FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

2005.8.28『a-nation '05』@神戸空港北会場参戦レポ!!

今日は長文レポなので覚悟するように!!(笑)


一昨日は『a-nation '05 powered by Weider』の最終日に行ってきた。
仕事明けでそんなに睡眠時間はとれなかったけども、ちょうど開場時間の13:30頃に家を出た。
できればもっと早く行って番外アーティスト達の歌も聴いてみたかったんやけど・・・。
場所は神戸ポートアイランド2期 神戸空港北会場
これがけっこう遠かった。
三宮までJRで行き、そこからポートライナーで神戸市民広場駅まで。
この時既に開演時間の15:00を過ぎてしまっていた・・・。
そのせいかごったがえすぐらいメチャメチャ多くの人が歩いてるわけでもなかった。
ここから歩いてけっこうあったねえ。
15分ぐらい歩いたんとちゃうかなあ?

Delightful.jpg


会場に近づくにつれてだんだん音が聞こえてきた。
聴きおぼえのあるバラードのメロディー。
どうやら鈴木亜美のようだ。
『ねがいごと』かな?
出店がたくさん並ぶ中を通って中へ入った。
とりあえず一番後ろからしばらく様子を見ていた。
さすが野外ということでステージまで遠いねえ!
左右に一つずつ、そして後ろに一つのビジョン。
これで鈴木亜美が歌ってることを確認。
『Delightful』をダンサーと共に歌ってたけども、これが最後の曲だったようだ。
聞こえてきた歌からずっと思ってたけど、かつての小室プロデュース時代より歌が随分うまくなってるね!
しかもなかなかハードなダンスをしながら歌ってるし、やはり干されてた間に相当努力をしていたことがよくわかった。
MAX松浦社長によると性格もよくて根性もかなり入ってるらしい。
個人的には全然嫌いじゃないし、曲もけっこう好きだったりする。
最初の方見てなかったけど小室プロデュース時代の『BE TOGETHER』とか歌ってなかったんかな?(笑)

20050830010451.jpg


続いて出てきたのがロードオブメジャー
正直言って全然興味なかった。
あのヴォーカルの声がどうも苦手でねえ。
同じ理由で175Rも苦手。
3曲やったけど、どれも聞き覚えのある曲。
♪いとしいひとよ~・・・っていう曲タイトルなんやったっけ?(笑)
それにしても会場のノリがメッチャ悪かった!!
もう見ていて可哀想になるぐらい。
やっぱりまだ会場があったまってないって感じやったねえ。
あまりのリアクションの悪さにヴォーカルも「あれ?」なんて苦笑いする場面も・・・(苦笑)。
あれはMCもつらいぞ・・・。
ロードオブメジャーって神戸のバンドやったんやね。
最後は『大切なひと』をやって帰って行った。

20050830010546.jpg


続いてDo As Infinityが登場。
DAIはけっこう好きなのでこの段階で一度自分の席に行ってみた。
オレの席ってE7 ブロックやったんやけど、これが一番後ろのブロックやってねえ・・・。
もうオペラグラス使ってもメッチャ遠かったわ。
オレの好きな『冒険者たち』をやってくれたのが良かったね。
伴都美子は随分日焼けしてたなあ。
大渡亮がなかなか盛り上げるのがうまかったね。
二人ともステージをかなり走り回ってたわ。


DAIが終わるとまた後ろに戻って行った。
と言うのもこんなに後ろやったら別に後ろで自由にフラフラしてても変わらへんなあって思ったから。
それともう一つ厄介な問題が。
この席っていうのが、別に椅子が置いてあるわけじゃない。
芝生の上にビニールテープでマス目を作って一人一人の立ち位置が決められてるわけ。
で、オレの左横におそらく母一人息子二人っていう構成やったと思うんやけど、と~ってもおデブちゃんが三人並んではってやねえ・・・。
ものすごく圧迫感を感じたんよね。
それにあんまりこんなことは言いたくないけど、デブの人ってメッチャ汗かくやん?
この日は少し曇ってて涼しい風も吹いてて野外ライヴにはちょうどいい感じの天気やったんよ。
でもその風にのってすげえオレの方に体臭や口臭が流れてくるわけ・・・。
これが実は苦しかった。
これも運やからしゃーない。

