FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

コンプレックスをバネにして

以前、『あいのり』「コンプレックス」について興味深い話をしていました。


コンプレックスっていうものは多かれ少なかれ誰もが持ってるものです。


コンプレックスの正体は「劣等感」というネガティヴな感情。


それは常に他人との比較によって頭の中に生み出されたもの。


一般的に、男は「社会的な地位」を気にし、女は「容姿」を気にします。


女は自分の遺伝子を残し、健康な子供を育てるためにも、男の経済力や将来性を重視。


だからこそ男は女性が重要視する「社会的な地位」を気にせずにはいられません。


男は自分の遺伝子を残すためには女性に子供を生んでもらうしかありません。


そしてより良い遺伝子を残すために、左右対称の均整がとれた相手を選ぶ傾向があります。


そのため先ずは見た目で判断する男性が多いということですね。


女性の方も男性が重要視する「容姿」を気にせずにはいられません。


どちらも「他人に認めてもらいたい」という関係性欲求からきています。


コンプレックスを持ったままの状態だと脳もうまく機能しないんだそうです。



では、このコンプレックスの克服法とは?


多くの場合は客観的な事実というよりかは主観的な思い込みで生じています。


それをいかにポジティヴに行動することによって自分の勝手な思い込みのイメージから解放してやるか?


コンプレックスを言い訳にして行動しないのか?


コンプレックスをバネにして行動するのか?


くよくよしていたって生きてる限り前進するしかないわけです。


だったら自ずと答えは出てくるはず。


オレ自身もいまだにどうしても払拭できないでいるコンプレックスがあります。


時には考えれば考えるほど屈辱的な気持ちに陥ることもあります。


何度も何度も「クソッタレ!!」とつぶやきながら前を向こうとしてきたもんです。


ただ、それは「こうあらねばならない」という価値観で締め付けられてるからにすぎないんですよね。


考え方を方向転換してみれば、そのコンプレックスによって自分が成長させられたと感じることも多いです。


足りないものがあるからこそ成長できるんですよね。


何も思い悩むこともなければ、何も気付けずになんとかしようともしなかったことでしょう。


だから考え過ぎたり、思い悩んだりするにしても、それが光に向かおうとしないなら、いっそ何も考えない方がマシかもしれません。


ものごとには両面がありますし、どちらを見るかで自分の心もとりまく周りの状況も全く変わっていくものです。


悩むなら有意義に悩もう。


今までと視点を変えてみよう。


そうすれば突破口は見つかるんじゃないでしょうか?


完璧な人なんていません。


コンプレックスがあるからこそ、もっと頑張ろうっていう気持ちにもなれるんですよね。


オレはいつも人のその向き合い方に注目しています。


あなたとおっぱいの向き合い方とか?(笑)



笑

人の魅力を語る上で欠かせないのが笑顔だと思います。


笑顔の素敵な人ってそれだけで人を惹き付けてくれますよね!


オレみたいなクールな人間は特に無邪気に笑える人を見ると羨ましく思っちゃいますね。


今日は笹川美和『笑』のPVをどうぞ♪


笑顔に限らず表情の豊かな人って生きてるって感じがしていいなあって思いますね☆





     笹川美和『笑』を聴きながら…。

スポンサーサイト





  1. 2008/12/17(水) 08:56:12|
  2. 男と女|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オレの2008年を漢字一字で表わすと? | ホーム | 記憶のない人生

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/686-d015ea5c

| ホーム |