FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

さらっとまた一つ歳をとる

このコロナ禍のバタバタで今年1年は特に異常な早さで過ぎていってる。

そんな中での誕生日、今年は特別なのでそれまでには何かを…と思ってたハズなのに、結局今までの生活クオリティーをどれだけ維持出来るか?みたいな厳しさに直面してしまったという。

おかげでいろいろと振り返って見直すきっかけにもなったけどね。

毎年言ってるけども、もはや誕生日なんて憂鬱でしかない。

特に今年の誕生日はある意味引導を渡されるぐらいの気分で、あらゆることを諦めることになるぐらいの勢いの憂鬱さだった。

思えば、この10年は何だったのか?

特別物凄い思い出があっただろうか?

良く言えば、毎日あたりまえのようにささやかな幸せに感謝しながら生きてこれたのかもしれない。

悪く言えば、平々凡々すぎて、死ぬ前にあの時は最高だったとか思えるような出来事の一つも無かった。

恋愛感情なんてものももうとっくにどこかに置き忘れてきてしまった状態で、こうも日常でときめくことって無くなってしまうものなのかと。

どんどん消極的になっていくのは、やはり自分自身が年をとってきてるという負い目もあるからだろう。

日に日に全身のあちこちがポンコツになっていく。

その中でもとりわけ酷いのが薄毛進行である。

抜け毛はひどいし、細くなる一方やし、成長がいっこうに間に合わない。

明らかに前の生え際はどんどん後退しているし、鏡で見ないからわかりにくいけど後ろの方も毛量が少なくなってるのを感じる。

前はM字、後ろはO字、それらの薄毛が進行していくとやがてそれらが繋がって、サイドの毛を残して真ん中が禿散らかしていくんやろうなあ。

バーコードは嫌やなあ。

特に前の右側の進行がヤバい。

最近では髪型をキメるのも一苦労になってきて、どうしてもすすけて見えるところが目立つようになり、自分の脳内で思ってる自分の髪の毛と、鏡に写った時の髪の毛でどんどんギャップを感じるようになってきてる。

髪の毛を洗う時も、あれだけボリュームたっぷりだったハズの毛量が全然自分の指に引っかからず、実に寂しい限りである。

ただ悪あがきで本当に効果があるのかもわからない高い育毛剤を使う気にもなれず、どうしたものやら?

まだ毛根が死んでるとはそんなに思えないのだが。

どんなに若く見えると言ってもハゲたり、これ以上白髪が増えてしまってはもうどうしようもない。

いつか完全に何もかも諦めてしまう時が来てしまうのか?

草木が枯れていくように、髪の毛が枯れていくかのような気分…。

なんて言うか、人生の四季が秋から冬に差し掛かってきてるような感覚に囚われる。

現在の自分の薄毛レベルをプロレスラーで言うと、たぶん内藤ぐらいじゃないだろうか?

まだかつての武藤や秋山みたいにまではなってないとは思う。

以上が髪の毛の危機。

将来的にかなりヤバいと思われるのが、これも前から言ってる耳鳴り。

確実に聴き取りにくくなってきてる。

そりゃそうだろう、職場での爆音は酷くなる一方やし、家に帰ってきても今ではテレビをつけただけで隣のキチガイがシャイニング状態になるので、奴の気配すら鬱陶しいのでほとんどの時間イヤホン生活を強いられているんやからねえ。

これで悪くならない方がおかしい。

耳鳴りは後々認知症に影響が出てきそうなのでコワい。

まあこれはもう昔から一生治らないとは言われてるので、ある程度は諦めてはいるが。

今の父親を見てても、これはもうしゃーないんやろうなあ、と。

このコロナ禍でまた悪くなってしまったのが目。

コロナ自粛引き蘢りで眼鏡生活をしてたら、いざコンタクトレンズに戻った時に合わなくなってた。

老眼の進行やね。

そろそろちゃんとした老眼鏡を作らないといけない。

こんな状態だから当然眼精疲労もハンパない。

目の老化がこんなにも日常生活を不自由にさせるとは、年をとってみないと全く実感できないものである。

なので耳と目のWでストレス増加中ということになる。

鼻に関しては、元々アレルギー性鼻炎があるので、花粉症は大丈夫やけどハウスダストや寒暖差は要注意。

最近ヤバさを感じてるのが口内でも歯茎。

虫歯は長年全く無くても、歯茎が下がるとはこうゆうことなのかと最近じわじわと実感してきていて、これがかなりコワい。

自分はかなり歯並びが悪いこともあるので、このままいって歯が次々にボロボロと抜けていったりでもしたらおそらく自分の命も長くない。

何よりそれをどうにかして維持する金銭的な事情が不安でしかない。

歯周病が認知症を加速させるとも聞くし、歯や歯茎はほんまに大事にしないと人生までも左右する気がする。

なんせ歯が一本でも抜けたらちゃんとまともに歌も歌えなくなってしまうからねえ。

その点、自分の声帯に関しては相変わらず強靭ではある。

自分の歌にしても今が一番最高だとは自信を持って言えるし、高音も低音も衰えていないし、バリエーションも増えている。

気管支喘息さえ気をつけていればコンデョションに関しては問題なし。

後、気になってるのがたまに心臟が不安になるのと、マジで若年性アルツハイマーが進行してるんじゃないか?と思ってしまうぐらい物忘れや記憶力の低下が酷くなってきていることだ。

自分が死ぬ時はおそらく、心不全、脳梗塞、脳腫瘍、肺炎といったら辺じゃないか?と予想している。

先日の健康診断の結果が気になるところ。

まあ未だに化け物並みに若く見られてるのは、肌艶が良いことと、皺やたるみが少ないのが大きいんやろうけどね。

とはいえ、相変わらず目の下のクマは酷いし、最近シミや今までに無かったところにほくろができてきたりしてて、こちらも枯れ具合を感じつつある。

こうゆう老化を自覚するのも良くない気はしてる。

こうやって若さを維持してる秘訣は自分が自分の年齢を自覚していないことが大きいと思うから(笑)

何かもういろいろ生きていく上で諦めなければいけないのかなあとも思ってきてしまうと、せいぜい人に迷惑をかけない死に方をしないとなあということを考える。

そんなこんなで、職場でさらっと祝ってもらったが、帰ってきたらナイナイ岡村結婚のニュース。

そうか、彼までも遂にあっちに行ってしまったか。

複雑な気分である。

ただ、若手を見てるとまだまだ自分も頑張らないといかんよなあとは思うし、自分にも後の世代のためにできることはあるようには感じている。

老害と言われないように(笑)

誕生日を過ぎると、毎年年末、年越しに向けてアッと言う間だが、今年はコロナの影響で今までとはまた違った感覚にはなっている。

当面、まだまだ様子見が続くが、なんとか耐えて乗り越えていかねばなるまい。

一日一日、踏ん張りながら、できるだけ楽しむしかないなあ。

暗いニュースも多いけどね。

親が生きてるうちは頑張って生きないと。



♪赤い公園/『ジャンキー』
 
 

 


     赤い公園『ジャンキー』を聴きながら…。


スポンサーサイト



  1. 2020/10/23(金) 08:17:03|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