FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

2019参院選が終わってあれこれ

毎日どんよりとした天気が続き、7月も下旬だというのにまだ梅雨が明けていない。

おかげでなんだかまだ6月ぐらいの気分だ。

今のところ湿度は高いものの気温がそんなに高くないので、過ごしやすさという点では例年よりかなり助かっている。

農家は冷夏で大変やろうけどね。

参院選が終わったが、想定外の結果は特になく、改めて日本終わっとんなと思ったけど、それでも全国的に見ればまだ自滅への道をギリギリ踏ん張ってる結果もちらちら。

大阪、京都、兵庫は毎度のことながらほんまにヒドいけどね。

しかもこの前後で社会を大きく曇らせてる事件が関西で。

一つは京アニ放火殺人事件で34人もの人達が亡くなってしまったこと。

人生を踏み外し、失う物が何もないといういわゆる「無敵の人」が自暴自棄になってテロ同然のめちゃくちゃな犯罪を起こす可能性は、この先明るい未来の見えない超格差社会まっしぐらの日本においてどんどん増えていくように思う。

もう一つは、吉本興業の一連の騒動だ。

芸人、そして社長と、何一つ笑うことのできない悪夢でしかない記者会見が続いている。

この問題はおそらく根深いし、詰められると表立って言えないことがたくさんあるのだろうと思う。

芸能関係と反社会勢力との繋がりなんてのは、掘っていけば吉本の話だけでは終わらない。

闇営業にしたって暗黙の了解で日頃から横行してたんやろうからね。

その辺のお互いグレーですませてたことを白黒ハッキリつけるように持っていくことになれば、そりゃ都合の悪い人達もいろいろ出てくるかと思う。

ヘタすりゃ会社ごとひっくり返りかねないようなことだってあるやもしれない。

おそらく反社といっても本筋と半グレでは背景も違うやろうからこんなトラブルになってしまったのではないかっていうのは推測するところ。

だから内心ハラハラしてる吉本の芸人、また他の芸能人の中にもいるんちゃうかなあ?

こうゆう世の中を明るくする役割の人達がこんなことになってしまうとますます社会が暗くなる。

しかもパワハラ問題というのは多くの生き辛さを感じてる人達の境遇ともカブってくるやろうし、ますます負の感情を呼び起こしかねない。

一人一人の働き方が問われる今の時代、ブラック企業というものは特に糾弾の対象だ。

ジャニーズ事務所にしてもジャニーさんが亡くなってから圧力と忖度の問題が浮上している。

自分がアベ政権を許せないのもあのやりたい放題の汚さが一番の理由だが、令和という時代はもしかすると平成の膿みを出し切って、今までのシステムをブッ壊して新しいシステムを構築していく時代なのかもしれない。

そう捉えればちょっとは前向きになれるってもんだ。

だが、今回の参院選の結果を見る限り、事は相当深刻である。

良い方向に変えられればよいが、今のままだとどう考えても格差社会の助長と戦争に近づこうとしてるようにしか見えない。

庶民があまりにも舐められ、バカになりすぎた。

何だ、あの投票率の低さは?

今回の選挙で一番ショックなのがそこだった。

結果に関してはあんなもんでも投票率だけは上がるんじゃないかと思ってた。

だって消費税増税で困るのは自分達のハズだから。

今回野党の多くがまとまって減税及び廃止とその具体案を早くから広めて準備していたなら、きっともっと違った結果になったのだろうと思うが、この辺がまた頼りにならないと思わさせられるところ。

もしかしたら今回自民党は直前で危機を感じて消費税増税をやめるとか言い出してくるんじゃないかとも思っていたが、そこんところは余裕だった。

メディアも過剰に忖度してか何なのか参院選に関してたいして報道もしてなかったし、開票日だけ選挙番組してりゃええわっていうただ「やってる感」を出すことだけに精を出し、もはやまともな仕事をしていない。

こんなことは本来なら選挙前にやらないと全く意味がない。

与党としては思うツボである。

そりゃそうだろう、自分達にとっては知られれば都合の悪いことだらけなんやから。

なるべく選挙に参加してくれない方が良いのが本音。

庶民の生活がどうこうよりもとにかく改憲したくてたまらないのだから。

奴らは日本の貧困のことなどまるで実感していないし、弱者からも搾取出来ればいいとしか思っていない。

つまりは、この少子高齢化という危機を本気で国難と考えていないのである。

それよりも国防なのだ。

トランプから言われるがままに平気で兵器を爆買いする。

日本国内でたくさん貧困で困窮している人達がいるにも関わらず、外国でホイホイお金をバラまいてくるこの国のトップ。

しかもただバラ撒くだけで何の成果も出せていない。

外面が良くて、内側を大事にしていない構図っていうのがうちの職場とダブってもうて仕方が無い(笑)

東日本大震災で受けた傷ももう完全に癒えてるかのような演出は卑怯極まりない。

まだ困ってる被災者がどれだけいると思ってるんだろうか?

