FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

2008.9.7 生B'zは相変わらず凄かった!!『LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-』@神戸ユニバー記念競技場

glorydays_logo.jpg

9/7(日)B'z『LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-』に行ってきました!

チケットを取ってもらったネッ友さんと三宮で合流して神戸ユニバー記念競技場まで行ったんですけどね。

家を出た時はどしゃ降りの雷雨で駅までチャリ乗ってたらアッと言う間にびしょ濡れになってしまって一時はどうなることかと思ったんですが、会場に着いた頃にはそんな天気がウソのように晴れていました。

ある意味、どしゃ降りの中でのLIVEも面白そうでしたけどね(笑)。

いやあ~、会場はバカデカかったですねえ~!

何万人ぐらい入ってたんかなあ?

それがもうほんまに埋まってましたからねえ~。

改めてB'zの人気の凄さを思い知った次第です。

席はスタンド席の下段だったんですが、なぜかその一帯に黒いカバーがかかっていました。

係員さんに聞いたところ、席が移動になってなんとアリーナ席へ!

何があったかわかりませんがおかげでHブロックまであるうちのCブロックの左手側っていう比較的イイ位置で観ることができました。

座席に着くと黄色いタオルがイスに貼付けてあって、御丁寧に雨の事を考えて用意してくれたんやなあと思って濡れた表面を拭きました。

実はこのタオルはそうゆう意味で付いてたんじゃないってことを後で知ることになるんですが…。

ザッと見渡したところ客層は20代半ばから40代ぐらいが多かったように思います。

男女比は半々ぐらいかな。

わりと普通の感じの人が多いですね。

ただ黒いB'zTシャツを着て鼻の穴にティッシュを詰め込んだまま歩いてたオバチャンが横を通っていったのはやたら気になりましたが(笑)。

鼻血を出すのはまだ早いでしょうに(爆)。



ここからはネタバレになるので、もしこれからこのB'zのLIVEを観に行くっていう人は読まないで下さい。



開演の18時から5分押しで、会場の至る所からスモークが。

ステージ左右のオーロラビジョンには濡れた白いドレスを着たモデルさんのような外人女性の足下から後ろ姿が映し出されると、やがてその女性が目の前のステージのド真ん中に本当に現れ、一言。

「Well, I really don't know how to say but…I guess I love you」

いきなり『BAD COMMUNICATION』で鳥肌!!

ステージの下からセットが上がってくるとB'zの稲葉浩志、松本孝弘、サポートメンバーの増田隆宣(Key)、Shane Gaalaas(Dr.)、Barry Sparks(Ba)doa大田伸一郎(Vo&Gt.)の6人が。

これでもう一瞬にしてに会場の心を鷲掴み!!

B'zがブレイクしたきっかけの曲ですからねえ。

この後もヒット曲や名曲が目白押しでテンション高かったです。

セットリストは以下の通り。


1.BAD COMMUNICATION

2.ultra soul
http://jp.youtube.com/watch?v=N-puk3BIbic
3.裸足の女神
http://jp.youtube.com/watch?v=-x0B1dlkSvc
4.BLOWIN'
http://jp.youtube.com/watch?v=Peb1RiDw-_I
5.ねがい
http://jp.youtube.com/watch?v=twJyj_4H1Gw
6.今夜月の見える丘に
http://jp.youtube.com/watch?v=zQsYqusoyFI
7.もう一度キスしたかった

8.恋心 (KOI-GOKORO)
http://jp.youtube.com/watch?v=6Y9fHtvOxHU
9孤独のRunaway
http://jp.youtube.com/watch?v=otSrVIfBtUA
10.Don't Leave Me
http://jp.youtube.com/watch?v=OWNv2MdNnvk
11.OCEAN
http://jp.youtube.com/watch?v=wy4kFJQtCcM
12.NATIVE DANCE
13.Oh! Darlin'(The Beatles)
14.だからその手を離して(Karaoke Style)
http://jp.youtube.com/watch?v=ias5v47ELUw
15.いつかまたここで
16.ONE
http://jp.youtube.com/watch?v=0MNYaTE-Pkw
17.LOVE PHANTOM
http://jp.youtube.com/watch?v=dkda1LhQjPs
18.ZERO
http://jp.youtube.com/watch?v=Y4OOT0mkos0
19.juice
http://jp.youtube.com/watch?v=R-MhNAEYlbU
20.愛のバクダン
http://jp.youtube.com/watch?v=NLjBRm_NvgA
21.BANZAI
http://jp.youtube.com/watch?v=hPPrp1ED64c
22.Brotherhood
http://jp.youtube.com/watch?v=8LLPYxhgps4
23.ギリギリchop
http://jp.youtube.com/watch?v=KvloNPrjwCI
【アンコール】
EN1.GLORY DAYS
http://jp.youtube.com/watch?v=IvQMuQcOxVM
EN2.RUN
http://jp.youtube.com/watch?v=MT_2HhmeCBY
EN3.Pleasure 2008 ~人生の快楽~




オレがB'zの曲の中でも特に好きな曲『ねがい』『もう一度キスしたかった』『孤独のRunaway』『今夜月の見える丘に』『Pleasure 2008 ~人生の快楽~』なんかをやってくれたのは本当に良かったですね。

そして何よりもデビュー曲の『だからその手を離して』をやってくれたこと!

