FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

アカルクナイミライ

事態は日に日に深刻になっていく一方である。

東京も大阪も毎日新型コロナウイルス感染者の数が右肩上がり。

しかもその数の跳ね上がり方がまた恐い。

緊急事態宣言が発令されたものの、世間からはまだまだ危機感が伝わってこない。

経済を優先させてる企業も多そうだ。

医療現場からは毎日悲鳴が聞こえてくる。

ネットではいっこうに現金一律配布に踏み切らないアベ政権に対する苛立で溢れているが、アレをよくやってると擁護する向きもいて、国民はますます分断されていく。

自分もだが、人と至近距離で接する職業の人達は、今それぞれ苦渋の選択に迫られながら毎日過ごしてることかと思う。

完全に休んでしまうと社会が機能しなくなる仕事もある。

自分の仕事は非常時には無くてもいいと思われかねない仕事で、特に3密なので最も逆風である。

仮に一旦収束しそうになったとして、その時働いてたとしても、少なくとも年内はかなりの影響を受け続けるだろうし、どれだけ持ち堪えられるかもわからない。

常にハイリスクがつきまとう。

似た様な仕事の人達がかなり淘汰されていくのは目に見えている。

いつも仕事に関しては「需要があれば」と言いいながら続けてきたから、遂にそれが突然無くなってしまったような感覚はある。

じゃあ、次にどうするか?やけど、どんな「需要」に応えたいか?ってことにはなるだろう。

また、一つに絞ってしまうのも危険かもしれない。

こんな時に移動しなくてもできる仕事があれば全然違う。

今の状況なら全く畑違いのことをやることになるかもしれないけど、それならそれで自分は何を優先させたいか?ってことになる。

生きるために、お金をとるか?時間をとるか?

あるいは、人間関係を重視するのか?

自分が夢中になれるならそれが一番イイとは思う。

こうやって一人で引き蘢っていて実感したのは、自分は本当にストレスに弱い人間やなあっていうこと。

神経質というか、繊細すぎるというか。

小心者で、引っ込み思案だ。

だからこうゆう形で心の安定をはかりながら生きてきたような気がする。

最近寝ようとしても本当に眠れなくて、このままいくと心身共におかしくなってしまいそうだ。

食欲もあまりないし、歌えないし、笑うこともないし、喋らないし、陰に籠ってしまいそうで恐い。

ほんまに帰れるものなら京都の実家に帰りたいが、それも一体いつになることやら?

気晴らしらしい気晴らしができない。

でも、この状態ってよく考えたら、14年前に突然プー太郎に陥らされた時と似てたりはするんやけどね。

ただ今回は世界規模のえらいこっちゃなので、自分だけではもうどうしようもないっていうのが全然違うけども。

今までの価値観とは全く違う世界が待ち受けてるので、ポジティブにとらえれば、今までの思い込みも取っ払われるぐらいの勢いでリセットできるかもしれないっていうのはある。

これは、もし戦争や大災害が起こったらどうするか?って時々頭を過ってたことではあった。

新しい価値観が生まれることに、どんな可能性があるか?

そこに希望をもたないとやってられないやろうなあ。

このままいくといずれにせよ日本は大恐慌で終わってまうやろうし。

こんな形でますます生き辛い世の中が待っていようとは。

USJは5月中旬以降再開予定らしいが、果して大丈夫なんかいな?

リクステはなかなか開催中止を発表してなかったけど、思ってた通り無くなったね。

今年はこういった大きなフェスがいつになったら開催できるようになるのだろうか?

ヘタしたら年内は無理なんじゃないか?とも思ってる。

五輪がとんでるんやし、夏フェスも当然無理やろう。

夏になっても新型コロナウイルスはあまり関係無さそうやから。

ああ、明るい未来が見えましぇん!

ぴえん。


♪羽生まゐご/『鬼の居ぬ間に』
 
 

 

     羽生まゐご『鬼の居ぬ間に』を聴きながら…。

スポンサーサイト





  1. 2020/04/10(金) 10:47:30|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

世界の価値観がガラッと変わる | ホーム | どこまで引きこもり生活は続くのか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/1114-0811f74e

| ホーム |