あらゆる方面で自分達にとって都合の良い解釈をし、時には周囲やデータをねじ曲げてでも自分達を正当化し、本質から目をそらさせ、さもうまくいってるかのように見せかける。

自分達を正当化することだけに尽力している権力者ほど見苦しくて信用できないものはない。

当然現政権下における改憲などありえない。

危険極まりない。

日本がもしこれから本気の覚悟で国防を考えるとするのであれば、今のようにホイホイどこへでも自衛隊を危険な地域へ送り出してしまいかねないような政権下で物事を決めてはならない。

そしてアメリカとの関係性をもう一度考え直さなければいけないし、そのためには日米地位協定をなんとかせねばならない。

日本がアメリカの基地の一部になってるうちはロシアから北方領土が返ってくるわけもない。

そもそも日本は何があろうと戦争してはならない。

これほど原発を抱えていて守りきれるとでも思ってるのだろうか?

テロだってやろうと思えば簡単にできてしまうのではないか?

いずれにせよ、どんなに北朝鮮や韓国や中国とゴタゴタしようとも、戦争にならない程度に適当にやりすごすのが外交ってもんだろう。

感情論に任せて変にお互い煽り合うなど愚の骨頂である。

まあ勿論オイオイって感じることも多いけども。

だいたい、この日本は戦争なんかしなくとも現状としては勝手に自滅していってるのだから、わざわざ血を流すようなことをせずとも良いだろう。

むしろ警戒すべきなのは経済侵略で、日本が買われてしまってはおしまいなのだ。

それもあってこれ以上格差社会が広がることが一番怖いのである。

で、このタイミングで消費税増税というのが致命的であって。

20年も続いてるデフレ化において消費税増税なんてしてしまってはますます経済が滞ってしまうではないか。

相変わらず優遇されてる一部の富裕層は何も困らずに今まで通りお金を使い続けるだろうが、社会の圧倒的多数の庶民がお金を使わなくなってしまったらどうなるか?

おまけに老後の年金はみんな今のうちに2000万だか3000万だか自己責任で準備しておけとか丸投げし始めた。

しかも舌の根が渇かぬうちにまた年金受給年齢を引き延ばそうとしていやがる。

それまでに高齢者はみんな死んでくれよと言わんばかりだ。

そんなこんなでおそらくこのままだとそう遠くないうちに大きな経済危機に陥ると思う。

ならば、消費税を減税、いやおもいきって廃止して、もっと最低賃金を引き上げ、中小・零細企業には補助をして、なるべく中流家庭が増えていくようなシステムを作っていくしかないだろう。

長きにわたるデフレから脱却してハイパーインフレにならないように調整すれば良い。

先ずはこの国民の血税をあちこちバラ撒いて一番無駄遣いしてる人にやめてもらわないとね。

ある意味次の衆院選には希望の光が少しは見える兆しもある。

野党はとにかく今から徹底的に準備すべし。

庶民に寄り添い、どれだけ説得力のある具体案を知らしめることができるかが勝負の分かれ目だ。

そしてあらゆる分野においてセーフティーネットを用意することが一番大事だと思う。

そこから滑り落ちていく人達が「無敵の人」となり、更に集団化でもしようものならもはや日本でもテロ集団の出来上がりだ。

もしかしたら戦争をしてリセットしてしまいたい人達なんかも増えるやもしれない。

全体主義台頭の危機でもある。

誰もが普通に安心して暮らせる社会を待ち望んでいる。

そんな社会にならない限り家庭を築いていこうという人達も増えないだろう。

なんとかこの時代の鬱屈した閉塞感がマシになっていないものかと思わずにはいられない。

次の衆院選で危惧していることに、与党がなりふり構わず消費税減税を切り札に持ってくること。

まあ経団連との関係もあるからそうは言ってこない気もするけどね。

などといったようなことを最近つらつらと考えてしまった。

自分も一底辺の庶民として全く他人事ではないのだ、これらのことが。



♪aiko/『恋をしたのは』
 
 




この曲は京アニの名作『映画 聲の形』の主題歌だった。

クリエイターの人達の夢や情熱を持った人生を想像すると、本当にいたたまれない気持ちになってしまう。

生き残れた人達にしろ、心の傷は相当なものだろう。

簡単に言葉は出てこないので、今はただただ祈るしかできない。



     aiko『恋をしたのは』を聴きながら…。
スポンサーサイト





  1. 2019/07/23(火) 10:25:26|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2019年上半期自分がよく聴いたアーティストTOP100♪ | ホーム | 2019年上半期が早くも終了

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/1094-9b60f15c

| ホーム |