FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

2007.11.22 Underworld in Oblivion Ball 2007@Zepp Osaka




ええ~っと、全身が痛くて昨日は一日中寝てました。

というのも一昨日、Zepp OsakaまでUnderworld(アンダーワールド)のLIVEに行ってきまして。

17:00開場・開演って早いなあと思って行ったんですが、着いたらあんまり人はいないし、入場口は閉まってるしで何でやろう?って思ったんですけどね。

それでもスロープを下りてドアを開けたら中に入れたんで、入っちゃったら全然LIVEをやってる様子もなく…。

もしかして日付を間違えたんやないやろうか?と思って近くに貼ってあったポスターを見たら間違いなく11/22と書いてあります。

この段階になってようやくチケットを見たんですが、なんと18:00開場・開演…。

どうやら25日上原ひろみのLIVEの時間とごっちゃになっていたようで、1時間早く来てしまったようです…。

グッズ売り場の準備をしてる中、まるで関係者であるかのような顔をしてそろっとまた出て行きました(笑)。

そこから寒い中を外でエラい待たされたわけですが、いざ入場になっても整理番号は後ろの方ですしなかなか入れず、こんなことならもうちょっと寝れたのになあって後悔しましたね。

ホールの中に入ると本日のゲストANDREW WEATHERALL(アンドリュー・ウェザオール)がDJをやってました。

彼は数年前に同じくZepp OsakaのKRAFTWERK(クラフトワーク)公演に出てたんでそれ以来の再会。

相変わらず地味で単調なテクノDJでした(笑)。

言ってみれば先ずは彼がその場の空気を温めていくような役割をしていたわけですが、一通りプレイを終えた後、今回のもう1組のスペシャルゲストであるSIMIAN MOBILE DISCO(シミアン・モバイル・ディスコ)の二人が登場してきました。

彼らの使うシンセの音圧がすごくて胸にドーン!と響いてきましたね!

彼らの音楽は初めて聴いたんですが、サウンドはJustice(ジャスティス)なんかのエレクトロニカ路線に近いと思いました。

これはオレにとってはあまり好みではないってことなんですけど、生で聴くとやっぱり音から受ける衝撃が全然違うんですよね!

音の粒の1個1個がとても重いし太い!

特にテクノ系はリズム隊の振動っていうのがとてつもなく響いてくるんで、体全体で受ける感じがたまらなくて、思わず動いちゃうんですよ。

それでもって同じフレーズを何度もループさせていくんですが、それがまたトランス状態へ誘う効果があって、お酒が入るとぐるぐる回って気持ちイイんですよね♪

まあオレはこの日はこの後仕事があるんでずっと水飲んでましたが(笑)。

そして重低音と共にもう一つ大事なのが照明でしょうね。

光によって煽られる高揚感っていうのがすごくあるんですよね!

それが非日常のトリップ感を演出するのに大きな役割を果たしてると思います。

ここでSMIAN MOBILE DISCO『Hustler』のPVを貼っておきましょうか。

エロくてけっこう面白いです(笑)。




けっこう盛り上がった後、またアンドリューが繋ぎにDJやってました。

オレはどうも彼のDJは退屈でいつもテンションが下がっちゃうんですよねえ~。

この日は終演予定が22:45ということでおよそ5時間のイベント。

しかもオールスタンディングなんでけっこうハードなんですよ。

そこにきてアンドリューのDJは集中力も切れてきて疲れちゃいました…。

それでも彼は自分の役割をちゃんと心得たプレイをしてたんでしょうね。

一応彼のプレイの動画も貼っておきます。







そしていよいよお待ちかね、Underworldの3人が登場!

彼らが出てきて機材の前にセッティングすると、会場も一気にテンションが上がりましたねえ~。

何をやってくれるんやろう♪っていう期待感に溢れていたと思います。

今回は真ん中の右側の辺で見てたんですが、KRAFTWERKBOOM BOOM SATELLITESの時みたいにそこまで押し合いへし合いすることもなくて良かったです。

男女比は6:4か7:3ぐらいで男性の方が多かったと思いますが、オレはわりと背が高い方の部類に入るんで、そんなに見にくいこともなかったですしね。

年齢層は20代が圧倒的に多いように見えました。

オレも見た目は20代でいけてたとは思うんですけどね(笑)。

それと綺麗な女性が多かったです(爆)。

Underworldはテクノ系のアーティストの中では決してハズすことのできない存在のアーティストで、それはもはや単なるクラブミュージックの枠の中にはおさまらない影響力を持っています。

