FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

2007.11.3 久々のTM NETWORK@パシフィコ横浜・国立大ホール




そんなこんなでてんやわんやになってから、席について何かもう始まるまでに疲れちゃいましたね(笑)。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-540.html

会場はグランキューブ大阪に近い作りでしたね。

キャパは5000人ちょいということで普通。

二日間公演でしたが、客席の空きは全く見あたりませんでした。

だからオレが会場のお姉さんに連れてもらって来た時には、そこだけ一つポッカリと空いてたっていう(笑)。

TMのLIVEはまだ後渋谷C.C.Lemonホールで2回、日本武道館で1回あるんで、それを見に行く人はネタバレになるかもしれないんで、以後は読まない方がイイかと思います。


今回のTM NETWORKのLIVEは『2007楽器フェア』のイベントの一環として行われたものですが、タイトルが『REMASTER』ということで、昔の曲をたくさんやってくれるであろうことはわかっていました。

ただTMを支えるメンバーが今回はいつもと違っていて、そこが今回の最大のポイントだったようにも思います。

ギターはFENCE OF DEFENSE北島健二、ドラムはそうる透、ベースは吉田健と知る人ぞ知るベテラン勢。

特にドラムのそうる透は今回TMのメンツとは初の絡みで、以前03というバンドでものすごいドラムプレイを披露してたのを目の当たりにしてたんで、個人的に期待度も高かったです。

TMのメンバーも宇都宮隆50歳木根尚登50歳小室哲哉48歳(来月49歳)と合わせて148歳という…って合わせる必要性は全くないんですが(笑)、この人達もすっかり年をとってしまいましたねえ~。

でも見た目はそんな大台に乗ったとは全然思えないぐらい若いです。

メンバーが年をとってるってことは客層ももうかなり年齢層が上がってきたんやろうなあって思ってたんですが、意外と若い人も多かったですねえ。

おそらくリアルタイムでは聴いてなかったけど、後から何かのきっかけで興味を持った人達も多いようで、未だにファンが再生産されてる部分もあるんでしょうね。

BOφWYTHE BLUE HEARTSなんかのように。

それと自分が見回した感じだと男性ファンもすごく多くて男女比4:6、あるいは5:5に近いぐらいの割合だったように感じました。

それにしても3階の一番左端っこで、会場にはビジョンも無かったもんだからものすごく見えにくかったです…。

ステージまで遠いこと遠いこと…。

チケット取れただけマシなんでしょうが、オペラグラスを忘れなくて良かったです。

そのかわり肝心のチケット忘れてどうすんねんって話ですけどね(爆)。

そんな位置のせいもあってか、周りはみんなおとなしめでした。

この前大阪で見たtributeライブの方がよっぽどノリが良かったように思いましたねえ。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-473.html

土地柄もあるのかな?

まあオレもいつもより疲れてたんで、ノリもイマイチでしたけどね…。


今回のセットリストは以下の通り。


1.STILL LOVE HER
2.HERE, THERE & EVERYWHERE
3.WE LOVE THE EARTH
4.HUMAN SYSTEM
5.SEVEN DAYS WAR
7.N43
8.TELEPHONE LINE
9.BEYOND THE TIME
10.WILD HEAVEN
11.キーボード・ソロ
12.BE TOGETHER
13.SELF CONTROL
14.TIME TO COUNTDOWN
15.ドラム・ソロ
16.WELCOME BACK 2
アンコール
17.GET WILD



シングル曲が多かったですね。

TMにしてはかなり珍しくどれも原曲に近い感じでLIVEをやってました。

昔のTMはかなりガチガチに「非日常」を演出していて、MCもほとんどなく、アンコールも無しというカッチリとしたステージで、クオリティーの高いエンターテインメントをしてたんですが、今回は大人のバンド演奏っていう趣が強かったように思います。

TM NETWORK時代、小室哲哉なんかTMN終了の一番最後に挨拶をした程度で全く言葉を発することなんかしたことなかったのに、今回は3人ともよく喋ってて笑わせてくれましたねえ~♪

ウツが新曲でおもいっきり間違ってしまったんですが、その後のMCでTMが紅白歌合戦に出場した時にも歌詞を間違えたことをおもいっきりツッコまれてたんですけどね(笑)。

ただその紅白の司会が加山雄三だったんですが、少年隊『仮面舞踏会』を紹介する時に、

「仮面ライダーーーーーーーーーッ!!」

っておもいっきりありえない言い間違いをしてしまったもんだから、それに比べればなんてことないっていうフォローをしてました(爆)。

哲っちゃんいわくそれが一番の紅白の思い出だとか(笑)。

そんな哲っちゃんもこの日たくさん間違えていたことをカミングアウト。

だからウツが間違えてくれて本当に良かったなんてことを言ってました(笑)。

なんせこの日はおじさん達のトークが抜群に冴えていましたね(爆)。


全体的に音が良くて、TMでの生ドラムや生ベースの音も新鮮でしたね。

楽器フェアってこともあってかいつも以上にキーボードソロが長かったんですけどね。

『キーボード・マガジン』を読まなくなって久しいもんで、昔みたいに機材を詳しくレポできなくなっちゃったんですが(汗)、あるシンセのテルミン機能を使ってアナログシンセっぽい音をウインウイン鳴らしてたのが印象的でした。

それとそうる透のドラムソロも長かったんですけど、これまた圧巻でしたねえ~!

最後はEL&Pカール・パーマーのように銅鑼を叩いた後に『WELCOME BACK 2』をやったんですが、この曲はそうる透吉田健に協力してもらってこその曲っていう気がしましたね。

シングルで最初聴いた時にはなんてダサい曲なんだろうって思ったんですが、生でバンドで聴いてみるとそんなには悪くなかったです。

アンコールが普通のアレンジの『GET WILD』だけだったのはかなり物足らなかったですねえ~。

後はもうちょっと激しいめの曲もやってほしかったなあ~。

『TIME TO COUNTDOWN』は当時の演出や演奏を彷彿させてくれてすごかったですけどね。

正直言ってTM NETWORKが活動してない間、tributeであるSPIN OFFのLIVEで通好みの選曲を楽しんでたこともあって今回の選曲には全く新鮮味が無かったことも残念でした。

トータルで見るとTMにしては短いLIVEのように感じたんですけど、メンバーも年だからしゃーないのかな?(笑)

とりあえずちゃんと関西にも来てやってくれって思いましたね。







今日はじゃあ20周年を迎えた時のTM NETWORK『Self Control』のLIVEを♪

この曲はやっぱり盛り上がりますねえ~!

今回のLIVEでも改めてかなり強力なイントロでイイ曲やなあって思いました。

この映像でサポートギターをやってるのが今回参加してた北島健二です。






     TM NETWORK『Self Control(方舟に曵かれて)』を聴きながら…。
スポンサーサイト





  1. 2007/11/09(金) 10:49:43|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ネッ友さんと楽しんだ新宿♪ | ホーム | 横浜で大慌て!ありえない失敗…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/541-3dddf458

| ホーム |