FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

京都の夜桜ライトアップに酔いしれる

今年の春は寒暖の差がとても激しくて、なんだか今までに味わったことのない春ですね。

それでも先週の日曜日はちょうどぽかぽか陽気の春で、絶好のお花見日和でした♪

今はもうすっかり葉桜になっちゃってますけどね。

今年はどこに行くか考えた結果、先ずは四条河原町で降りて例によって三条木屋町のキル フェ ボンまで高瀬川沿いに歩いてスイーツタイムを(笑)。

4518721751_29973eb8df_m.jpg4518721845_098fdf9a2f_m.jpg4519356848_beea628c68_m.jpg4519357222_85f31a1d4d_m.jpg

この日は待ち時間90分と言われたので、それまでは繁華街をうろうろと。

テラスの方の席で桜舞い散る高瀬川を眺めながらのスイーツタイムはなんとも風流でしたね♪

4518721985_b24f519e0b_m.jpg4518722039_2451f11d38_m.jpg4518722107_8f5cd985c2_m.jpg

その後は鴨川沿いに歩いて祇園白川を通って円山公園というシンプルなコース。

4518722187_512ab682a1_m.jpg4519357564_525948abc9_m.jpg4518722317_1fec749cf0_m.jpg

4518722391_5bd415860b_m.jpg4518722443_7147833a2e_m.jpg4519357820_d92fa972b8_m.jpg4518722577_c0e4a0f952_m.jpg

ちゃんとライトアップの時間までゆっくり散歩してましたね。

タイムリーな坂本龍馬中岡慎太郎の像も見てきました(笑)。

円山公園は本当にもう子供の時以来だったので、ものすごく久しぶりでしたが、そこらじゅうにブルーシートを敷いて「花より団子」・・・と言うよりか「花よりお酒」みたいな人達で溢れかえっていました(爆)。

オレの幼い記憶の中でも桜よりもなんかごちゃごちゃと宴会してる人達の印象の方が強く残ってましたからね。

それでも枝垂桜の美しさも記憶に残ってたんで、大人になってみてまた見てみたいと思った次第です。

今回日没前とライトアップされた夜桜とで2度違う美しさを堪能しました。

秋のライトアップされた紅葉も良かったですが、ライトアップされた夜桜も最高ですね!

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-810.html
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-812.html

4519357960_749a66c0f9_m.jpg4518722679_7d7f395836_m.jpg
4518722757_abc2f35d74_m.jpg4518722821_847093d732_m.jpg

帰りはまた祇園白川を通ったんですが、こちらもまた昼間とは違う夜桜の美しさに魅了されましたね。

場所が祇園なだけに窓から舞妓さん達が桜の写真を撮ってる観光客に向かって手を振ったりもしてました(笑)。

京都と桜の相乗効果でほんまになんぼでも写真を撮りたくなっちゃって困りましたねえ(爆)。

4519358222_a5f9df9295_m.jpg4519358320_68f56551ec_m.jpg4518722981_9a25108e5c_m.jpg
4518723125_7b2416722e_m.jpg4519358458_101a2e292d_m.jpg4519358592_e1667d66e5_m.jpg4519358670_8b180be353_m.jpg
4518723363_1ef053ba0e_m.jpg

この日は仕事明けの疲れも残ってた上にかなり歩き疲れましたが、気持ちはリフレッシュできました。

同じ風景でも四季折々の顔があって、特に京都という所は情緒豊かで散歩してても全然飽きないですね。



KOKIA∞AKIKO~balance~

今日はKOKIA『花宴』を聴いてもらいましょう♪

この曲を聴くと古都・京都ではらはらと舞い散る桜の花びらを思い出します☆






     KOKIA『花宴』を聴きながら…。

スポンサーサイト





  1. 2010/04/15(木) 17:39:37|
  2. 人生|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

恐竜が生きていた時代って? | ホーム | 古代エジプトのロマンに浸る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/843-600a309d

| ホーム |