FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

『欲情の作法』が気マズい(笑)

欲情の作法

先日、作家の渡辺淳一がこの度『欲情の作法』っていう恋愛指南本を出し、『とくダネ!』に出演して恋愛講座をやってた話を書きました。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-722.html

その『欲情の作法』、早速読んでしまいました。

「どうして素直に思いを伝えられないのか。ここで問題になってくるのが恋愛をする上での「作法」です。」

と、表紙にはこう書かれています。

そして帯にはこんな風に書かれています。

「男と女の根源的な違い。それを理解すれば、新しい愛がはじまる。実践的最新恋愛講座」

「人を好きになるメカニズムが手に取るようにわかる。
たとえば、
・卵子と精子の性質の違いが意味するものとは?
・親近感を抱かせる褒め言葉を発するコツとは?
・相手の本音を探る、さりげない行動とは?
・「勝負下着」はほんとうに効果があるのか?
・容易に許す女は軽いのか?

どんな相手もその気にさせる究極の人間関係論、全14章」



先ずはこんな感じで気を引く言葉が並んでいます。


その全14章の内容はと言うと?

Lesson.1 男は振られる生き物である
Lesson.2 二兎しか追わぬもの一兎も得ず
Lesson.3 考えるよりまず行動を
Lesson.4 巧言令色ときめく愛
Lesson.5 焦らず明るく正直に
Lesson.6 近づきながらテイスティング
Lesson.7 容易に許す女は軽いのか
Lesson.8 結ばれる直前に考えること
Lesson.9 挿入する性とされる性
Lesson.10 男が萎える派手派手下着
Lesson.11 文句をいえない男に代わって
Lesson.12 セックスは二人の共同作業
Lesson.13 うまくできなかったときに
Lesson.14 なぜ、男と女がいるのか



この作品は『GOETHE』2007年9月号から2008年7月号に連載された「恋愛格差」を大幅に加筆・修正したものらしいです。

ってことは少しでも恋愛における格差が無くなるように、みんなもっと積極的に恋愛に励んで欲しいという気持ちを込めて書かれたものなんでしょうね。

確かにモテる人間はイキまくってるけど、モテない人間はほんまにサッパリ異性との交際は無縁っていうような大きな格差があるようにも思いますからね。


読みながら一番思ったことは、

「こんなことまで言うてもうたら、男と女についてモロに種明かしされてもうてて、今後やりにくくなるんちゃうん?」

っていうことですね(笑)。

あまりにも本質を突いてるがために、なんとなくはぐらかしたり目を背けていたことをもう一度よ~く見てみんかいとばかりに顔をつかまれるようなそんな感覚(爆)。

なんとも体裁の悪い感じになったところで、これはもう開き直らんとしゃ~ないわってなところでしょうか(笑)。

概ね納得のいく内容でしたが、中にはほんまにそうやろうか?

オレはそんなことないけど?みたいなこともありました。

そこは多少「個々の違い」があるのも当然でしょうからね。

相手を口説き落とすことや満たされるセックスをすることに関してはそんな懇切丁寧に指導してくれなくても、自分のスタイルがあってイイと思いますから(笑)。

ただそれも自信のない人達や勘違いしてる人達が多いからそこまで具体的に書かれてるんでしょうね。


渡辺淳一は男なので、やはり大方男性目線で書かれています。

だから女性からすれば認めたくないような、「そんなこと言ってほしくない」みたいなことも本音で書いてる部分があるので、もしかしたら読んでて男という生き物に対してつらい気持ちが起こるかもしれません。

ともすればミもフタもないと言うか、「それを言っちゃあおしめえよ」って言うか(笑)、今までグレイゾーンだったことにハッキリ白黒つけてるっていうような。

確かに言ってることは間違ってないかもしれないけど、もうちょっとオブラートに包んで言ってくれへん?的なところがあります(爆)。

でも男からしても「女ってそうゆうもんなんか?」って思うとげんなりしてしまうところもあるわけで、そこはもうお互い様でもあるんですけどね(笑)。

要はそれだけ男と女っていうものは全然違う生き物であって、その違いをちゃんと認めて理解しようとしてこそ、より良い関係が築けるんやでってことなんでしょう。

その違いを認めずして自分の性と同じような感覚で物事を考えるといろんな悲劇が生まれてしまうわけですね。

「挿入する性と、される性」では天と地ほども差があるってことを再認識する必要性を感じさせられました。

男は種で女は畑によく例えられますが、男はバラまく性で女は受け入れ育てる性。

そんな男と女との間に生じる誤解をいかにして解くことができるか?

そのためにも男と女の生物的な体のしくみから起こりうる考え方の差っていうものをもっと意識しないといけないのかもしれません。


とにかく読んでみて興味深いことはたくさん書いてありましたし、齢75歳自分の豊富な恋愛経験を生かした元医者である作家さんの目を通して書かれた恋愛観は面白かったです。

また今度特に気になった点に関してはクローズアップして語ってみようかと思います。




Best Satisfaction

では、今日はBenny Benassi『Who's Your Daddy?』っていう曲のPVをどうぞ♪

このPVもかなりエロティックですね!

『Who's Your Daddy?』なんてことにならないように日頃からちゃんと気をつけましょう(笑)。





     Benny Benassi『Who's Your Daddy?』を聴きながら…。
スポンサーサイト





  1. 2009/02/25(水) 20:05:03|
  2. 本・マンガ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「僕は音楽を信じる。おとぎ話を信じる人がいるように」 | ホーム | 監禁され、することなくて覗き見

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/726-3e464b88

| ホーム |