今年でB'zはデビュー20周年

オレはTM NETWORKのサポートギタリストとして松本孝弘が参加していた事からもTMファミリーとしてのB'zの存在はデビュー当時から知っていたわけです。

この日はその結成秘話なんかを「SOUND JOKER」っていう思い出のスタジオのセットを模して、二人でしっぽりと語ってくれたりしました。

このコーナーの直前にはB'zが『夜のヒットスタジオ』に出演した時の映像が流れていて、若かりし頃のB'zの二人に会場からはたくさんのキャーっていう歓声と笑い声が(笑)。

『太陽のKomachi Angel』~『EASY COME, EASY GO』~『LADY GO ROUND』ときて、TV初登場の衝撃映像『BAD COMMUNICATION』ではみんな大爆笑(爆)。

稲葉「我々は何であんなに腰を振ってたんでしょうね?」

松本「いいじゃない」


オレはその当時この初出演をテレビで観てましたけど、確かにいっぱい腰振ってましたね(笑)。

結成の際、とりあえず音合わせしてみようってことで今回当時を振り返りながら二人で演奏してくれたのがThe Beatles(ザ・ビートルズ)『Oh! Darlin'』

その当時3曲やったらアンプが壊れてしまって音が出せなくなったままB'zというユニットは動き出したそうで、松本は稲葉にいまだにB'zに入れると言った覚えもなくいまだに継続しているという(笑)。

で、デビューしてアルバム2枚出すまではLIVEはやらないと決めていたそうで、それまではひたすらイベントに出演みたいな形をとっていたようです。

例えば松本孝弘は「ギターセミナー」なるものを全国でやっていて、そこで最後に稲葉が登場して歌うということをやってたそうです。

そのイベントやTV出演では、ヴォーカルとギターのトラックを抜いたカラオケCDを使って演奏してたらしいんですが、今回はKaraoke Styleということでデビュー曲の『だからその手を離して』を再現してくれました!

その当時の貴重映像がこれ。



当時からしっかりお客さんの心をつかんでます(笑)。

20~30人ぐらいの前でやってたのが今や何万人ですからねえ~!

そう思うとほんまに凄いですよね。

このコーナーは一番新曲の『いつかまたここで』で締めくくってましたが、B'zの感謝の気持ちが込もったイイ曲でしたね。

お茶目な稲葉さんは引っ込む時にDAIGOポーズなんかしてましたが(笑)。


B'zの生LIVEは今回で2回目でしたけど、いやもうほんまに相変わらず凄いなあって思いましたね。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-156.html

演奏はうまいしあんまりよく知らない曲でも安心して聴けますから。

セットも会場が大きかったんで、花火や炎やレーザービームと何かと大掛かりで楽しかったです。

それに夜空に浮かぶ月がまた野外ならではでした。

何と言っても稲葉浩志おそるべしですよ!

ステージをあれだけ縦横無尽に駆け巡りながらもあのハイトーンが衰えることなく、常にパワフルなシャウトと歌を聴かせてくれていました。

あれは日本人歌手のレベルの中でもトップ中のトップの実力やと思います。

そんな彼が『ギリギリchop』ではまだまだ行くぞとばかりにおもむろにズボンを脱ぎ出してなんと短パン姿に!!

この気合いの入りまくり具合にオレは失礼ながら大笑いしてしまいました(爆)。

で、例の黄色いタオルですけど、実はアレはみんなでこの曲で振り回す為にあったんですね。

それは会場の前の方からとブロック毎に七色に置かれていて、上から見ると会場全体がレインボーカラーになるということやったんですよ!

そんなこととは知らずただの雨水を拭くためのものだと思ってたオレは濡れたのを振り回すのも何やしと思って何もしませんでしたけどね。

でもそんなことはおかまいなしの人達が振り回す水しぶきがかかるわ、後ろの人の振り回すタオルがオレのちょうど後頭部に何度も当たるわで、この時はLIVEを楽しむよりも内心けっこうムカムカきてました(苦笑)。


アンコールでは会場みんなでウェーヴ。

ラストの『Pleasure 2008 ~人生の快楽~』が終わってB'zのLIVE恒例のみんなで「おつかれ」コールで締めた後、ここでサプライズが!

なんと稲葉さんがアリーナの方に降りてきたがな!

左脇と右脇で分かれてB'zの二人が歩いて会場に手を振るというサービスっぷり!

そうした途端席にいたお客が興奮してどっとフェンスに押し寄せたもんやからさあ大変!

気持ちはわからんでもないけど、オレはそうゆうことするの大っ嫌いなんで自分の席からは離れませんでした。

ハッキリ言ってオレとネッ友さん以外はみんな駆け寄ってましたから…。

みんなマナー悪いですねえ~。

おかげで稲葉さんが近くを通っても全然見えませんでしたよ…(怒)。

スタンド席から観てた人達はかなり危なく見えたようですね。

もしかしたらあの立ち入り禁止になってた席は前日の公演で誰かあそこで事故ったんちゃうか?

最後に二人が合流するとアリーナ奥の出口から退場していきましたとさ。


実はこの後の規制退場で会場から出るのにメチャメチャ時間がかかりました…。

およそ3時間のLIVEで9時過ぎに終わったんですが、会場を出たのはなんとその1時間以上も後…。

家に着いたのはもう0時近くでしたからねえ。

あれはもっとなんとかならんかったんかって思います。

結局そんなんでLIVEの疲れよりも家路への疲れがひどかったような感じでしたけど、この日めっちゃパワーをもらったような気がしますね。

やっぱり音楽は生が一番ですね!!

08-09-07_22-02.jpg



     B'z『Pleasure 2008 ~人生の快楽~』を聴きながら…。

スポンサーサイト





  1. 2008/09/09(火) 18:56:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

音楽の好みでその人の性格がわかる? | ホーム | 20世紀少年、デトロイト・メタル・シティ、ハンコックを立て続けにハシゴ!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/652-22722fc6

| ホーム |