FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

『借りぐらしのアリエッティ』そんなのありえんてぃ?(笑)

借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック


『「横尾忠則 全ポスター」展』に行った後に、TOHOシネマズ梅田最終で映画『借りぐらしのアリエッティ』を観てきました。

ジブリアニメをわざわざ映画館まで観に行ったのは『ゲド戦記』以来。

http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-386.html

正直、ジブリアニメに関しては過度な期待はしていません。

まあある一定のラインより上は安定して満たしてくれるんやないかな?っていう程度のもの。

今回アリエッティをわざわざ劇場まで足を運ぼうという気になったのは、あまり評判の悪さを耳にしなかったから。

たまにはジブリのアニメで和むのもいいかな、と思って(笑)。

で、前売り券を買ってたんですけど、最終なら1200円でOKだったので100円損した気分…(苦笑)。

客層は時間帯的に親子連れはもういなくて、けっこうカップル率が高かったですね。


率直な感想はと言うと…。

予想してたよりも好きな作品になりましたね。

今までのジブリ作品と比べても上位にあげることができそうなぐらい。

内容は簡単に言うと、小人が人間に見つかってわあ~どないしよう!?ヤバいんちゃうん!っていうシンプルな話でした(笑)。

ジブリアニメの良さっていうのは、やっぱり単純に童心に返れるっていうのが一番大きいですよね。

子供の頃に絵本を好奇心でどんどんめくって見てた頃の良さを思い出すっていうような。

このアリエッティもそう。

今回小人の視点でこの自分たちの世界を見てみることの想像力に一番感心させられましたね。

絵も綺麗ですし、中世ヨーロッパ風味の音楽も良かったです。

ただジブリアニメっていうのは普通の声優さんじゃなくて、有名な俳優さんを起用することが多いので、それがどうもしっくりこないことがしばしばあります。

トトロの時の糸井重里さんとか、ハウルの時のキムタクとか…。

今回もそれを危惧してたんですが、違和感を感じたのはアリエッティのオカン役の大竹しのぶ…。

いやもう、本人の顔がどうしてもちらちら浮かんで来て(笑)。

あの声とキャラの絵もどうも一致してなかったように思います。

ある意味声の個性が強すぎるのかもしれません。

その他は特に問題なく、アリエッティ役の志田未来は何の違和感もなかったですし、彼女は若いのに改めて素晴らしいと思いましたね。

アリエッティの父親役の三浦友和なんか声優大丈夫かなあ?と思ってましたけど、意外とハマってました。

樹木希林のハルさんはハマりすぎで、演技もほんまにうまかったですね。

他には神木隆之介、竹下景子、藤原竜也も参加。

とても癒される作品でしたね。

この映画を観た後に、録画しておいたNHKのドキュメンタリー番組『ジブリ 創作のヒミツ 宮崎駿と新人監督 葛藤の400日』を観ました。

これはアニメーターの米林宏昌(通称マロさん)が初監督に大抜擢されて映画が完成するまでの苦闘を捉えたものでした。

見た目かなり頼り無さげな監督さん。

この番組、先に観なくて良かったです。

なぜならネタバレがとても多かったから(笑)。

この番組によって舞台裏を詳しく知ることができたんですが、生みの苦しみっていうのがとても伝わってきましたね。

それと同時に宮崎駿の立派な後継者誕生の記録でもありました。

監督っていうプレッシャーや責任の重さを乗り越えなきゃいけないという試練。

宮崎駿が試写を観終わって一粒の涙を流してましたが、よくぞここまで成長してくれたっていう感慨深いものがあったんでしょうね。

それぐらいマロさんの演出がキャラクターの心情変化をうまく表現できていたってことなんだと思います。

ただ、あんまり「恋の物語」だとは思ってなかったんで、あら?そうやったんや?みたいなのはありましたけどね(笑)。

それぐらいほのかなもの。

そして気になったのは「借りぐらし」ってこと。

人間から借りてきてずっと暮らしてきたって言ってたけど、借りたものは返さなきゃいけないわけで。

小人達は人間達に何か返してたんかな?っていう。

