FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

『M-1グランプリ2008』は笑えたか?

今日はさっき観終わった今年の『M-1グランプリ2008』の感想を。

お笑い番組は日頃からそんなにマメに観てる方ではないですが、M-1はもう第1回目から毎年楽しみに観ています。

ちなみに去年↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-562.html

ちなみに一昨年↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-435.html

今回勝ち残ったのはダイアン、笑い飯、モンスターエンジン、ナイツ、U字工事、ザ・パンチ、NON STYLE、キングコング敗者復活戦の勝者であるオードリーの9組。

それではそれぞれの簡単な感想を。


ダイアン…会場があったまってない中でのネタ披露はやっぱりかなり不利やなって思いましたね。
 面白かったけどエンジンかかるのが遅くてかわいそうでした。
 よく思うんですがお笑いであんまり一生懸命になりすぎると痛々しくて見てられなくなることがあります。
 右側の彼なんかもそのクチですね(笑)。


笑い飯…7年連続決勝進出っていう実力はかなり凄い!
 個人的には決勝に上がってほしかったけども、ネタ的には正直言ってあんまり面白くなかったですね。
 初出場の時はあのスタイルが衝撃的やったけど、時代の流れを感じました。


モンスターエンジン…いつも思うんですがとりあえず先ずはツカんでほしいんですよね。
 こちらに笑う準備をさせてほしいっていうか。
 彼らは一つ一つのフリが長過ぎて笑いになかなか繋がらず持ちませんでした。


ナイツ…安定してますね。
 あの落ち着いてる感じっていうのは笑う側には大事ですよね。
 あまりにも緊張が伝わってくると何か同情して笑ってあげんといかんような気になってくるんで(笑)。
 ただ彼らの場合はけっこういろんな番組でネタを見ちゃってたからもうそんなには笑えなかったです。


U字工事…実は今まで彼らのことをそんなに評価してなかったんですが(笑)、今日のネタ観たらもう1本観てみたいって思うぐらい面白かったですね。
 ああゆう方言の漫才をする人達っていうのは必要不可欠な存在やと思うのでこれからも頑張ってほしいですね。


ザ・パンチ…ぬわ~にぃ~?やっちまったなあ!っていうすべりっぷりでしたよね(爆)。
 来世は人にならないでえ~!
 あのツッコミは独特でクセになるんやけど、それ以外のネタとしての完成度がいつも低いなあって思ってしまって決勝に上がってきてること自体が不思議でした。
 でも嫌いじゃないしもっと期待してただけにかなり残念でした。


NON STYLE…彼らの名前を聞いて、あれ?どこかで聞いたことあるような?
 そして彼らの顔を見た時に、あれ?どこかで見たことあるような?
 実は関西の番組ではけっこう見かけてたハズなんですが、なんせ華がなくて影が薄い!!
 上沼恵美子や島田紳介が言ってたようにほんまにフリートークは全然パッとしないんですよ。
 だからこうやって初めてちゃんとネタを見てその完成度に驚きました!
 とても面白かったです!


キングコング…終始笑いたくても笑えないような気持ち悪い感じで見てました。
 中田カウスが言ってたように頭で考えて心がついていってないって言ってたのがほんまに的を射てたみたいで梶原も認めてましたね。
 優勝候補と言われてただけにもっと笑わせてほしかったですね。
 それでもただのお笑いタレントの枠におさまらず、漫才にこだわる芸人としての姿勢にはとても好感が持てます。


オードリー…実は彼らが決勝にいなかったことの方が不思議でした。
 だから敗者復活戦で上がってきた時もやっぱりきたかっていう感じでしたね。
 以前オードリーって最初観た時はなんか気持ち悪くて嫌やったんですけど(笑)、これがまたなんか段々クセになっちゃうもんを持ってるんですよね。
 出てきたらついつい見てしまうんですよ。
 あの他の誰もやってない独特の世界はほんまに好き嫌いは分かれるのかもしれませんが、オレはハマっちゃった方です。
 それもキモい春日の方じゃなくてあのツッコミの名前も知らない彼の方がいつも気になって見てしまうんですよ(笑)。
 見てる人の裏をかくネタ作りっていうのがとてもうまいって思いますね。
 ただからまわりしたらとことんからまわりする危険性をはらんでるコンビやと思いますけど(爆)。



この中で決勝に勝ち上がったのがオードリー、NON STYLE、ナイツの3組。

まあ納得のいくところでした。

ただ思ったのは、今年はこの3組のうちの誰が勝ち残ってもごっつ地味やなあ~っていう(笑)。

かろうじてオードリーの春日のインパクトぐらいかっていうね。

そう思ったら去年のサンドウィッチマンは華があったもんなあ。

結局NON STYLEが5ポイント、オードリーが2ポイント、ナイツが0ポイントでNON STYLEの優勝!

面白かったですけど、その前のネタの方が笑えました。


オレだけでしょうかねえ?

なんか今年は腹の底からは笑えなかったよなあって思ったのは。

歴代優勝者のネタとしては、サンドウィッチマンとかブラックマヨネーズとかチュートリアルとかアンタッチャブルとかもっともっと笑わせてもらっただけに、今年も面白いのは面白かったけどちょっと物足りないっていうような気はしました。

オレの中での爆笑にはちょっと及びませんでしたね。

ほんまはもっとこうゆう緊張感のある場ではない普通のライブの状況で観る方が楽しめるかもしれませんね。

純粋に笑いたいってことを考えた場合。

何か最近のお笑いは本来芸人が人前で見せたらあかん部分を見せられてるような居心地の悪い気分にさせられることも少なくないです。


とりあえずNON STYLEが優勝したけど大丈夫かなあ?っていうのが本音です。

勿論漫才は問題ないんですけど、二人ともトーク弱かったらTV的な露出はしんどいでしょうからねえ~。

これから一年でどこまで大きくなれるか?苦労してきた分頑張ってほしいと思います。



Greatest Hits Remixed

今日はじゃあM-1にちなんでFATBOY SLIM(ファットボーイ・スリム)『Because We Can』を聴いて下さい♪





     Fatboy Slim『Because We Can』を聴きながら…。

スポンサーサイト





  1. 2008/12/21(日) 23:54:15|
  2. 人生|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2008.12.19 生アジカンは熱かった!!@大阪城ホール | ホーム | オレの2008年を漢字一字で表わすと?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/688-c3c00ef1

| ホーム |