FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

バンドの顔

06-06-08_04-32.jpg


昨日はうちの職場にT○BEのギタリストの人が来ててんけどね。

以前レ○ッカのギタリストさんが来た時も、17○Rのギタリストさんが来た時も、みんな「誰?」みたいな顔をしてたけど、T○BEでもわからんみたいやね(笑)。

ここで質問。
以下のグループでギタリストの顔を思い出してみて下さい。

・Mr.Children
・SOUTHERN ALL STARS
・L'A rc~en~Ciel
・GLAY
・ウルフルズ
・スピッツ
・ポルノ・グラフィティ
・ORANGE RANGE


初級編やけど、けっこうわからん人もいるんちゃう?(笑)
言われてみればこんな感じの顔した人いたかも?っていう程度のもんで。
顔がわかっても名前まではほとんどわからんかったりして?

バンドがどんなに有名やってもみんながわかるのはヴォーカルの顔ぐらいってことになるらしい。

そうゆう意味ではやっぱりヴォーカリストって重要やわね。
バンドの顔になるわけやから。
否応無しに注目を浴びることになる。
ヴォーカルっていうのは素人でもうまいかヘタかってわかるしね。
華があるかどうかとか、キャラクターとか、前面に出てパフォーマンスしないといかんわけやし、表現力っていうもんがかなり要求される。
それもその場の空気を察知して支配する力がないといけないからものすごい神経を使うことになる。
MCなんか特にそうやね。
すべった時は寒いでえ~~~~(笑)。

そして何よりも自分の肉体そのものが楽器なんで、メンテナンスが大変だ。
その日その日でやっぱりコンディションって変わってくるからねえ。
ヴォーカリストっていうのは普段の練習では他のパートほどそんなに気合いを入れて練習しないといけないってことはないんやけど、その代わり本番で要求されることっていうのはとてつもなく大きいねんなあ。
テンションの持って行き方とかね。
オレは本番ではメンバーとの練習やリハーサルでも見せなかったようなことをよくやっていた。
どこかで身内をも裏切りたい衝動みたいなものもあったりするもんなんよね(笑)。
その方が刺激になるもんだ。

唯一無二の声っていうものを武器にする以上、独自の世界を醸し出す必要がある。
これはもうバンド全体の音にも言えることではあるけども。
バンドやってた時はそのスタイルの確立に随分試行錯誤したのを覚えてるねえ。
まあソロでやったらやったでこれまた試行錯誤は絶えないけどね(笑)。

要するに音楽をやる側に回ってしまったらもう止まることはできないってことだ。

そして結局は「何をどうやって伝えたいねん?」ってところに行き着く。

06-06-08_04-35.jpg


さて、T○BEのギタリストの春○さんやけども、格好はもうやっぱりT○BEそのまんまで、わりと華奢な感じで顔が随分小っこくてビックリしたねえ。
実はT○BEって全然好きとちゃうんやけど、演奏はイイもんを聴かせてもらったなあ♪

06-06-08_04-36~00.jpg

     
     FLOWER TRAVELLIN' BAND『SPASMS』を聴きながら…。



スポンサーサイト





  1. 2006/06/10(土) 12:53:50|
  2. 歌・ヴォーカル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

♪カラオケバトン♪ | ホーム | 「別れました」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/342-a6e9359d

| ホーム |