FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

秋の京都紅葉めぐり<『ボルゲーゼ美術館展』編>

先週の連休に京都観光をしたつづきです。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-809.html
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-810.html

嵐山を散策してから清水寺のライトアップを堪能して大阪に戻りました。

次の日、かなりの疲労のまま昼前に京都へ。

目指すは京都国立近代美術館『ボルゲーゼ美術館展』

ココは9月に行ったウィリアム・ケントリッジ以来。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-795.html

4146141665_c4af2cf9e6_m.jpg

4149012204_55b54742fe_m.jpg

4149012280_0d1afe1163_m.jpg

今までそんなに混んでる所を見た試しが無いんですが、この日も連休中にも関わらずそれほど混んでるということもありませんでした。

ボルゲーゼ美術館っていうのはイタリア、ローマ市北東部の広大なボルゲーゼ公園に位置するらしいです。

「ボッティチェリ、カラヴァッジョ、ベルニーニ…華麗なるイタリア貴族のコレクション、日本初公開」

「秋・京都に薫るールネサンスとバロックの輝き」


というのがこの展覧会のキャッチコピー。

”日本におけるイタリア2009"を記念し、ボルゲーゼ美術館のコレクションを日本でまとめて紹介する初めての機会ということで、15世紀から17世紀にかけて花開いたイタリア美術の流れを、ラファエロ『一角獣を抱く貴婦人』をハイライトに、カラヴァッジョという「異端児」が登場する終盤まで、選りすぐられた約50点の珠玉の名品を展示とのこと。

そう、たった50点ですよ!

だから一回りするまでかかった時間っていうのは50分ぐらいやなかったかなあ?

なんせいつも行ってるような展覧会に比べたらかなり短い時間でした。

サンドロ・ボッティチェリとその弟子たちの『聖母子、洗礼者ヨハネと天使』カラヴァッジョ『洗礼者ヨハネ』パオロ・ヴェロネーゼ『パドヴァの聖アントニオの説教』ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ『枢機卿シピオーネ・ボルゲーゼの胸像』など、宗教的なものが多かったですね。

色合いがわりとくっきりしてるものが多くて鮮やかさを感じる絵が多かったです。

一番印象に残ってるのはやっぱりラファエロ・サンツィオ『一角獣を抱く貴婦人』ですね。

最初はユニコーンを抱いてる絵じゃなかったのも印象に残ってる所以ですが、ユニコーンがちびっこでかわいかったんですよね(笑)。

本来ならあまりの呆気なさに憤慨してしまうところだったかもしれないですが、この日はちょっと歩くのさえかなり苦痛な状態やったんで、この程度の展示数でちょうど良かったです。


観終わってゆっくり休んでから、例によって京都木屋町三条のキル フェ ボンまで頑張って歩きました。

スイーツタイムは欠かせませんからね(笑)。

そしたら30分は順番待ちということで、ちょっとLoftの方までブラブラしてきました。

キル フェ ボンではなるべく季節限定のやつを食べるようにしてますが、いつもなら2個食べるところを今回は1個で抑えておきました。

と言うのもこの後『天下一品』の本店に行く予定やから(笑)。

悩んだ末に「柿とチョコレートのタルト」を選択。

4149012414_80da01dbbd_m.jpg

柿を使ったスイーツって意外と珍しいんで、チョコとの取り合わせもどんなもんなんか興味がわいたんですよね。

美味しかったですが、柿の甘さは抑えめになっててチョコが勝ってるっていう感じ。

下の生地はもうクッキーばりに固かったですが(笑)これも美味しかったですね♪

4149012356_e80085f27b_m.jpg


食べ終わると三条京阪まで移動。

出町柳まで行って叡山電鉄に乗るためです。

一乗寺駅で降りて天下一品の本店でラーメンを食ってから、日没の貴船もみじ灯籠を観に行くというのがこの日のメインですから。

つづく。。。



今日はじゃあバロック音楽でも聴いてもらいましょうか。

バッハ『マタイ受難曲 - 第1曲』小澤征爾の指揮でどうぞ♪





     バッハ『マタイ受難曲 - 第1曲』を聴きながら…。
スポンサーサイト





  1. 2009/12/02(水) 19:27:58|
  2. 芸術・文化・イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋の京都紅葉めぐり<貴船もみじ灯籠編> | ホーム | 秋の京都紅葉めぐり<清水寺ライトアップ編>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/811-b2c86a62

| ホーム |