FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

フレッシュな風

今年も残すところ僅か1か月。

年々1年が早いと言うのが口癖になってるけど、それでもなお今年は予想だにしなかったぐらい恐ろしいスピードで一年が過ぎ去っていこうとしている。

いろいろあって目先の一日一日をなんとかするだけで追われていたような気がする。

それでも職場に新人数人が入ってきたことで、澱んでいた空気が少し見通しがよくなったような感じはあるのが救い。

自分達も初心を思い出すからね。

組織には新陳代謝も必要だ。

新しい風は新鮮味もあって、今のところイイ方向に吹いている。

とはいえ、相変わらずいつ誰がどうなるかもわからんことには変わりはないし、自分自身どうなるやもわからない。

何がどう作用してどうゆう決断を下すことになるかわからない。

消費税増税で世間の景気の行方もかなり怪しくなってきている。

クソなアベ政権はやりたい放題で日本社会を破壊し続けている。

ただ一つ言えることは、来年は自分の人生の第3章に入るということだ。

そしてこれはもしかすると完結編になるかもしれないということを常に念頭においておかなくてはならない。

令和になってその準備を始めておかないといけなかったはずなんやが、これがもう全くダメだったと言っていいだろう。

まあ、本格的な反省は年末年始にするけども、自分の心の中が全然整理出来てないんやなあ。

自分の部屋と同じように、とっ散らかったまま(苦笑)

一体何にまだ執着しちゃってるのだろう?

まるでワクワクしてこないのは何でだろう?

年をとってきたからだろうか?

生き辛い世の中だからだろうか?

おそらく両方だろう。

いつの間にか夢を語るでもない年にもなってしまっていたし。

いや、勿論本来ならばいくつになっても大いに語るべきなんだろうが。

自分の場合は何も成し遂げられなかった人間の無恥な発言にしかならない。

それをわかっているから余計に他人との接触も億劫になる。

そんな虚無感がつきまとい、一抹の寂しさを感じる。

リストラされた人達がそのまま引きこもり中年になってしまう気持ちもわからなくはない。

日々の中にささやかな幸せを見出そうとするも、肉体の方は日に日にガタガタになってゆくばかりだ。

時の流れに抗い、肉体の衰えに抗い、脳味噌の劣化に抗い、ネガティブな気持ちに抗い、物的欲求に抗い、とにかく抗い続けなければならない。

抗うためには自分の執着や荷物を下ろしていかないと吞み込まれかねないような気がするんよね。

それが年をとっていくということなのかな?

「死」はいつもちらついている。

死に際のことを考える。

寿命を全うする「死」ばかりではない。

社会的な死やメンタルの死、認知症による人生の記憶の死、いろいろありうる。

こんな風に未来のことを原発事故や南海トラフ大地震やあるまいし最悪な事態想定で考えていたら気が滅入ってくるけども(笑)

少なくとも孤独死まっしぐらな身としては頭の片隅にでもおいておかないとね。

まあ、先のことよりも「今」この時の方が大事だ。

人は「今」ここだけを生きている。

惑わされないように。

今月が終わってしまうので無理矢理につらつらと書き連ねてみたけど、普通にネガティブな方に引っ張られとるな(笑)

本当は若干ポジティブになれそうな風が吹いてきたかもっていうニュアンスで書くつもりやったのに。

まだまだやな(笑)



♪東京初期衝動/『再生ボタン』
 
 

 


     東京初期衝動『再生ボタン』を聴きながら…。
スポンサーサイト





  1. 2019/11/30(土) 20:21:04|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2019年最後の挨拶 | ホーム | 令和最初の誕生日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/1101-226a01e2

| ホーム |