FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

携帯から始まり、携帯で終わる恋

恋空


『恋空』を見ました。

出演は新垣結衣、三浦春馬、臼田あさ美、中村蒼、波瑠、深田あき、浅利陽介、大和田健介、松井絵里奈、大平奈津美、山本龍二、高橋ジョージ、香里奈、麻生祐未、浅野ゆう子、小出恵介といった面々。

巷ではケータイ小説の傑作と呼ばれてたりもしてたみたいですが、話題になってた作品ということもあって見てみました。

基本的に思春期の恋愛話はピュアな気持ちやときめきなんかを思い出させてくれたりするんで好きなんですけどね。

今じゃなかなか無いですし?(笑)

オレの中ではケータイ小説っていうのは素人くさくて中身が薄っぺらいっていう印象があるんですが、原作は読んでませんがこの『恋空』に関してもちょっと幼稚なものを感じちゃったっていうのが事実です。

そりゃこれらのことが盛り込まれればドラマティックには見えるやろうっていうエッセンスが多分に盛り込まれています。

登場人物達の行動もやたら浅はかで単純なところもあまり説得力を感じませんでした。

それがなんぼ若さ故の愛の瞬発力だったとしても。

そんなところが作品として白々しいものを感じずにはいられないんですよね。

「実話をもとに」っていうのは本当なのか?ちょっと疑わしく感じました。

それでも「事実は小説より奇なり」っていうように、実際にこの『恋空』の話よりもドラマティックな現実っていうのもいくつもあったりするもんですけどね。


作品としての完成度は決して高くないですが、この映画に出て来る空の青さだったり、草木の緑の印象がとても清々しく、そういった鮮やかさと新垣結衣と三浦春馬のカップルのピュアっぷりがマッチして、映画のトーンとしての綺麗さが残る作品のように感じました。

そしてこの映画に欠かせなかったのが携帯電話。

二人の恋愛で常にキーとなっていたアイテムです。

オレの思春期の頃にはまだ携帯電話どころかポケベルすらなかったので(笑)、恋愛のあり方において最も環境が違うポイントだと思います。

もしオレが十代の頃に携帯電話を持っていたとしたら、おそらく全く違う恋愛模様が展開されてたことでしょう。

メールや電話で会えない時間を容易く埋めることができる恋愛は展開も早いもんなんでしょうね。

良くも悪くも。

家にいながらにしても恋愛を育んでいってるような感覚に落ちる便利な部分はあるかと思います。


かつてオレのネッ友さんが白血病になって亡くなった日記を書きましたが、彼女にとっては携帯電話のメールとサイトで日記を読み書きするっていうことだけが恋愛の救いになってたわけです。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-460.html

恋愛経験の浅かった彼女にとって、最後に少しでも幸せな気持ちでいられたとしたなら、携帯電話がもたらした役割ってとても大きかったでしょうからね。

オレもメールで言葉で応援し続けることしかできなかったですけど、それでも心の絆っていうのは今でも忘れずにいれてることが、素敵な出逢いだったことの証しだと思ってます。


今でも忘れられない大切な人っていますか?

もしその人が今自分の目の前に現れたらどうでしょう?

それでも過去に引っ張られずに前を向けるでしょうか?


この映画のような大恋愛をした後に、果たしてちゃんと次のステップの恋愛に踏み出せるのかなあ?って思ったのが一つ。

そして、恋愛にはきっかけやタイミングがあるけど、それがちょっとズレただけで自分の努力ではいかんともしがたい現実の前にひれ伏してしまうこともあるっていう哀しさを感じたのが一つ。


オレがどうしても気になってしまったのが小出恵介の役どころでした。

時には自分の気持ちを押し殺してでも、相手の幸せを願う行動をとってしまうようなああゆう心の支えとなる存在っていうのは、過去の自分とカブっちゃうところがあって、その辛さがよくわかるんですよ(笑)。

時にはいろんなことが見え過ぎてわかりすぎて苦しんじゃうっていうような、ね。

結局自分はただのイイ人で終わっちゃうんやろうか?なんて思ったことが幾度となくあったもんですから…。


この『恋空』、今やってるドラマ『ROOKIES』の後番組として水沢エレナ瀬戸康史のコンビでドラマ化が決定されてますが、監督は今井夏木、脚本は渡邊睦月とこの映画と同じコンビがまた取り組むみたいです。

果たして巷で言われてるほど泣ける話なのか?チェックしてみても良いかと思います。

ちょっと甘めですが、★7つ




旅立ちの唄

今日は映画『恋空』の主題歌だったMr.Children『旅立ちの唄』をLIVEヴァージョンでどうぞ♪

この映画にとてもよく合ってました☆





     Mr.Children『旅立ちの唄』を聴きながら…。

スポンサーサイト





  1. 2008/07/26(土) 07:58:47|
  2. 映画・ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

我が青春のバイブル『めぞん一刻』 | ホーム | B'zと椎名林檎とPerfume

コメント

頑張ります。

っていうか、台本は書きあげて、今は現場スタッフと役者さんたちが頑張ってくれます。
今の時代、「恋愛」を真正面からとらえて描いて行くのって難しいものです。
どういう仕上がりになるかはまだ分かりませんが、少しでも多くの人の心に何かを残せたらと思っています。
  1. 2008/07/28(月) 13:57:30 |
  2. URL |
  3. 渡邉睦月 #- |
  4. 編集

コメントありがとうございます☆

>渡邊睦月さん
まさか脚本の御本人からカキコミをしてもらえるとは思ってなかったので驚きました(笑)。
本当は原作を読んでからアレコレ書きたかったっていう気持ちもあるんですけどね。
確かにいろんなものが稀薄になりすぎてる時代ですから、「恋愛」も真正面からとらえて描いて行くのは難しいかもしれませんね。
でも「恋愛」って人にとって一番の普遍的な関心事でもありますからね!
『恋空』が特に若い人達の間で心を打つような作品になればイイですね。
ドラマはちゃんと見させてもらいますよ☆
  1. 2008/07/28(月) 21:10:31 |
  2. URL |
  3. JIN #- |
  4. 編集

恋空

こんにちは(^_-)-☆
「恋空」、いよいよスタートですね~
映画は劇場で鑑賞させていただきましたが、ドラマもどのような仕上がりになっているのか、楽しみです。(^_-)-☆
  1. 2008/07/31(木) 20:46:21 |
  2. URL |
  3. ユーチューブ動画ブログ・山田 #vXeIqmFk |
  4. 編集

>ユーチューブ動画ブログ・山田さん
こんにちは!
ドラマももう中盤に入りましたが、個人的にはイマイチ盛り上がってないんですよねえ…。
キャストが地味に感じるっていうのもあるんですが、どうも感情移入しにくいのは自分が年をとってきて若い子の恋愛についていけなくなってきたってことなんでしょうかねえ?(笑)
ラストが映画と違うのかも注目したいですね☆
  1. 2008/08/25(月) 15:25:26 |
  2. URL |
  3. JIN #- |
  4. 編集

こんにちは

こんにちは。また、遊びに来ます。
  1. 2008/11/21(金) 12:42:17 |
  2. URL |
  3. さっちん #- |
  4. 編集

>さっちんさん
こんにちは!
コメレスすっかり遅くなっちゃいましたが、また遊びに来ていただいてるなら嬉しいです♪(笑)

  1. 2009/01/01(木) 20:29:35 |
  2. URL |
  3. JIN #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/637-7ebd9a50

| ホーム |