FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

本日我がブログ16周年

先ずはこのブログをこれだけ継続してきたことを自分で褒めてやるとしよう。

結局は日々の中でこうゆうちっちゃな習慣の積み上げが人生を構成しているのだと今更ながらに実感している。

最初はどこぞの誰かに偶然見つけて読んでもらって、それが少しでもその誰かのためにでもなればという思いで綴っていたもんだが、今はもうそんな余裕などなく、とにかくいっぱいいっぱいの自分との対話になっている(笑)

本来ならもう今日は仕事をしてると思ってたのに、またしても今月いっぱいは無理だと。

一部の業種とエリアへの追い込み方がえげつない。

このほぼほぼ失業者である感覚は社会から否定されてるような気分になってしまうのか、心がどんどん擦り減って行く。

昨日労働局から支援金の件で電話かかってきた時も、脳みそが重たくて思考しようとしなかった。

それは今飲んでる頭鳴りと耳鳴りの治療のための薬のせいもあるのかもしれないが。

何でもいいから早急に振り込んでくれよと思った。

ついでにまた10万円一律国民に配れよ。

今年になってこのおよそ3ヶ月間ほぼ仕事できていないという罪悪感や後ろめたさや不安、おまけにこの心身のぶっ壊れ様、家族の未来へに対する絶望に近い感覚。

だんだん口角が上がらなくなってきてる。

笑うのにエネルギーを必要としている重たい感覚。

昨日、庵野監督のドキュメンタリーを見てたけど、あの内容でほとんど自分の心が動かなくなってることの危うさ。

今までは漠然とした生きる「希望」っていうものがあった気はしてたが、それが徐々に希薄になってきている。

何ていうか、生きてる上でのトキメキが消失していく感覚。

同じ音楽を聴いてても以前のような高揚感が遠くへ行ってしまい、あれだけ焦がれてたはずのLIVEに行きたいという意欲だったり、好きなアーティストのLIVE映像のBlu-rayが無性に欲しいっていう欲望だったりがどんどん欠乏して行ってるような。

映画のDVDやドラマやアニメを観てても没入感が得られなくなってきてるような気もする。

今まで救われてたはずのものが救いにならなくなってきてるのかもしれない。

自分の中であれだけ大事だったはずの「カルチャー」がぐらついてきてるのだろうか?

それはある意味自分の中の何かの「死」と同義である。

そこをまあまだ何とかどうにか踏ん張ってるような状態にある。

これがもうどうでもいいやみたいに、完全に思考放棄して、無気力怠惰に陥ってしまえば我が人生ほんまに終了してしまう。

ここんとこの「極度の考えすぎ」の峠をちょっと越えたらこうゆうことになるのね。

そりゃあんな状態が延々と続いたら脳味噌も疲れきってまうもんなあ。

薬で強制的に眠らせでもしないと身体も持たんやろうし。

目覚めた時は相変わらず頭鳴りと耳鳴りは酷い。

それと最近やたらと長い夢を見てるような感じがする。

これも当たり前になってしまうとどこかで開き直ってしまうのだが。

今こんな病みかけの人間になってしまったのも自分が自ら孤独な人間へと追いやってしまったからだろう。

独身男性が早死にする理由が身をもってわかりつつある。

せっかくのブログ16周年だというのに、過去一暗い内容になってもうとるな(笑)

要するに、今になって何か「寂しい」んだと思う。

心の通じ合える誰かとハグしてえっていうことかもなあ。

まあ、この先の人生に多くを望むつもりもないが、何とか生き延びて行く様子をこれからも綴っていけたらいいなと思う。

できれば、自分がどういう死に方をすることになりそうかまで末長く続けられたらええんやけどね(笑)

その前にボケてまうんやろうなあ。

とにかく今は、ほんのわずかな「希望」でも探して、小さな幸せにつなげていくことを考えよう。

面白がれる力がちょっと弱まってもうてるから。

メンタルの維持、これ大事。

いっそのこと恋愛でもできたらすぐに変われそうやけどね(笑)

オレのワクワク、オレのドキドキ、一体どこへ行ってしまったのか?

今や性欲さえも無くなってしまいそうで、男としても、人間という生物としてもヤバい(笑)



♪Sugai Ken/『Headwaters Of The Tone River』
 
 

 


     Sugai Ken『Headwaters Of The Tone River』を聴きながら…。

スポンサーサイト





  1. 2021/03/23(火) 18:18:23|
  2. こころ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

明るい終活 | ホーム | 終活する勇気

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/1229-f4310b97

| ホーム |