Perseus.jpg


次はSurprise Artistの島谷ひとみ
ヘソ出し、ヒラヒラのミニスカ、胸の大きく開いた衣装となかなかセクシーな感じを装ってたけど、オレはこの人からはどうもあまり色気というものを感じない(笑)。
何でやろうねえ?
歌はまあそれなりにうまかったなあ。
島田紳助の演歌プロデュース時代から知ってるけど、よくぞここまで変貌して活躍してるなあと改めて感心。
『Angelus -アンジェラス-』とか『亜麻色の髪の乙女』とか『Perseus』とか歌ってたわ。

20050830010839.jpg


続いて出てきたのがノリにノってる大塚愛
関西出身ということでなかなかのはしゃぎっぷり。
『さくらんぼ』とか『HAPPY DAYS』とか『Smily』とかこういうステージにはうってつけのヒット曲があるのも強みやね。
でもオレこの時あんまり集中して見てなかった・・・。
別に嫌いじゃないんやけどね。

20050830011047.jpg


続いて出てきたのが倖田來未
この辺りからそろそろ戻っておくかってことで自分の席に。
最初学ランみたいなのを着てダンサーを引き連れて登場。
なかなかカッコイイ!
そしてその学ランを脱ぎ捨てるとセクシーなビキニとフロントから見せパンをハミ出させた白い短パンの衣装で『キューティーハニー』!!
いやあ~、倖田來未かなりのパフォーマーやね。
歌もダンスもかなりうまい!!
それに顔は普通のおねーちゃんやのに体から出てるフェロモンがエロいエロい!!(爆)
スタイルイイよねえ!!
この日オレの中でglobeを除いて最もインパクトがあったのが彼女。
倖田來未は売り出す戦略としてあえてTV出演を最近までほとんどさせられなかったらしく、地道にイベントやLIVEをこなしてたそうなんやけどね。
だから今思えばsong+nationでのBoAとのコラボ曲『the meaning of peace』で出演した『ミュージック・ステーション』のスペシャルLIVEはかなり貴重やったかもしれへんね。
BoAもまだ売れてなかったし。
この曲もチョロっと歌ってたし、新曲の『flower』とかFF Xの曲だった『Real Emotion』とか『Butterfly』とか歌ってたなあ。
京都出身なので同じ関西の神戸でこういうステージに上がれるのは嬉しいって言ってたわ。
この辺りから徐々に盛り上がりを見せてきてたように思う。

VALENTI.jpg


続いてBoAが登場。
最近彼氏もできたみたいやからなんか大人っぽくなってきたよねえ(笑)。
前の方が可愛らしくて良かったけど(爆)。
BoAはロック調の曲『Rock With You』から歌ってたけど、正直言ってBoAにロックは似合わない。
なんじゃ言うて最後の『VALENTI』が一番会場のノリが良かったように思うもんなあ。
BoAもあの若さで歌はうまいし、踊りながら歌うなんてたいしたもんやなあってほんまに思う。
MCで「昨日は神戸牛食べた」とか言ってたわ(笑)。
BoAはちゃんと聴きたくなるほど惹かれる曲ってあんまりないんやけど、もしMondo Grosso feat. BoAの『Everything Needs Love』を聴いたことない人は是非聴いてみてほしい!
英詞やけど洋楽と遜色なくメッチャクールなクラブ・ミュージックやから。


