FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

『明日を越えて』

92403.jpg


オレのネットのお友達の中に心の病気と闘っている人がいます。
そこまで詳しいことはわかりませんが、日記を読む限りではかなり苦しみが伝わってきました。
躁鬱状態の激しさも伝わってきました。
そこに至るまでにも人生いろいろあったようですが、その友達は自分の存在を否定したり傷つけることを習慣にでもしているかのように見えました。
周りの人達の好意も素直に受け入れられず、そんな自分をまた責め続けるという悪循環。
もがきながらも自分と必死に闘っていたようですが、やがて
「心を閉ざすことに慣れてしまった」
と言いながら、過食症になってしまったこともあって、人と会うことも嫌になってしまったようなのです。
今では心だけでなく体をも病魔が蝕んでしまっているようで・・・。
その病気は一生付き合っていかないといけない大変な病気だと言うのですが、
「こんなこと家族にも言えない」
とボー然としたように語っている日記が1月下旬で止まっていて非常に気がかりな状態でした。
病気になる前が非常に明るい人だっただけに見ていてかなりつらかったです。
どうやって声をかけたらいいのかもわからない状態で、もう遠くから見守ることしかできなくなってしまっていました・・・。 

そしてその友達はついにネットからひっそりと姿を消してしまいました…。
どんなに精神状態が悪くても、ネットで日記を書いてるうちはまだ大丈夫だろうと思っていただけに、かなりショックです。
大丈夫であることを祈るしかありません。
幸いその友達には支えようとしてくれる人が何人もいたようですから。
自分に負けないで頑張って生きて行ってほしいです!!

sora2.1.jpg


その友達が以前、オレの書いた詞を褒めてくれたことがあります。
「JIN君のこの詩を読むと心が解きほぐれていくようです」
と言ってもらえたのが下の歌詞。
うちのサイトに来るといつも最初にこの詞を読んでいてくれたそうです。


   『明日を越えて』 

                 作詞・作曲・編曲 JIN


怒りも憎しみも悲しみも 全て虚しさに変わるだけ

寂しさもまた 凍りつき始めてた

真実の優しさ護るため 冷めた視線に突き刺される

傷つかないで生きることはできない




人は皆どんな時でも 自分が可愛いの?

朽ちてゆきそうな心には 涙も出ないさ




目が覚めても悪夢の続きで 嫌気のさすような毎日

でも一人では生きることはできない




思い出にすがるだけでは 悔しすぎるから

立ち止まることや逃げること 許せはしないさ




思いつめたその瞳で 明日を迎え撃てばいい

何をしていても時間は 流れ続けてゆく

誰かを愛せる自分を 何かを愛せる心を

消さない限りは明日を 越えることができる




愛も夢も自由も平和も 全て飾りだけの言葉で

ただ何一つ 重さを感じられない

どんなにきれいごとをを並べても 全て嘘のように思える

でも人は皆 何かを信じてるはず




繰り返される過ちに 呆れ果てようとも

立ち止まることや逃げること 許せはしないさ




おどけた顔の人達よ 足下ばかり見てないか

哀しみは誰もが背負い 時を重ねている

傷だらけの心だから 優しくなれるはずだから

命ある限り明日を 越えることができる




思いつめたその瞳で 明日を迎え撃てばいい

何をしていても時間は 流れ続けてゆく

誰かを愛せる自分を 何かを愛せる心を

消さない限りは明日を 越えることができる




ララララララララララララ・・・・・・・・・




この詞はもう10年以上も前に書いたもの。
当時、まだまだ自分が悲観的だったり厭世的だったりしたもので、その心境が色濃く出てますよね(笑)。 
ピュアやったよなあ~(爆)。 
でも今、この歌詞を見つめてみると、あんまり今もオレの言ってることって変わってないなあって思ってしまいました。
今でもピュアってことか(爆) 。

ちなみにこの曲は作ったはいいものの、自分の他の曲に似てたこともあってボツにしてしまった曲です(汗) 。
自分で言うのも何やけど、けっこうイイメロディーなんやけどなあ~(笑) 。

この友達には歌詞しか見てもらってないですが、こうやってオレの言葉が誰かの心に響いてくれたかと思うと嬉しくてたまりませんでした。
そういえば
「JIN君、これからももっとたくさん詩を書いて下さい」
って言ってくれてたなあ。
なんとかまたどこかで見て貰えるように元気になってくれたらいいんやけど。
オレもところどころでこういう人達の言葉に支えられてきててんなあ。
そろそろまた頑張らねば!!(笑) 

こうゆうタイプの歌詞が、オレの原点ってことになりそうです。

kou24.jpg


      自分の曲『明日を越えて』を聴きながら・・・。
スポンサーサイト





  1. 2005/04/20(水) 16:37:03|
  2. 詩・詞|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2005.4.20 『SPIN OFF from TM -tribute LIVE 2005-』@なんばHatch | ホーム | V.A./ 『SOUND OF GARDEN 3』

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/62-32bb82b4

| ホーム |