FC2ブログ

JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.23

今日もアップしておこうか。

気持ちがある時に少しでもやっておかないとね。


111 『俺たちに明日はないッス』
  
 

 監督はタナダユキ
 「これぞ“性春”映画の金字塔!!」っていうキャッチフレーズやけど、それほどでもない(笑)
 思春期の悶々としたやりどころのないエネルギーの不安定さみたいなものはよく出てるけどね。
 それでいて実は内心傷つきやすいっていう。
 観終わってなんだかなあ?っていうのはあったけど、後先考えずに突っ走っちゃうのも青春の特権なのかもしれないなんていう妙に年寄りくさいことを考えてしまった(笑)
 あ、水崎綾女っていう子が出てるんやけど、『特命戦隊ゴーバスターズ』で前から誰か気になってた巨乳のエスケイプの役をやってる女性やった。
 それにしても主演の柄本時生の眉毛の茂り方が気になって仕方がなかった(笑)
 後は安藤サクラが脱いでたなあ。

 


112 『今夜はトーク・ハード』
 
 

 青春映画の傑作やと思う。
 クリスチャン・スレーターが昼間は地味な学生、夜は謎の海賊DJという主役を演じてる。
 DJだけに音楽の使われ方もいい。
 甘酸っぱい恋の要素も欠かせない。

 


113 『おおかみこどもの雨と雪』
  
 

 評判が良いので観てみた。
 この声聞き覚えあるけど誰やったっけ?って思ったら宮崎あおいだった。
 この映画で何を一番感じたかというと子育ての大変さやね。
 それも「おおかみこども」っていう設定が面白かった。
 同時に自然との向き合い方や田舎暮らしについても考えさせられたね。
 親子で観に来てる人達もかなり多かった。
 でも裸でオトンとオカンが寝てるシーンを見て、小さな子供達は何も疑問に思わないんやろうか?(笑) 
 もしかしてリアルにそんなオトンとオカンを見てるから大丈夫なのか?(笑)
 どう説明するのかが気になる。
 映画を観終わるとエンドロールで席を立つ人も多いけど、この映画に関しては終わりまで席を立つ人がいなかった。
 もしかしたらアン・サリーの歌う『おかあさんの唄』が良かったからかな? 
 後はハイライト写真を見てるかのような余韻があったからかもしれない。

 


114 『レ・ミゼラブル』
  
 

 実はミュージカルは苦手な方で、途中で踊り出されでもしたら大笑いしてしまってどうしようかと(笑)
 幸いこの作品はそうゆうことはなく、全編を通して歌に徹するという真のミュージカル映画だった。
 原作小説を忠実にと言うより、それを元にしたミュージカルに忠実らしい。
 それでも最初は歌で物語が進行していく様にどうも気持ちが入って行けず、慣れるまでには時間が必要だった。
 ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、この人達ってこんなに心を揺さぶる歌が歌える人達やったんやね。
 実際に歌いながら撮影してるって言うんやからたいしたもんやと感心。
 考えたら説明台詞やモノローグといったことも不自然さを感じるもので、いっそのこと開き直って全編歌で表現するっていうのは潔いことなのかもしれないなんてことを思ってしまった。
 内容はさすが長年愛され続けてる作品の力強さみたいなのを感じた。
 余計なものもなく、音楽は川の流れの如く止まらない。
 音楽だけでなく映像も美しかったし、映画館で観る価値のある映画やと思う。
 人生って何ぞや?幸せって何ぞや?運命とは何ぞや?人間関係とは何ぞや?それぞれの役柄の視点に立つと、いろんなことが頭をめぐったけども、ジャン・バルジャンの生き方に大変感銘を受けた。
 舞台から今度はスクリーンの向こうに完全にその時代にトリップしたかのような壮大な世界を作り上げ、その上でここまで徹底したミュージカル作品を作ったことが素晴らしい。
 歌も皆上手い!!

 


115 『LOOPER/ルーパー』
 
 

 めっちゃ面白かった!!
 近未来SF映画は大好物で、タイムスリップものも好きやけど、その中でもまた新たに自分の中で残る作品が加わった。
 ブルース・ウィリスも出てるんでアクションシーンも満載。
 何よりストーリーを純粋に楽しめた。
 ややややこしいけども(笑)
 近未来SF映画こそ人間の想像力をフルに発揮させなければならないし、特にタイムトラベルものは矛盾も出るから頭を使う。
 その点を誰かとあれこれ語り合うのも面白い映画やと思う。

 



♪アン・サリー/『おかあさんの唄』(『おおかみこどもの雨と雪』主題歌)
 
 

 


他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.1↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-922.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.2↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-923.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.3↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-924.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.4↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-925.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.5↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-926.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.6↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-927.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.7↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-928.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.8↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-929.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.9↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-932.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.10↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-933.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.11↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-934.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.12↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-942.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.13↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-949.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.14↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-950.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.15↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-951.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.16↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-952.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.17↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-954.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.18↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-955.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.19↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-956.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.20↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-957.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.21↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-958.html
他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.22↓
http://jinnn.blog6.fc2.com/blog-entry-962.html



     アン・サリー『おかあさんの唄』を聴きながら…。
スポンサーサイト





  1. 2013/10/29(火) 03:52:42|
  2. 映画・ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.24 | ホーム | 他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.22

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/963-96e1bb35

| ホーム |