FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

緊急時に、いかに冷静になれるか?

急遽仕事がとりあえず二日間休みになっただけにも関わらず、いろいろ頭の中では渦巻くものがある。

漠然とした先の見えない不安。

しかも誰かと話をすることもなく、ただ一人でモヤモヤと戦わなければならないのも精神衛生上よろしくはないだろう。

こうゆう時こそ一人暮らし独身男性の孤独死まっしぐらになる感覚というものを実感する。

たくさんお金を持ってるならまだしも、経済的に余裕がないなら尚の事である。

借金が無いのがせめてもの救いだが。

日本の報道を見ていると、みんなやたらと楽観的にいるような気がして、それがまたヤバい感じがする。

自分にしても、どこかで自分は大丈夫だろうと必死で思い込もうとしてるようには自分自身で思う。

そうしないと不安に乗っ取られて何も考えられなくなるからだ。

まだまだ腹をくくれていないなあと思う。

なんせ生活維持という点で短期的には持ちこたえられても長期的には無理だ。

しかも世界中がこんなだからもう何とかするためにと動き様もない。

どないもこないもない、八方ふさがりの状況。

冷静になるためにはどうすれば良いか?

理屈としては現実を受け入れることだというのはわかっている。

そこから次なる戦略を打つしか無い。

サイコパスアベ政権は一貫して弱者切り捨て路線なので、もはや期待したとてどうにもならんだろう。

選挙でさっさと落とすしか無い。

自分の目は最初から間違ってはいなかったが、世間の多くがもうアホになってるからせいぜい心中しないようにしたいところやが…、そう言ってる自分が一番危ないという現状。

今回、一番危機感を抱いてるのは、「需要」という部分に関して、突然一番要らない状況に追い込まれてしまったことである。

エンタメに関わってる人達の多く、特に現場関連の人達はみんなそうだと思う。

ライブハウスでのクラスター感染の悪いイメージのインパクトはデカすぎた。

誰もが一進一退のリスクを抱えてしまってる状況。

しかも補償は無いし、終息までは相当長引くと思われる。

あらゆるイベントは休止や延期。

ハッキリ言って東京五輪も来年に延期したところでもう無理だろう。

世界中がこんななら経済的にも足枷にしかならんと思うのだが?

五輪開催に要する費用を補償に回さないでどうするのか?

それまでにどれだけの人間が死ぬねん。

自分の今やってる仕事自体は、この新型コロナ騒動が一旦落ち着けば、また盛り返すことができるとは思うけども、長期戦でどこまで持ちこたえられるか?っていう話。

それまでに上が、ハイ、もうおしまい、っていう判断をしたなら、さあ、どうするか?

なんせアベ政権とカブるぐらいやから(笑)、期待したら裏切られそうな気はする。

そこはこちらからもじっくり観察させてもらうけども。

リセットの必要性。

いずれにしても焼け野原を見渡すような感覚になるだろうから、新たなる「需要」のある所に流れていかねばならないだろう。

そこにどれだけの「やり甲斐」を見出せるか?

ポンコツになってからの活動は難しい。

国難なら、少しでもその苦痛から脱せる手伝いができるところにいきたいとは思うけどね。

多くの人達の生死が左右される危機的状況は、いろんな人間の本性を垣間みることになる。

そこで自分はどんな人間であることができるのか?

死にものぐるいで生きようとするのか?

諦めてその辺でのたれ死ぬのか?

一つの生物としての価値が試される。

とにかく今は身動きがとれないので、ひたすら忍耐だ。

頭がおかしくならないように、どうにかこうにかリラックスできないものかともがいているという。

しかも隣を意識して全然落ち着けなくなってきてからのこの新型コロナ騒動。

最近ではトイレに行くことさえも物音が気になって行き辛い。

これはもうここから去れということなのかな?

去ろうにも、動けないが(笑)

あまりにも胸のざわつきが騒がしいものやから、映画やドラマやアニメや音楽番組を観てても、スンナリ入ってこなくて純粋に楽しめなくなってきてるもんなあ。

そうなったら一体何に癒されればいいのか?

新型コロナウイルス感染の症状は様々なようだが、味覚や嗅覚に違和感が生じると聞く。

せめて人として恥じない感性だけは鈍感にならないようにしたい。



♪sayonarablue/『underwater』
 
 

 

     sayonarablue『underwater』を聴きながら…。
スポンサーサイト





  1. 2020/04/03(金) 08:15:10|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「備えあれば憂い無し」とは言うけれど | ホーム | 暗黒の新年度

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/1109-1d6ad784

| ホーム |