さあ、ステージを見ると明らかにコンピューターを使った機材をセッティングし始めていた。
ということは言うまでもなく次は?(笑)

rock.jpg


ってことでここでオレが一番お待ちかねだったお目当てのglobe登場!
Surprise Artistという扱いでしかも10周年のglobeやから枠は大きくとってもらえていたようだ。
ビジョンでglobe登場がアナウンスされるとオレの周辺でもけっこう声が上がっていた。
最初の曲は予想通り『Feel Like dance』
哲ちゃんは黒のキャップをかぶり白地に「CULT FIGURE」とかいうロゴが入ったTシャツを着ており、昔のTM時代からは考えられないようなカジュアルな格好でステージに登場していた。
あれじゃあローディーかと思って気がつかんわ(笑)。
アレンジは前回のツアーのパターンで、トランシーなサウンドと強烈に響くキック音で独特のサウンドをブチかましていた。
KEIKOとMARCはステージの2階から登場。
思えば10年前、この野外イベントa-nationの前身ともいえる『TK DANCE CAMP』で初めて生globeの『Feel Like dance』を耳にしたんやったね。
あの頃はあのステージを眺めていつかそっちに行ってやるからなって思ってたっけな。
でも10年経った今もオレはこっち側で観てて、なんだかせつない気分になったというか、思わず人生をふり返ってしまってたなあ・・・。
随分差をつけられたなあなんて感じたよ。
彼らは急速度で駆け抜けていったのに、オレなんか時が止まったままのように感じてしまってなんだか自分が情けなくなってしまった。
KEIKOの顔がビジョンに映るとやっぱり老けたなあって思った(笑)。
前に若い人達が立て続けに歌ってたんやから余計に(爆)。

次の曲はニューアルバム『globe2 pop/rock』の1曲目に入ってる『Love goes on!!』
globeファンじゃなくてもCMでけっこう耳にしてた人も多かったかもしれない。
間にPVも挿入しつつお得意のパターンのステージ。
♪Love goes on! 必ず願いは前にすすむ不思議と Love goes on! 明日はもうこの場所には座らされずに
・・・っていうサビの歌詞がけっこう今のオレには救いに感じられたりして(笑)。
その反面「現実はそんな甘いもんじゃない」っていう楽観的になりきれない自分も常におるわけやけど。
ここんところTMなんかでは悲観的なニオイのする歌詞を書くようになってた小室哲哉が、今回こんなにポジティヴな歌詞を書いてるのに少し驚いた。

3曲目は『FACES PLACES』
この曲のイントロのシーケンス音が流れると思わず「懐かしい~」っていう声をもらす人もいた。
この曲ではMARCがベースを持った。
哲ちゃんもギターを弾く。
そしてこの日のサポートギタリストは葛Gこと葛城哲哉。
この曲で心配なのは何と言ってもKEIKOの超高音部。
まあまずまずって感じやったかな。
KEIKOはやっぱり表情で歌うタイプやね。
この日のヴォーカリストの中ではやっぱりそのエモーショナルな部分っていうのは一番やなあって感じたな。
歌詞を♪2005にかえて歌ってたわ。

相変わらず結婚してもKEIKOは根強い人気で会場からもKEIKOコールがひっきりなし。
MARCコールも多いけど、逆に結婚してから哲ちゃんコールは減ったように思う(爆)。
「『globe』っていうタイトルがデビューアルバムで、今回10周年でニューアルバムのタイトルが『globe 2』ってことは10年後は『globe 3』か?」なんてことをMCで言ってた(笑)。
ここでMARCもニューアルバム中大好きな曲ってことで『Judgement』
この時みんな知らない曲やと思ってか、休憩タイムにしようかっていう人も多かったみたいで、前の方からけっこうズラズラと歩いてくる人が多かった(苦笑)。
イイ曲やのに~!!
オレの中ではglobeの曲で5本の指に入るぐらいイイなあと思ってる曲。
サビが小室黄金コード『Get Wild』パターンやからねえ(笑)。
メロディーも懐かしい感じでキュンっとくるねんなあ~♪
歌詞もこれまた甘酸っぱい感じがしてキュンっとくる。
たぶん会場で初めて聴いた人の中にも同じように感じた人もけっこういたと思うんやけどなあ?
いまだに何でこの曲をシングルで出さなかったのか悔やまれる。