でなきゃ、ハルさんに「泥棒小人」呼ばわりされてもしゃーないがな、とは思いましたけどね(笑)。

だからそんなのありえんてぃ?ってことで(爆)。

何はともあれまた観たくなるような素敵な作品でした。

★9つ





Kari-gurashi~借りぐらし~jpg

今日は主題歌のCecile Corbel(セシル・コルベル)『Arrietty's Song』のPVをどうぞ♪





     Cecile Corbel『Arrietty's Song』を聴きながら…。

スポンサーサイト





  1. 2010/08/24(火) 04:24:07|
  2. 映画・ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

青空の下での音楽はサイコー!『RUSH BALL 2010』@泉大津フェニックス | ホーム | 横尾忠則と束芋、両者負けずとも劣らない個性とインパクト!

コメント

やったぁ

今日、14-20分に神木君に逢いました♥小松に住んでいるんですが、ドラマ撮影のため○○町に来ているんです!この後6時からまた会いに行ってきます☆
  1. 2010/08/24(火) 14:35:03 |
  2. URL |
  3. サーちゃん #- |
  4. 編集

お元気ですか?
ジブリ作品は、難しくてなかなか解釈しづらいものがあります。
この作品はまだ見ていませんが、また見てみますね♪
主題歌は、いつも最高ですv-238
  1. 2010/08/31(火) 21:19:39 |
  2. URL |
  3. みき #- |
  4. 編集

お久しぶりー

これまた随分ごぶさたしてたけど、
アリエッティ、おいらも見てきたよ。

借りたら返す・・・確かに突っ込みどころ
だったけど、ほら、昔は隣近所の家に行って
醤油借りてきたりっていうのがあったでしょ!?

でも、わざわざ醤油を返したりしないわけで、
それを借りぐらしに置き換えれば、別に
返さんでもありえってぃ(自爆)じゃない?と。

そんな解釈をして納得してみた(笑)
  1. 2010/09/01(水) 01:24:25 |
  2. URL |
  3. more glober #S4i67ftY |
  4. 編集

Re: やったぁ

>サーちゃんさん
はじめまして!
生の神木君に逢えたなんてラッキーでしたね!
ドラマの撮影やったんですね。
また後で会えたのかな
彼は子役の頃から見てるんでどんどん大きくなっていきますが、その成長を見てるのもいいですよね☆
  1. 2010/09/07(火) 03:46:41 |
  2. URL |
  3. JIN #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

>みきさん
それなりに元気ですよ!(笑)
猛暑続きなのがつらいですけどね。
オレはジブリ作品をそんなに小難しく思ったことないですけどねえ?
まあ解釈も人それぞれだとは思うんですけどね。
伝えたいメッセージはあるにせよ、そんなに押し付けがましくないんで、受け取る側が好きなように感じればいいんじゃないでしょうか?
少なくともこのアリエッティはとてもシンプルな話でした。
主題歌はちょっと外国語訛りですが(笑)ノスタルジーを感じる癒される主題歌ですね♪
  1. 2010/09/07(火) 03:52:19 |
  2. URL |
  3. JIN #- |
  4. 編集

Re: お久しぶりー

>もあっち
かなり久々やねえ~!
元気にしてるかな?

その醤油の話はオレも映画を観ながら頭に浮かんだんやけどね(笑)。
でもそれって普段から借りたら、たくさん作り過ぎたからとか他のもので返したりみたいな「お互い様」の精神があったと思うねんなあ。
でもアリエッティは結局借りっ放しでしょ?(笑)
座敷童子みたいにその家が裕福になるみたいなメリットでもほんまにあるんやったら納得するんやけど、人間に見つかったら出ていくっていうだけじゃあ、やっぱりそんなんありえんてぃ?(爆)
  1. 2010/09/07(火) 04:09:33 |
  2. URL |
  3. JIN #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/858-bffe0c5e

| ホーム |