FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

どんよりとしたのだめ後編、ついでに『サロゲート』

前回、今年最初に観た映画は『アバター』やと書きましたがウソでした(笑)。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-848.html

よく考えてみたら正月にのだめの前編を観に行ってましたね。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-848.html

映画 のだめカンタービレ 最終楽章 後編 ガイドブック 講談社mook

今回は『のだめカンタービレ最終楽章 後編』について。

けっこう公開からまだそんなに経ってない段階で観に行きました。

その時は日曜日だったんですが、梅田のTOHOシネマズへ。

そしたらチケット売り場は今まで見たこともないような長蛇の列で唖然!

それでも人気作品がいくつもあったんで大丈夫でしたけどね。

のだめも前編を早くもテレビで放送してたんでこれを観て観に行こうと思った人もけっこういるんじゃないでしょうか?

出演は上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、福士誠治、ウエンツ瑛士、ベッキー、山田優、なだぎ武、吉瀬美智子、伊武雅刀、竹中直人などといった面々。

前編はずっと明るく楽しいノリで進んでましたが、終わりの方は何やら不穏な空気が流れてましたよね?

後編はそのままどんよりとした空気が全編にわたって流れていました。

だからハッキリ言って観てるこちら側もテンション低くなりがちでしたね。

それだけのだめ千秋の関係が岐路を迎え、音楽との向き合い方も真剣に見つめ合わないといけないっていうことがあったからですが。

実はこの映画を観る前に深夜のアニメの方でのだめのラストがどうなるかというのはチェックしていました。

アニメに比べて映画の方はのだめと千秋にかなり絞り込んで作られていました。

その分他のキャラの横道ストーリーで息が抜けない分、余計に重苦しくなってしまっていたようにも感じましたね。

ユーモアも前編に比べると極端に少なくなってシリアスでした。

で、とってつけたかのようなラストのシーンが個人的にはちょっといただけなかったです(笑)。

それでもクラシック音楽を映画館の大音響で存分に味わえたのは良かったですね!

後編ではのだめがピアノで活躍するシーンも見られますし。

テルミンなんかの楽器が出てきたのはなかなか面白かったですし、そもそも音楽の原点って何ぞやっていうことに立ち返らせてくれるエピソードやったと思います。

★7つ








この日はHEPの前でアルパカを見たり、初めてCafe comme caで美味しいスイーツを食べたりとそうゆう意味でも楽しめた日でした。

4599144541_7b11fde86a_m.jpg4599144615_e1d53597e8_m.jpg4599761858_bc609a671b_m.jpg



サロゲート

さて、のだめ前編、アバターに続いて今年観た映画は『サロゲート』でした。

近未来SF映画が大好物のオレにとっては映画館で押さえておきたい映画だったんですよね。

主演はブルース・ウィリスなんですけど、最初かつらをかぶって出てきたのはけっこうインパクトありました(笑)。

サロゲートっていうのは自分の身代わりロボットで、パーマンで言うところのコピーロボットみたいなようなもの。

ただこれを自宅で遠隔操作しながら社会生活を営むっていうのが違うところ。

サロゲートのシステムというのは、サロゲートに何が起こっても持ち主本人は無事であることが保証されているということで、それによって安全な社会が築かれていたわけです。

ところがある日サロゲートと自宅の本人も両方とも死亡するという事件が起こり、このサロゲート社会が脅かされていくんですよね。

そして事件を追求していくうちに大きな選択を迫られることになります。


この映画は90分ぐらいだったので短くて観やすい映画ではあったんですが、いかんせん最初にこちらを食いつかせてくれるまでに時間がかかりましたね。

それがとてももどかしかったです。

それでもサロゲートの世界っていうのは新鮮で内容もそれなりに楽しめました。

自分の身代わりはしょせん本当の自分ではありません。

結局はヴァーチャルな世界と同じですよね。

痛みを感じないのは本物ではありません。

果たしてそれで本当に生きてることになるんでしょうか?

度が過ぎたネットライフも然りですよね。

そんなことをいろいろ考えさせてくれた映画でした。

ただこの映画の行き着くところが最初から読めていただけに何の驚きも無かったのは残念でしたね。

よく思うんですけど、予告編ってもっとちゃんと考えて作った方がいいです(苦笑)。

とりあえず足を運ばせりゃええってもんや無いんやで?

★7つ






次は『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』を観に行きます(笑)。



まなざし☆デイドリーム TVアニメ「のだめカンタービレ フィナーレ」オープニングテーマ(期間限定生産盤)

今日はアニメののだめの主題歌になっていたさかいゆう『まなざし☆デイドリーム』のPVをどうぞ♪






    さかいゆう『まなざし☆デイドリーム』を聴きながら…。


スポンサーサイト





  1. 2010/05/18(火) 12:48:02|
  2. 映画・ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ルノワールと荒川修作とではエラいギャップやがな! | ホーム | 3D映画時代到来!『アバター』そして『アリス・イン・ワンダーランド』

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/849-75992510

| ホーム |