FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

「僕は音楽を信じる。おとぎ話を信じる人がいるように」

奇跡のシンフォニー

『奇跡のシンフォニー』っていう映画をDVDで観ました。

擁護施設で暮らしている孤児のエヴァンは心の中にいつも音楽が鳴り響いていました。

それこそが両親からの贈り物なんだと信じ、両親が必ず迎えに来ると信じながら。

ある日エヴァンは音に導かれるようにマンハッタンの街へ向かいます。

そしてそこで鋭い音感を武器にストリートミュージシャンとしての才能を開花させていくことになるんですけどね。

チェリストの母ライラと、元ミュージシャンの父ルイス、そしてエヴァンと意図せずバラバラになってしまっていた家族3人がそれぞれ音楽を愛し信じることで引き寄せられて行く奇跡を描いた映画。


この映画を最初に観て感じたことは現代のおとぎ話のような映画だってこと。

自分が音楽を奏でれば、いつか会いたい人の耳へも届くハズ…。

オレもそんな想いで音楽をやってた時もあったっけなあなんて思いながら、エヴァンのまさに「神童」のような才能を羨んでしまいました(笑)。

その天才ぶりがまたおとぎ話チックだったりするんですけどね。

音楽っていうのは言葉にできない感情が溢れ出たものだったりします。

だからこそ時に言葉以上に心に響いて来るっていう、そんな感動がありますよね。

オレはこの映画で音楽に魅かれ合う人達の姿を見ていて、音楽を愛し、音楽が人の心に届き心を動かすことを信じ、何よりも音楽を楽しむことに喜びを感じること、そんな音楽の素晴らしさにとても心を打たれました。

人と音楽との関係性ですね。

「絆」で結ばれていること。

そして子が親を、親が子を思う気持ち。

おそらくそれらが言葉にできない感動となってクライマックスでは涙が出そうになりました。

出演のフレディ・ハイモア、ジョナサン・リース=マイヤーズ、ケリー・ラッセル、テレンス・ハワード、ロビン・ウィリアムズ誰もが心に残る演技をしていてとてもイイ作品だったと思います。

また映画の中での音楽も素晴らしく、サントラ盤がほしくなりました♪

オーガスト・ラッシュ、カッコイイ!(笑)

ピュアな気持ちを忘れてはいけないって思いますね。

音楽が好きな人には是非とも観てもらいたい映画です。

★9つ。







奇跡のシンフォニーサントラ

今日はこの『奇跡のシンフォニー』からこのオレが大いに感動したクライマックスのオーケストラ『August's Rhapsody』をどうぞ♪

これから映画を観てみたいっていう人はこの動画を見ずに是非DVDを借りて観てみて下さい☆






     『August's Rhapsody』を聴きながら…。

スポンサーサイト





  1. 2009/02/27(金) 10:52:25|
  2. 映画・ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2009年1月によく聴いた曲TOP30♪ | ホーム | 『欲情の作法』が気マズい(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/727-f62ee235

| ホーム |