑)

結局自分は焦燥と怠惰で日常をシェイクして、自己肯定感を持とうとすることに常にどこかで罪悪感を抱いている。

ささやかな幸せで満足することが自分をごまかしているように感じている部分もあるかもしれない。

そんなこんなで日々自分はこの社会の中で身の置き場を失っていってるような感覚に陥ることがある。

これってヘタしたら鬱に向く可能性も無きにしも非ず。

って言うか、明らかに自分の生き方は普通の人の人生観や価値観ではありえないのではなかろうか?(笑)

正直、ここで死んだら今まで何のために生きてきたのかわからない。

そもそも人間なんていつ何で死んでしまうのかもわからないのだから、そんなもんだと思い込んでただの一生物として存在して終えるのも何も悪いことではないのだろうが。

こんな風に今の自分を深堀していくと、何だかこれから生きていくのが嫌になっていきそうな気もするので、今日はこのぐらいにしておこうか。

こうやって書き綴っているのは、何もネガティヴなことを吐き出すのが目的ではなく、何かしら光を見出したいからなのだから。

それこそどうやったら自信をもって自己肯定感を導けるのかという部分だ。

今の自分だからこそ、どうゆう選択が良いのか?

じっくり考えてみたい。

考えるだけでは間に合わないので、先ずは同時に毎日少しずつ並行して進める習慣を自分の生活に根付かせる必要がある。

今の自分に必要なのは迷走する時間ではなくて、「瞑想」する時間かもしれない(笑)


♪ASIAN KUNG-FU GENERATION/『迷子犬と雨のビート』LIVE
 
 

 
 


     ASIAN KUNG-FU GENERATION『迷子犬と雨のビート』を聴きながら…。



  1. 2019/02/25(月) 04:44:05|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

前のページ | ホーム | 次のページ