5曲目は『wanna Be A Dreammaker』
いやあ次から次へとオレの好きな曲をやってくれて個人的には満足♪
この曲もglobeならではのマッドな曲。
リズムがもう強力!!
勝手に体が動いてるからねえ~。
周りでもおもいっきり踊ってるのはおそらくglobeファンやなっていうのがすぐわかる(笑)。
普通の人達はどうやってノッたらええんかあんまりわからんみたいなんよね。
globeがトランス路線に走った時のLIVE『category trance』の大阪城ホールでとまどう人達を思いだしてしまったわ(笑)。
これがもう普通に終わらなかったんよ。
LIVEならではのロングヴァージョンに突入!
もうプログレッシヴなインプロヴィゼーションの世界(笑)。
哲ちゃんが小さいシンセをシールドを引っ張れるだけ引っ張ってみて無理からにショルダーキーボードのように弾いている(爆)。
そのうち何を思ったのかスタッフに何やらやりたそうに笑った。
久々にキーボード破壊行為の大サービスか?!
おおっ、手に持った小さなシンセをモニターに向かって投げた!!
「ポコッ!!」
なんか間抜けだあああああ!!(爆)
もう1回反対のモニターに
「ポコッ!!」
やっぱり間抜けだああああ!!(爆)
投げたシンセを拾う哲ちゃんの姿がやけに間抜けだった。
あれならやらん方がマシやったなあ。
昔はキース・エマーソンばりの壊しっぷりがなかなか良かったのに・・・。
たいして盛り上がりもしないまま、そのシンセを会場に放り投げたTK。
一瞬変な音が鳴っていた(笑)。
そんなこんなで長々とやらかしたこの曲では随分呆気にとられた人も多かったようで、曲が終わっても静まり返っていた(爆)。
帰り道でもglobe長かったとぼやいてる声も聞いたし・・・。

最後は『Love again』
これも予想通りの曲やったな。
個人的にはそんなに好きな曲じゃないんやけど、この曲が一番好きという人はかなり多い。
軟式globeの影響で好きになった人もいたりして?(笑)
でもこういうLIVEでは実にノリやすくてイイ感じの曲だったりする。
とくにトランシーなサウンドにアレンジしてからまたより一層気持ちイイ。
こうしてなかなか濃い~中身の6曲を披露してくれたので良かったわ。
ちょうど陽が落ちる頃で徐々に空の色が変わってきてたのも綺麗やったしね。
でもglobeは暗くなってから照明バリバリに駆使した中でやる方が絶対に良かったと思う。
その方が絶対踊りやすいしね。
昨日の氣志團の方が見たかったとか言われたら悔しいわ。
次に生globeを観るのはチケットが取れれば10/15の『POP ASIA2005』@大阪国際会議場メインホールってことになる。

jump.jpg


なかなかハードだったglobeの後に対照的にゆる~い感じで始まったのがEvery Little Thing
なんかモッチー変な髪になってたぞ(笑)
正直言ってあんまり印象に残ってない。
曲がどうもオレが好きな曲とかやってくれなかったせいもあるやろうね。
イックンがなんか喋りたそうにしてたのと、モッチーが扇子で踊りながら歌ってたのが残ってるぐらいで。
ELTもこうやって聴いてみるとえらいバンドサウンドになったもんやね。
五十嵐さんが脱けた影響も大きいんやろうけど。
最後は『Dear My Friend』をやってたけどね。
この時はもうすっかり暗くなってて、みんな恥ずかしさも無くなってきてたみたいやから会場のノリも良かったように思う。

20050830011249.jpg


トリ前はもうすっかりベテランのTRFだ!!
懐かしいって思う人がいっぱいいたことやろうね。
今さらTRF?なんて思う人が多いかと思いきや、意外にも大歓迎だった?!
最初の曲は『HE LIVES IN YOU』かな?
なんせ小室プロデュースじゃない曲。
その後から『BOY MEETS GIRL』『CRAZY GONNA CRAZY』『LEGEND OF WIND』『EZ DO DANCE』『Survival dAnce』とやってたけど、会場はかなりノリノリやった。
ここで思ったわ。
TRFってやっぱり浸透させた曲をたくさん持ってる強みがあるってことをね。
洋楽のダンスミュージック一辺倒だったavexで、最初に邦楽でも成功させたのは何と言っても小室哲哉とTRFやったわけやから。
一時代を作った強さってのを改めて感じた。
そして何よりもSAM、ETSU、CHIHARUの鍛えられた体!
オレより年上やのにすごいわ、あの体とあの動きを維持してるっていうのは!
プロフェッショナルやなあって感じたねえ。
ダンスは正直言ってジャズダンスの要素が強くてあんまりカッコイイスタイルには感じないけど・・・。
YUKIの歌も昔に比べたらうまくなったよね。
今でもメッチャうまいとは思わへんけど。
10年前にTK DANCE CAMPで観た時なんか口パクやったからねえ・・・。
そういえば去年職場で間近で歌うのを聴いたんやった(笑)。
それでも踊りながら歌えるっていうのはスゴいなあと思わずにはいられない。
さすがに最後の方はしんどそうやったけど(笑)。
ほんまにTRFのスゴさを再認識した日やったね。

