FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

アッという間に大晦日

夜中に歩いて帰ってきたのは初めてではないだろうか?

まん丸なコールドムーンが輝いていて綺麗だった。

今年は例年とは違った様相の年末となっているが、なんとかここまで乗り切ることができた。

ほんまに早かったけどねえ。

いろいろ追い込まれたりとありすぎて。

仕事したくてもできない日々がけっこうあったし、一年の4分の1ぐらい仕事してなかったような感覚だ。

コロナ禍で本来なら引き蘢るべきはずが、隣人トラブルのせいでかえってやたらと散歩する時間が増えたり、テレビを観る時間も減ったりした。

先行きどうなるかわからないので、出費も控えるしかなかった。

消費は主に食費と映画代ぐらいじゃなかろうか?

テレビをつけたくてもつけられないような状況に陥ってしまったので、欲しいBlu-rayも買わなくなってしまったし。

その元凶である隣のシャイニングはようやく昨日の夜になって帰省したようだ。

物音がしなくなったのと、昨日の夜には部屋の明りがついていなかったので、たぶんだが。

奴と壁越しに一緒に年越しなんてまっぴらゴメンだ。

鬼の居ぬ間に洗濯じゃないけども、正月は帰省せず、たまってる録画番組を観ることと、チェックしたかった映画でもレンタルしていっぱい観たいと思う。

初詣はもう遅れた頃にでもどこぞに行くしかないやろうねえ。

この御時世やし、人出の多い場所は避けたい。

毎年行ってる住吉大社もどうしたもんかなあ?

御朱印巡りを本格的に再開できるようになるまではまだまだ先になりそうな気がする。

なんせ東京がもう緊急事態宣言を出してほしそうな状況にまで陥ってるからねえ。

大阪はまだ高止まり状態ではあるけども、街中の人出を見る限りでは若い人達は過剰には気にしてない感じのようにも見える。

まあでも、滅法気をつけてはいるが、やっぱり自分もいつどこで感染してもおかしくないよなあという雰囲気はある。

思えば去年の大晦日はまだこんな深刻な世の中になるとは全く思ってもいなかった。

これはヤバいってなったのが3月末、志村けんさんの訃報だろう。

アレで一気に世間の空気が変わり、あれよあれよと言う間に緊急事態宣言まで。

自分達の仕事がここまで急にここまで追い込まれることになろうとは…。

それでも自分達のやってる仕事が「笑い」のある場で良かったなあとは思えたし、しんどいからこそ改めて感謝出来ることも見えてきたりと、そうゆう意味では悪いことばかりではなかったな、と。

ポジティブに考えるとたくさんゆっくり休めたし、仕事自体もそこまでハードな思いをせずに助かったっていうのもあるかな。

とにかく健康を維持し、なんとか生き延びることだけを考えてたような一年だった。

そんなことを踏まえながら、明日は2021年の抱負を語ろうと思う。

こんなん毎年言うてても全然覚えてないんやけどね(笑)



♪Uru/『Break』
 
 

 

     Uru『Break』を聴きながら…。


スポンサーサイト



  1. 2020/12/31(木) 06:32:47|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