FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

ネッ友さんからの最期の言葉。。。

200802ne01.jpg

何から書いていいものやら…。

今朝の5:44、ネッ友さんのお父さんからメールが届きました。

お父さんからメールをもらったのは何度目になるかなあ?

4月にネッ友さんが心臓を手術して、その後肺炎を併発してしまったことで危篤状態に陥った時に、お父さんが必死の思いでメールで報せてくれました。

その後、ネッ友さんは無事に復活してくれたんですけどね。


その次、5/18にお父さんからまたメールをもらうことになります。

ネッ友さんが突然腕を噛みちぎろうとして慌てて数人がかりで制止したところ、今度は舌を噛んで自殺をしようとしたからです。

なぜそんなことをって言うことは彼女の今までの人生いろいろあってのことなんで、この話はまた後日…。

ただ、その事がある前週に、彼女は今年末まで持つかどうかの余命を告げられていました。

そんなことがあって、お父さんから娘を励ましてほしいっていうお願いのメールやったんですよね。

ネッ友さんは眠ると一時の錯乱状態も落ち着いて、泣きながら怒るお父さんなんて初めて見たらしく、ただひたすら謝ったそうです。


そして今日はお父さんから直接携帯の方にメールをもらいました。

7日の午前3時頃、ネッ友さんが部屋で心肺停止状態で亡くなっているのを確認したそうです。

実はその数時間前にネッ友さんからメールをもらっていました。

それに気が付いたのは仕事が終わって帰ってきてからだったので、その時にはもうネッ友さんは亡くなっていたことになります。

彼女からの最後のメールにはオレに逢いたいっていう内容のことが書かれていたんですが、そんなんもっと元気になったら逢えるやんってオレは軽い気持ちで思ったんですけどね。

何かとても焦ってることは感じました。

まさかそれが彼女からの最後のメールになってしまうとは…。

たぶんもう自分の命は長くないことを身体で感じたんでしょう。

今回のお父さんからのメールにはネッ友さんから託された遺書ともとれるオレ宛のものがありました。

彼女はオレにいろいろ書いてもらうことを望んでた人なんで、彼女が「生きた証」として書き残しておきますね。


仁さんへ

このメールを拝見されているということは、もうMは死んじゃったということですよね。
父が無事、仁さんに送ってくれていたらの話だけど。
最期に、あなたという人に出会えたこと、本当に感謝しています。
ただのブログだけの繋がりだったけど、たくさんの温もりと優しさをいただき、私はとても穏やかな気持ちで病気と闘うことができました。
本当に有難う。
結局、最期の最期までワガママで与えてもらってばかりで何一つ返すことができなかったけど、もし天国に行けたなら私は神様にあなたの幸せを願ってきます。
そして空の上からいつまでもあなたを見守り続けていきたいと思っています。
もし、また女として日本に産まれてくることができたなら、今度こそ、あなたとじかに対面を果たしてみたいです。
できの悪い娘だったから無理かな…。
先に逝った彼とともに、ずっとあなたを応援しています。
どうか、お元気で。
そして幸せになってください。
心よりお祈りしています。
さよならは言わないよ。
またきっと会えると信じているからね。
身体に気をつけてね。
夢を、叶えてね。

たくさんたくさん
有難う…

仁さん、ずっと大好きだからね!


Mより




長いお付き合いになるネッ友さんはよくご存知のように、かつてオレは白血病のネッ友さんを最期まで見守っていたことがあります。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-460.html

そのことを綴っていたので、彼女もまたそれを読んでいろいろ励みにしてくれていたようです。


今日は葬儀場で最期のお別れを、友引なので親族のみで静かに見送りしたいとのことでした。

「本当に娘は貴方を信頼していたのだね、 娘は最期の最期に幸せな気持ちになれた、 心より感謝申し上げます」

というありがたい言葉をお父さんからいただきました。

こうやって日々ブログを綴ってることがこんな風に誰かの役に立てることもあるかと思うと嬉しいですよね。

彼女はオレの日記を全読破すると言って過去日記をかなり読みあさってくれてましたが、それも適うことなくお空に旅立っていきました。

余命宣告の話を聞いて、いつかこうゆう日が来ることは覚悟していましたが、最近は完全に油断していました。

退院してまた仕事にも復帰し始めたばかりやったからです。

彼女は3ヶ月後には岡山の病院に転院することも決まっていました。

だから今しかいろいろできないと焦っていました。

そして最近彼女が急に寿命を縮めることになってしまう何かとてつもないストレスになるようなトラブルが彼女の身に起こってしまったらしく、過呼吸を連発しかなりまいっていたようです。

