FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.1

音楽だけでなく、映画に関してもどんどんまとめて総集編として紹介していこうと思ってます。

でないと勿体ないから(笑)

映画って好き嫌いだけでなく、自分の中で妙に引っかかって残ってしまってるとかってありますよね。

自分はこう感じたけど、こうゆう映画って他の人はどんな風に感じてるのかなあ?っていう別の角度から興味がわく映画を取り上げて紹介していこうと。

好き嫌いを超越して興味深い映画を列挙。



1 『冷たい熱帯魚』
 
  

 園子温監督作品。
 いやはやこれはもう強烈にえげつない映画やった。
 でんでんコワ〜ッ!!
 最優秀助演男優賞を貰うのも納得。
 なんせ園作品はみんな触れ幅が大きくて究極のドギツさで突きつけられる。
 「猛毒エンターテインメント」ってのも言い得て妙。
 なおこの予告編動画ネタバレ多いのと、エグいのとでまだ観てない人は見ないように。
 それにR18+ということで。

 


2 『ムカデ人間』 

 

 超クレイジー!!
 要するにシャム双生児の分離手術の名医ハイター博士が、逆発想で人間の肛門と口を繋げて連結手術をしてムカデ人間を作り出そうとするマッドホラー。
 この博士がほんまに不気味。
 この映画、日本人俳優が出てて、めっちゃ関西弁が新鮮に響いた(笑) 
 完全にトラウマ系の映画だった。
 しかもこれ三部作でどんどんエスカレートしていくみたい。
 なんせこんなん演じるのめっちゃ大変やで(笑) 
 ああ、おぞましい。
 そりゃ上映禁止にもなるわ。
 『ホステル』に通じるものがあるけど、それよりもB級カルト感に溢れてる(笑)

 


3 『ヘルタースケルター』

  

 観に行くと圧倒的に若い女性客が多かった。
 蜷川実花×岡崎京子×沢尻エリカだとそうなるか。
 女性の中にある執念や魔性をキリキリ感じる作品だったので、女性の方が深く入り込める作品だとは思う。
 原作マンガは知らない。
 いかにも蜷川実花っていう色彩感覚の映像に目がチカチカした。
 沢尻エリカの濡れ場は確かに大胆やったけど、何やろう?女性目線で撮ってるせいなのか、意外と興奮してこないと言うか、たぶんあの尋常じゃないキャラに麻痺してまうんやろうな。
 「ま○こ舐めたぐらいで調子に乗ってんじゃないよ!」なんていうお言葉をエリカ様が言ったりもするんで、まあ激しいですわな。
 けっこうキッツい話で、女性の美に対する執着心や嫉妬心のすさまじさにそら恐ろしくなるという。
 スターの孤独と堕ちていきっぷりを傍観する映画。
 音楽の使い方がよかった。

 


4 『マタンゴ』

 
 子供の頃ボロボロになるまで見てた怪獣大百科で、マタンゴ怪人のページだけは恐くてめくるのが嫌だった記憶が(笑) 
 この時代の東宝特撮映画は音楽も含めて独特の味があるよねえ。

 


5 『桐島、部活やめるってよ』

 

 出演者でちゃんとわかったのは神木隆之介、橋本愛、大後寿々花ぐらいで後はよく知らない若手ばかりだったのも新鮮だった。
 高校時代の人や物事との微妙な距離感を絶妙に描いていて、ブワーッと忘れかけていた感覚がよみがえり、何とも言えない複雑な心境になった。
 この映画、一体誰が主人公なのかもわからないぐらい、登場人物それぞれのスタンスがフラットな感じがした。
 ほんの日常の変化を描いてるだけなのに、その誰もに生々しいリアルを感じられたのがこの映画の一番の面白さだったかもしれない。
 甘酸っぱさ、脆さ、鬱屈や残酷さ…。
 否応無しに自分の高校時代に引き戻されるような感覚があったんやけど、自分はあまりどの登場人物にも当てはまらない気はしたなあ。
 でも、あの時ああしてればこうしてればとかはやっぱり考えてしまったなあ(笑) 
 あの時代のアクションは絶対今の人生にも少なからず影響したやろうなって。
 ちなみに実果役の清水くるみは神木隆之介の大ファンだそうで、アミューズのオーディションを受ければ神木隆之介に会えると思って応募したんだとか(笑) 
 それが今やこの映画では同学年の生徒として共演してるんやから、それを知るとあのシーンを思い出すとなんだかニヤッとしてしまう。
 まだ観てない人は予告編も何も観ずに観た方が良い。
 「教室という格差社会」とはよく言ったもんやと思う。
 「あなたの記憶を刺激する青春エンターテイメント」
 まさにその通り。

 


こんな感じで毎回5本ずつぐらい紹介していく予定。

洋画、邦画、メジャー、マイナー関係なしに。

飽きずに続けられればいいんですけどね(笑)


♪AA=/『The Klock』(『ヘルタースケルター』EDテーマ)
 


 
     
     AA=『The Klock』を聴きながら…。


スポンサーサイト





  1. 2012/09/28(金) 07:21:06|
  2. 映画・ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.2 | ホーム | DJでかけたい曲 Vol.1

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/922-3745a396

| ホーム |