FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

浮世絵の美人ってほんまに美人やったんやろうか?

日曜日に神戸市立博物館まで『ボストン美術館 浮世絵名品展 錦絵黄金時代ー清長、歌麿、写楽』に行ってきました。

4964763844_9d54b5551f_m.jpg4964763480_379f037d6b_m.jpg4964763220_6582ab739c_m.jpg4964162031_eb73456994_m.jpg

先月に京都市美術館まで『ボストン美術館展』を観に行ってきたばかりですけど(レポはまだ…)、ボストン美術館には浮世絵が版画は5万点、肉筆画は700点も収蔵してるそうです。

その中から今回144点が展示されていました。

浮世絵がこれだけ海外で保存されていたっていうのは、それだけ海外の人達が見ても魅了される独特の美しさがあったっていうことなんでしょうね。

オレも浮世絵は子供の頃から大好きで、あまり美術に興味がない本当に小さい頃から魅了されていました。

というのも、切手の中に「国際文通週間」「切手趣味週間」っていうシリーズがあるんですけど、それらの中で浮世絵がたくさん使用されていて、子供ながらにその美しさにハマってたんですね。

なんせ当時はたくさん切手を集めてたもんで(笑)。

独特の色合いに魅せられたっていうのもあるんですが、同時に当時の人達の生活や文化が垣間見えるところに凄く創造力をかきたてられたっていうのがあります。

中でも安藤広重『東海道五十三次』葛飾北斎『富嶽三十六景』のような風景画が大好きでした。

永谷園のふりかけの中に昔アートのカードがおまけでついていたんですが、浮世絵目当てで買ってたことありましたね(笑)。

で、マネモネルノワールだそんなモヤモヤした洋画なんかいらんわ!みたいな感じでした(爆)。


さて、会場は日曜日の午後ということもあってなかなかの人の入り具合。

展示作品はというと、

鳥居清長
喜多川歌麿
東洲斎写楽
黄金期の三大絵師をとりまく大家たち
版本と肉筆画


というコーナーに分かれていました。

ちなみに音声ガイドは市川亀治郎が担当してたみたい。

それからこの後には神戸市立博物館が所蔵してる作品もいくつか展示されていましたね。

率直な感想を言わせてもらうと、思ってたよりか地味でしたねえ(笑)。

生で見るとこんなに「淡い」のかっていうぐらいほとんどが「薄い」色の感じでした。

色あせてきたせいもあるんでしょうかねえ?

普段本とかで見てるものの方がコントラストがハッキリしてるように思いましたね。

ヘタしたらそっちで見てる方が綺麗かもしれません(笑)。

それでもおよそ300年も前のものっていうことを考えるとその「味わい」みたいなものを感じました。

そして江戸時代の華やかな部分みたいなものを見れたのも昔の人達のエネルギーを感じましたね。

見覚えがあったのは喜多川歌麿『台所』という作品。

これは切手でもありましたからね。

やっぱり見覚えがある作品だと多少なりともテンションが上がるもんです。

が、今回その点では知らんのばっかりでした。

しかも風景画が好きなのにも関わらずほとんどが人物画。

そもそも浮世絵に出てくる女性って誰の作品も似たり寄ったりでほとんど区別がつかない!(笑)

何でみんなあんなのっぺりした顔してるんでしょうねえ?

版画ってこともあるでしょうけど、みんなマンガみたいな顔してますからねえ。

立体感を感じるリアリティーみたいなのが無いんですよね。

だから実際にどこまで似てるのかも全然わかりませんし。

昔の人は同じような化粧ばっかりしてたからあんなにみんな同じ顔になっちゃってるんでしょうかねえ?

しかも目がみんな細い細い!

どんだけ切れ長が好きやねんみたいな(笑)。

今ウケるようなパッチリお目目は当時は美人ではなかったのかもしれませんね?

それと、七福神を描いてるものがちょいちょいあったんですが、いつも福禄寿の長い頭の上にやかんやら何やら乗っけられていて、神様やのにいじられ役になってたんやなあって思わず吹き出してしまいました(笑)。

考えてみれば福禄寿の頭蓋骨とか脳みそとかどうなってるんでしょうねえ?

あの頭の長さは『プリンプリン物語』の知能指数1300・ルチ将軍や妖怪の総大将と言われるぬらりひょんもかないませんよ(笑)。


いつか広重や北斎の浮世絵も観る機会があればなあって思いました。

4964162149_ae9bbfbcb9_m.jpg




この後は例によってスイーツタイム。

もう何度もおなじみになってきた三宮のMother Moon Cafeにて。

ここのアーミッシュカントリーケーキが最高に美味しいんですわ♪

ほんまに何度でも食べたくなる美味しさです!

4964764298_1e4003c450_m.jpg4964767226_df187bfa6c_m.jpg




Go Go大映像祭

今日はじゃあ浮世絵にちなんでGO!GO!7188『浮舟』のPVをどうぞ♪

「浮」だけやけどね(笑)。





     GO!GO!7188『浮舟』を聴きながら…。
スポンサーサイト





  1. 2010/09/07(火) 03:31:45|
  2. 芸術・文化・イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

映画『BECK』に異議アリ! | ホーム | 青空の下での音楽はサイコー!『RUSH BALL 2010』@泉大津フェニックス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/860-c6624bb6

| ホーム |