「こういったストレスは心臓の冠動脈を更に悪化させてしまう恐れがある最大の要因なのでもう不安で怖くて寝られないし動悸がおさまらなくてしんどいです」

というかなり気がかりな内容のメールをもらったのがつい一昨日の夜中のことでした。

そのトラブルが詳しくはどういうことなのかはわからないんですが、裁判沙汰みたいなんで、おそらく最愛の亡くなった彼のことと関係してるのかもしれません。

そのことをお父さんもお通夜に彼女の親友から最近悩んでた旨を聞かされて気になってるみたいです。


お父さんが彼女の死を知った時の様子や、彼女からの最期のメールを読んで自然と涙が止まらなくなってしまったんですが、しばらくは心の整理をしたいと思います。

御家族の方達もまだ突然のことで実感が湧いていない状態のようで、お父さんもまだ涙がこぼれないと言っておられましたが、最期のお別れをした時にはどうしようもなく涙が溢れてきてしまったそうです。

それは夕方に改めて報せてもらったメールの中に書かれてありました。

ちなみにお父さんはメールのことをいつも「手紙」って言われるんですが、それがなんだかとても微笑ましく思ってしまうんですよね(笑)。

彼女もとてもステキなお父さんの下に生まれて来れて幸せやったやろうなあって改めて思いました。

明日またいろいろな想いを綴ってみたいと思っています。



今夜月の見える丘に

今日は彼女がファンクラブにも入ってるぐらい大好きだったB'zの曲を。

『今夜月の見える丘に』をLIVEでどうぞ♪

元気になったらB'zのLIVE一緒に行ってほしいって言ってたけど、実際にはその身体でLIVEに行くことは不可能やったみたいなんで、内心悔しい気持ちでいっぱいやったことと思います。

オレが代わりに歌ってあげることも今となっては不可能になってしまいました。

すぐにお見舞いに行けるような距離なら良かったんですが、きっとそのうち逢えるなんて思ってたらこのザマです…。

みなさんも後悔しないように、本当に逢っておきたいと思う人とは逢っておいた方がいいかもしれません。

人生、いつ何が起こるかわからないですから…。




オレがこうやって書くことでまた誰かに何かが伝わればいいなあと思ってます。

そのことで、彼女のように何かしらオレの言葉を受け取ってくれる人が少しでもいて役に立てたらと思います。

ちょっと放心状態だったりしますが、

「何があってもいつものオレらしく接すること」

それが一番やと彼女も言ってくれてたんで、頑張って書かせてもらいました。




     B'z『今夜月の見える丘に』を聴きながら…。

スポンサーサイト





  1. 2009/06/08(月) 19:19:29|
  2. 人生|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

リング上で散ったプロレスラー・三沢光晴の訃報に大ショック!! | ホーム | 性犯罪許すまじ!! Part3

コメント

お友達が亡くなられたんですね。。。

何て声をかければいいのかわかりませんが。。。MさんがJINさんの言葉に救われていたって事をとても感じます。
その事は同時にお父さんを助ける事にもなっていたんですね。。。
大切な人の記憶に残る事が一番の生きた証ですよね。

元気でいると遠い先の未来を想って生きがちですが、誰にも同じように明日があるって保証はどこにもないんですよね。
今に感謝して今に後悔ないように生きるって事を、もう一度考え直さないといけないなって感じました。

とても辛い思いでおられると思いますが、体に障らないようにして下さいね。心配です。

Mさんの御冥福をお祈り致します。。。
  1. 2009/06/11(木) 03:46:03 |
  2. URL |
  3. yuko #- |
  4. 編集

>yukoさん
人が亡くなった時っていうのはどうゆう言葉をかけたらいいか難しかったりするもんですが、こうやって言葉をもらえるだけで嬉しく思います。

ネッ友さんが亡くなってからアッと言う間に10日が過ぎましたが、その後もお父さんとやりとりしていたおかげで、そこまで落ち込まないですんだように思います。
お父さんもそうやったんちゃうかなあって思いますしね。
病気と闘う彼女からはいろんなものを受け取りましたし、これからもそれをオレなりに伝えていければなあって思います。
それがまた彼女にとっての「生きた証」になるでしょうからね。

あたりまえのことがあたりまえのことになってるっていうのが本当はすごいことなんですよね。
だから何かがそうでなくなった時にしかそのありがたみがわからなかったりします。
自分だって明日地震が起きて死んでしまうかもわからないですしね。
やっぱり今を大切に生きるってことが大切やなあって思います。

体調は良くないですけど、精神的には大丈夫ですよ(笑)。
オレが落ち込んでたらそれもまた悲しむことやろうと思いますからね☆
  1. 2009/06/17(水) 19:19:18 |
  2. URL |
  3. JIN #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/769-17db3775

| ホーム |