ただ中心的存在だったダレン・エマーソンが脱退してしまったのは大きかったでしょうけどね。

10月に新しく出たアルバム『Oblibion With Bells』は全体的におとなしめで個人的には期待ハズレだったんで、正直言って今回のLIVEもそんなには期待してなかったんですよ。

とりあえず1度は生で味わっておかないとなあっていうノリだけで。

そもそもテクノ系の音楽はヘッドフォンで聴く気持ちよさっていうのもすごく高い音楽なんですが、やっぱり生で聴くと音の刺激が全然違いますね。

なんだか気持ちよくなってしまって大音量にも関わらず眠たくなってしまいました(笑)。

あのホールの真ん中にダブルベッドを置いて大の字になって横になりながらこの音の波に飲まれてみたいっていうような感じ(爆)。

その後はだんだん過去のヒット曲が連発され否応無しに盛り上がってました!

『Two Months Off』『Born Slippy Nuxx』なんかはみんなの期待度もかなり高かった曲のようで、リアクションも大きかったですね。

テクノ系のLIVEのイイ所はけっこうみんな各々が自由な動きで楽しんでるところでしょうね。

激しくダンスするもよし、ピョンピョン飛び跳ねるもよし、リズムをとりながらじっくり聴くもよし。

オレってヴォーカリストのくせしてみんなで揃って同じアクションするのとかってなんか宗教じみてて嫌いなんですよ(笑)。

そうゆう意味でも居心地は良かったです。

それでもUnderworldは比較的ロックな要素もある方でしょうけどね。

たとえカール・ハイドのタコ踊りのようなパフォーマンスを観てもそう思いました(笑)。

最後にステージ上の3人が抱擁してる時には終演の22:45が過ぎてたんで急いで出ましたね。

なんせ仕事に直行しないと間に合わない時間でしたからね。


セットリストはちょっと怪しいですがだいたい以下みたいな感じだったと。

まだ幕張メッセが残ってるんで、行く人は見ない方がイイと思います。





1.Mmm Skyscraper I Love You
2.?
3.Crocodile
4.Beautiful Burnout
5.Cowgirl / Rez
6.Boy, Boy, Boy
7.Two Months Off
8.Spikee
9.Glam Bucket
10.King Of Snake
11.Born Slippy Nuxx
12.Jumbo




アンコールは無かったですが、カールがやたらと「オオサカ!ファンタスティーック!!」って何度も叫んでたんで、たぶん最初から最後までノンストップでやり終えた方がイイやろうって思ったんでしょうね。


LIVEの後に仕事ってほんまいつも余韻が丸つぶれになるんでイヤなんですが仕方がないです。

夕飯を食べる暇もなくギリギリに職場に着いて、朝まで仕事してくたくたでした…。

年をとるにつれて回復力が遅くなってくるもんですね…。

昨日は祝日で休みだったからイイですけど、Daft Punk(ダフト・パンク)を観に行く時はもっとハードなことになりそうでちょっと怯みました(笑)。

だって今度は神戸まで出向いて、しかもDaft Punkの前にBOOM BOOM SATELLITESが出演するわけですから、今日よりかなり激しいことになるのは間違いないですからね。

しかも次の日じっくりと体を休めることもできないのにその後はまた朝まで仕事…。

これはもう自分はまだまだ若いんやと自己暗示をかけて乗り越えるしかありません(笑)。




ちなみに今日はBOOM BOOM SATELLITESのLIVEのチケット先行予約に抽選でハズれたため、一般発売で朝から電話かけまくらないといけません…。


そして、明日11/25(日)上原ひろみのZepp OsakaのLIVEですが、いろいろ声をかけてる最中なんですが、まだ一緒に行ってくれる人が見つかっておりません!!

1枚余っちゃうのはもったいないんで、チケット代はこの際いいですからほんまに誰か行きませんかああああ?!

開場16:00、開演17:00です。

普通に払うと6,500円ですし、人気の公演なのでかなりお得ですよ~!!






というわけで、今日は勿論Underworldの曲を紹介。

LIVEでも盛り上がった『Two Months Off』のLIVE映像をどうぞ♪






そしてもう一発、Underworldの曲で一番メジャーな曲は何と行っても『Born Slippy Nuxx』でしょうね。

映画『トレイン・スポッティング』にも使われて有名になりました。





     Underworld『Two Months Off』を聴きながら…。


スポンサーサイト





  1. 2007/11/24(土) 03:29:45|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2007.11.25 やっぱり上原ひろみは凄かった!!@Zepp Osaka | ホーム | もっと音楽仲間が欲しいなあ~♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/550-990a3a93

| ホーム |