20050830011315.jpg


最後はavexの稼ぎ頭(笑)浜崎あゆみ
やっぱり一際歓声も大きかった。
彼女のことはまだB級アイドルだった頃から知っていたけど、まさかここまでの大スターになるとはとてもじゃないけど全く思わなかった。
ダンサーを何人も引き連れて稼ぎ頭らしく他のアーティストよりも金がかかったステージング(笑)。
エンターテインメントをよく考えてるっていうのが伝わってきた。
なんせ彼女に存在感がある。
何やら後ろの方にもトロッコみたいなのに乗って回ってきたからあゆを近くで見れたけど、いやあ細くて小っこいのにオーラがあったねえ!
それに腰が細い細い!
歌ってる途中で浮き出る腹筋にも鍛えてますって感じで好感度大。
改めて見直した。
歌はメッチャうまいとかってわけじゃないけど、歌い方や声や詞や曲や全てにおいて何か引っ掛かるようにすごく今まで努力して作り上げてきた感じがうかがえた。
足らないものを補ううまさみたいなのをすごく感じたんよね。
ベースはバービーボーイズのエンリケやし、ギターは言わずもがなたのきんトリオのヨッちゃんやしで、彼らを従えてLIVEしてるっていうのもすごいわな(笑)。
ヨッちゃんなんかギターソロのコーナーまでもらっとったで。
同じたのきんトリオで髪の毛が薄くなった人もいればヨッちゃんはB'zの松本孝弘のような姿しとるし(笑)。
とにかく浜崎あゆみからは「時代」っていうものを感じた。
そして彼女の存在そのものの人気っていうのを感じたな。
彼女が影響を受けてる中にMADONNAの存在は大きいような気がした。
衣装やメイクの中にかなりダブるものがあるし、エンターテイナーのあり方としても参考にしてる部分を大いに感じる。
そして彼女の曲を作るブレーン達はあゆも含めてかなり小室哲哉の影響を受けた人達が多いようにも感じた。
今や小室哲哉はavexの礎のみならずJ-POPの礎にもなってるけどね。
曲を聴きながらそんな風に思った。
『STEP you』に始まって『Fairyland』とか最近の曲を中心に歌ってたと思うけど、知らない曲も歌ってたな。
なんせ一番たくさん歌ってたわ。

一通り終わった時にしばらく花火が打ち上がった!
これがすごく綺麗やったねえ~♪
なんだか夏の終わりを思わせて寂しい雰囲気もあった。
あゆが言っていたようにこのa-nationが今年の夏の思い出の一つとしていつまでも残ればなあと思った。


入場者数がどれぐらいやったのかわからんけど、見渡した限り20代前半ぐらいの若い人達が多かったのは確か。
しかもいかにも一般の人達っていう感じ。
普通の野外フェスやったらもうちょっと濃い感じの音楽ファンが多かったりするもんやけど、やっぱりavexのイベントなだけにミーハーな人達が多いような気がした。
これはこれで新鮮やったね。

メジャーな人達を次から次へと観れるのはお得ではあった。
しかし、それだけに会場の人達のお目当てが分散してるってことで盛り上がるのもなかなか難しい感じがした。
客席が映った時にお客の顔を見てもシラ~~~っとした人達が多くてなんかイタかったもんねえ・・・。
まあコンビニエンスなお祭り感覚やね。
こういう派手なイベントはやっぱり友達やら恋人と来る方がきっと楽しめるやろうと思う。

