FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

ハイレゾ時代に突入

自分にとって音楽というのは公私共に毎日欠かせないもの。

一日に音楽がない時間の方が圧倒的に少ない。

しかしながら、昨今はiPodやPCで圧縮音源を再生することが増えてたので、昔聴いてた音よりも悪いわけで、そこにいつもフラストレーションがあった。

音質よりも利便性に負けていたのだ。

振り返れば、最初幼少期に音楽を聴き始めたときなんかはテレビからコードをつないでリアルタイムでスタンバってアニソンなんかをカセットテープに録音したり、レコードもカセットテープにダビングしてから聴くということをしていた。

後にはFMでエアチェックしていろいろたくさんの音楽を録音してたけども、ネットが無かった時代にタダでいろんな音楽をそれなりの音質で入手するのには最高の環境だった。

この時に出逢った音楽は現在にもかなり影響を及ぼしている。

リアルタイムで自分の最も大きなルーツであるTM NETWORKもこの時代に出逢った。

FMが今のYouTube的な役割を果してくれていたわけで、FMを試聴機がわりにしつつ、本当にほしい音楽はレコード(後にCD)を買ってもっといい音質の音源を手にするということをやっていた。

CDが出てきた当時、うちは世間一般がまだまだレコードを買ってる時代から早くもCDに乗り換えていた。

ただ、ソフトがまだちょっとしか出てなくて、しかも高かった。

初めてCDの音を聴いた時に感じた印象は、レコード独特のプチプチしたノイズのストレスを感じないとてもクリアーなサウンドだった。

しかし、何かやけにパキパキ、カチカチ、カクカクといった感じの音で、丸みや温かみが抜け落ちた音楽に感じて、そこにとても違和感があったのも強烈に覚えている。

それでもカセットテープみたいにヒスノイズを気にしたり、レコードみたいに埃や傷に神経質にならずに取り扱えたり、好きな曲をすぐに出せる便利さがとても魅力だった。

やがて世界的にCD時代が到来。

学生時代はお金もないし、今みたいにレンタルもまだ活発じゃなかった時代。

CD1枚買うのも冒険やったが、毎日の食費をつめてまでけっこう音楽に出費をまわしたものだった(笑)

レコードの時程ジャケットに喜びを感じなくはなったとはいえ、やはりアルバムの顔は大事だったし、ジャケットがあるからこそ所有感があった。

CDは再生専門で録音ができなかったため、好きな音楽を編集したカセットテープをラジカセなりウォークマン的なものなりで鳴らしてたのが、MDが出てくるとそちらに移行。

CDより音質は劣るものの一般の人にはほとんど違いもわからないぐらい音が良く、小型で編集しやすく大変重宝したものだった。

自分は一時期Hi-MDウォークマンなんてものも買ってしまったが、今となってはアレは一体何だったのか?(苦笑)

この頃にはネットも普及し、音楽のあり方が大きく変わってきていた。

特にYouTubeは革命的な登場。

ツールを使って違法アップロードにダウンロード、ネットでタダで音楽を入手する人達も増え始めた。

そして音楽業界にとって決定的な大革命がAppleによるiPodの発売とiTunes Storeによる音楽配信。

と同時にMD時代の終了。

この頃には携帯電話で音楽をDL購入する人達が増えてきて、人々の音質へのこだわりもいずこへ?

iPodが世間に浸透すると、それはもう家にあるCDラックを丸ごと持ち運べるような夢の時代の到来でもあった。

ネットに繋げばタダで聴ける音楽が溢れてる今、CDが売れなくなるのは至極当然なわけで。

たくさんのアーティストと音楽関係者が今後音楽を生業として生き残るのに試行錯誤してるという過渡期である。

こんな時代にアナログレコードに回帰する人達が増えてきたことをよく耳にするようになった。

そして自分のように本当にイイ音で音楽を聴きたい人達がハイレゾ音源に注目するようになってきている。

アーティスト側がどんなにイイ音で聴いてもらいたいと思っても、結局聴く側の環境がそれにともなっていなければどうしようもない。

イイ音で録音してもCD用に音を間引きしたり、あらかじめ携帯やPCでmp3の音源を聴くことを前提にして音楽を作る人まで出てきた。

そんな発信する側のジレンマを解消する上でも、また音質にこだわる音楽ファンの欲求を満たす意味でも、ハイレゾ音源というのは非常にありがたい。

最近、ハイレゾ対応のイヤホンとウォークマンを買って、OTOTOYやmoraからハイレゾ音源をDL購入して聴くようになってるが、やはり音への感動が全然違う。

この喜びを体感してしまうと、iPodの圧縮音源には戻りたくなくなってしまう。

ただハイレゾ音源のファイルは一つ一つが大きいので、大容量のハードが必要なのだが、これもいずれ技術革新と時が解決してくれるだろう。

それとハイレゾ音源、配信のわりにはけっこう高く売ってるのもあったりして、これって値打ちこきたいのか知らんがおかしいやろうって思う。

イイ音で聴きたいならもっと金を出せって言われてるようなもの。

しかし、本来はイイ音で発信したくても環境上断念してたもののハズなんやから、本気で普及させたいならパッケージにコストも使ってないわけやし逆に安くして、イイ音が安く手に入るっていうことをアピールするぐらいでないと、お金のない若い人達なんか飛びつかないだろう。

この辺がまだCDで利益を得ようとしがみついてる感じがしてしまう。

先に特典付きCDを発売して、後でハイレゾで配信するなんていう手口も増えそうだ。

小室さんに「個人的にはAppleがハイレゾ対応の大容量iPodを出して、iTunes Storeでハイレゾ音源を販売してほしいんですけどね」ってことを言ったら「画質が8Kまできてるのだから急いでほしい。」と返ってきた。

とにかく音質の良さに感動するという体験をしないことには、多くの一般の人はハイレゾには振り向かない。

もしかしたら自分が幼少期、音の良さにこだわらなくてもお金を使わずに音楽が聴ければそれでいいと思ってた感覚っていうのは、今の多くの若い人達に共通する感覚なのかもしれない。

今はハイレゾに手を出してしまったものの、何かととにかくお金がかかってしかたがない状況。

昔のお気に入りの名盤がハイレゾで出るならまた買い直してしまうやろうからね(笑)

ハードにもソフトにもお金がかかる。

だから、いつの間にかハイレゾの高音質があたりまえになってたっていうような世界を作り出すことが理想。

とは言え、そのことによりミュージシャン側の粗もよくわかってしまうことになるかもしれないが(笑)

まあ、日頃はハイレゾもいいけど、後はやっぱりLIVEに足を運んで全身で生で音楽を体験すること。

何と言ってもこれが一番。



♪Flying Lotus/『Never Catch Me ft. Kendrick Lamar』



 
 
 

     Flying Lotus『Never Catch Me ft. Kendrick Lamar』を聴きながら…。

スポンサーサイト


  1. 2014/11/30(日) 21:31:28|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2014年締めの挨拶 | ホーム | いろんな意味でギリギリ感はハンパない

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/1002-d9791d1b

| ホーム |