JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

もう来なくてよい、誕生日なんて

映画館に行って予告編を観ると、「おお、この映画面白そう!早く観たいなあ」と思ったら公開が何か月も先だったり、次の年だったりして、早く観てみたいけどそんな早く来ないでくれみたいな、複雑な気持ちになる。

また、最近はLIVEのチケットなんかでも半年前ぐらいに取らされることもざらだ。

そんな時、自分はその頃一体どうなってるだろうか?と考えずにはいられない。

ちゃんと映画やLIVEを普通に観れる状態にあるのだろうか、と。

そんな焦りを感じつつも、時の流れの早さは容赦がない。

川の流れの勢いに押し切られてゴロンゴロンと転がり回ってるようなそんな感じだ。

全くもって誕生日というやつはなんて憂鬱なんだろう。

もはや本気で何にも嬉しくない。

しかも年々早くなるから始末が悪い。

そして何となく失ってきたものを数えてみたりなんかして。

ここまで来たらもうさすがに結婚もないだろう。

せいぜい迷惑にならないように死ぬにはどうすればよいか、そんなことばかり考えてしまう。

まだ両親も生きてるのにね(笑)

ただ、自分が年をとったなら、親はもっと年をとってるわけで、ここにきて健康状態が気がかりだったりする。

父親は原因不明の足の痛みで以前よりも歩くのが困難になり、母親は前から気になってた緑内障の加減で失明の危機もあり、もうすぐ手術をするという。

正直今一番恐れてるのは親の認知症であり、介護である。

弟も何やら一時甲状腺ガンの疑いがあったとかで、家族の身体が総崩れの中、なんやかんやで一番生活が不規則な自分が一番健康だという皮肉。

うちの家訓は確か「体が資本」だったハズなのだが…。

もっとも、自分も毎年確実に肉体の衰えを感じている。

何より疲労がハンパなく、更に回復力がとても鈍い。

ついでに記憶力も恐ろしい程鈍くなってしまっている…。

それでも仕事明け、ほとんど寝ることもなくそのままフェスに行き、朝から夜まで立ちっぱなしの動きっぱなしで音楽漬けなんてことは珍しくない。

自分でもフェス体力は尋常じゃないなと思う(笑)

それだけ音楽の力は偉大だ。

果たしていつまでこんなことができるかはわからないが。

思えば仕事だって常に音楽があるから続けられている。

こちらの方にしたっていつどうなってしまうかはわからない。

需要があるうちはとは思うが、ハッキリ言って景気は全く良くなんかなっていない。

アベノミクスクソ食らえである。

それに共に働いてる人間も皆年をとってきてるわけだから、誰がどうなってどうゆう状況になってしまうかもわからない。

まあいずれにせよ、そんなわからない状況だからこそ、一日一日を大切にしないといけないとは思うけども。

何だか「ない、ない」ばかり言ってて心許ない(笑)

恋愛っ気も全くないしね。

したいとも思わないんだからもうどうしようもない。

淋しいという気持ちよりも、どうしても一人が楽だという気持ちが勝ってしまう。

過去を振り返ってもろくなもんじゃないけども、過去にお付き合いしてた人達は今頃どうしてるんやろうか?とは時々ふと思う。

正直結婚の話なんか聞くとショックやろうなあ。

素直に喜んであげられるかどうか(笑)

そういったことはFacebookの類いをしていないし、友達付き合いもないので、今のところ耳にも入ってこない。

それはそれで自分はもう孤独死一直線やなと暗い気持ちにもなってくるが(笑)

この辺りのことは、ちょっと自分の「クリエイティヴィティ」の問題と絡めて、もっとアクティヴに動く必要性は感じている。

とりあえず動くなら見た目が若いうちに動いておいた方がよい。

幸い未だに見た目の若さは化け物呼ばわりされている(笑)

これがハゲたりでもした日にはもう終了だ。

来年、誕生日を迎える時は一体自分はどうなっているだろうか?

少なくとも、何か糸口を掴んでおきたいものである。

これから先の人生を送るにあたって、前向きになれるヒントを。



♪Mr.Children/『花 -Mémento-Mori-』
 
 

 

     
     Mr.Children『花 -Mémento-Mori-』を聴きながら…。
スポンサーサイト


  1. 2015/10/23(金) 09:50:08|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

徒然なるままに・・・ | ホーム | 音楽の聴き方大転換の年

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/1018-7cd48ec7

| ホーム |