果たして来年こそは『SUMMER SONIC』に参加することになるんやろうか?(笑)
もしglobeが参加するようならまた来年も『a-nation』に参加する可能性はあるやろうけどね。
avex系のアーティストはやっぱり踊りながら歌える人が多いっていうところが強い。
ヴォーカルそのものだけではそうそう驚かないんやけど、激しく踊りながら歌うとなるとこりゃスゴいなあと感心せざるを得ない。
自分にはできへんからね。
こうやってパフォーマンスを目の当たりにすると、バカにできへんなあってつくづく思った。

それにしても、隣のおデブちゃん達のおかげで、最後にはオレの立ち位置のマス目がかなり小さく押しやられておったぞ・・・。
できれば隣はイイ香りのする綺麗なお姉ちゃんであってほしかった(爆)。


帰り、三宮で友達と会って一緒に飯を食ってから帰ったわ。
ず~っと立ちっぱなしやったからさすがに疲れた・・・。



     globe『Judgement』を聴きながら・・・。
スポンサーサイト





  1. 2005/08/30(火) 03:14:48|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

ちゃんと避妊せえよ!! | ホーム | アレルギー性鼻炎勃発!!

コメント

こんにちは!
「a-nation '05」お疲れ様です。お鼻大丈夫でしたか。
詳細なレポありがとうございます。
楽しく読ませていただきました。
(私は不参加でした。)

「globeは夫婦で“大暴れ”」という記事を読んだので、TKファン以外はひいていたんじゃないかと心配していました。

「Judgement」、そうなんです~。小室さんと同年代の私でもキュンっときます!好きです♪
な、な、なんですと、休憩タイム?!

  1. 2005/08/30(火) 16:35:14 |
  2. URL |
  3. t-mami #iydQorAY |
  4. 編集

a-nationおつかれさまでした♪
TKのキーボード破壊があったって知って見たかったな~と思ってたんですけど間抜けだったとはo(_ _)ノ彡_☆
やっぱ派手にセッティングしといて火花散らさないと。
それにしても6曲やってくれればa-nationだと大満足ですね。
  1. 2005/08/30(火) 21:43:24 |
  2. URL |
  3. 白静龍 #h.odyXRo |
  4. 編集

>t-mamiさん
鼻は大丈夫ですよ~!(笑)
いつもならこれ以上にもっと細かく書くんですが、今回はこのぐらいで抑えておきました(笑)。
読んでいただいてありがとうございました♪

「globeは夫婦で"大暴れ"」って言ったらMARCはどうなんだ?って話ですけどね(笑)。
3人とも元気良かったですよ。
でもTKファン以外は確かに呆気にとられていたような妙な空気が漂ってましたね。(^_^;)
後ろから見てたんで、観客の動きもよくわかったんですけど、『Feel Like dance』なんかではかなりノリ良かったんですけど、他の曲からだんだんノリ悪くなってきましたからねえ・・・。
その結果『Judgement』がかわいそうなことに・・・。
ほんまにイイ曲なのに!!
なんとなく渡辺美里に書いてた時の曲のような雰囲気がありますよね。
『wanna Be A Dreammaker』なんかはあのリズム聴いたら自然と体が動きそうなもんなのに棒立ちの人もけっこういましたよ(笑)。
トランスのノリ方がわからんみたいですね。
まあglobeファンはけっこう楽しめる内容だったかとは思いますけど、興味ない人には長ったらしく感じたかもしれません。

あっ、そうそう、LINKしてもらってるので、こちらからもLINKさせてもらいますね♪
ありがとうございました!m(_ _)m


>白産
昔みたいにダイナミックに叩きつけたりしてなかったからね。
バスケのチェストパスみたいな感じでアンプに投げつけてるんやけど、キーボードが小さくて軽いからけっこうハネ返っちゃってねえ、それを拾いに行くTKがなんだか子供みたいでへなっちいように見えたというか・。(o_ _)ノ彡☆バンバン
シールドにつなげたまま動き回ってたから、引っ張り出すのにかなり苦労してたからねえ(笑)。
またシンセの上に乗っかって弾いちゃえばええのにって思ったわ(爆)。
まあこれが久々に見れただけでもglobeファンはけっこう観に行った甲斐があったとは思う。
globeのLIVEでキーボード壊してたのってドームの時ぐらいまで遡らないと無かったんちゃうかなあ?
TMだとMTRより後では壊してなかったように思うしねえ?
それだけにあのカッコ悪い壊し方は悔やまれたなあ(爆)。
もしかしたらあの時の手際の悪さからしてその時の気分でやっちゃったのかもしれへんよ?(* ̄m ̄)プッ
  1. 2005/08/31(水) 16:30:21 |
  2. URL |
  3. JIN #- |
  4. 編集

a-nation '05お疲れ様~

私が見てた周りは、Judgementの時も
一応盛り上がってる人いたけどね。
でも、横のブロックとかからは、休憩タイム
みたいな感じで、後ろに歩いていく人結構いた・・・。

TKのキーボード破壊は、"今日は壊すよ”
みたいな前ふりを感じた(笑)
でもあの壊し方は中途半端
鍵盤すら壊れてないと思われるし(爆)
壊す前フリ中に、スタッフ出てきそうに
なってたから、思いつきでやったのかもね(笑)
壊すならもっと高いものを(爆)

globe LIVEでの破壊活動は、Relationツアーが一番最後だね(たぶん)
キーボード投げがあったあかは覚えてませんが
・・・。

来年は会場まで歩かないで済むようにしてくれ~(笑)
  1. 2005/09/11(日) 15:36:09 |
  2. URL |
  3. よっしー #- |
  4. 編集

なんせ後ろから見てると『Judgement』の時にやたらとズラズラ後ろにやって来てたわ・・・。
イイ曲やのにねえ~!
KEIKO歌詞間違えてたりしてたけど(笑)。

そうそう、キーボードはなんか壊しそうな雰囲気はあったよね(笑)。
アレはたぶんその時のノリがかなりあったと思うからスタッフもけっこう慌ててたんとちゃうかなあ?(爆)
キーボードを引っ張り出そうとして、TKもちょっとスタッフに難しいかなあ?みたいな苦笑いした顔見せてたもんねえ~。
あの壊し方は遠目に見てかなりマヌケやったわ。(o_ _)ノ彡☆バンバン
やっぱりハモンドオルガンの上で暴れてから、ショルダーキーボードをブッ壊すって感じでないと。

Relationツアーでそんな破壊活動してたっけ?
あんまり覚えてないなあ?

会場まであれだけの距離があったから思ったより混雑しなかったっていうのはあるかもしれないけどね。
遅れて行ったからヤキモキしたわ(笑)。
  1. 2005/09/12(月) 21:13:06 |
  2. URL |
  3. JIN #- |
  4. 編集

キーボード破壊する前フリとして、
"ならないなぁ”みたいか感じにやってた
時に、スタッフが出てきそうになってた(笑)

キーボードの破壊活動は、Love Againツアーが最後か?

まぁどっちにしてもかなり久々ってことで)(笑)

単独ツアーではもっとはげしく壊してくれることを期待しよう
TORITONぐらいを(爆)
  1. 2005/09/15(木) 13:43:25 |
  2. URL |
  3. よっしー #- |
  4. 編集

そうそう、スタッフがちょっと出てきそうになっとったよね(笑)。

キーボードの破壊はドームツアーしかやってないんちゃうかなあ?
野外ではオルガンの上に乗ったりはしてたかもしれへんけど、どうやったかねえ?

ほんまにかなり久々やったから壊す感覚も鈍ってたのかな?(笑)。
今はもうあんまり激しく壊す経済的余裕も無かったりして?(爆)。
TRITONもけっこうするからねえ~。
STAGEAとかブッ壊したらすごいけどね!(爆)
  1. 2005/09/20(火) 04:14:58 |
  2. URL |
  3. JIN #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/141-e3dbb1d1

| ホーム |