JIN道的処置 ~心と心の化学変化を信じて~

自分が感じるありのままに、本当に人に伝えたいことや届けたいこと、新たな表現方法など、特に自分の内面を重視して綴ったブログ。そして、心を豊かにしてくれるような音楽や映画、本などもたくさん紹介します!

人生の宿題

2014年上半期も今日で終わり。

一瞬だった。

この過ぎ去って行く時間の速さと言ったら。

日々の忙しさに追われ、年々失われていく体力とともに動きも鈍くなりがちな昨今。

毎日の風景は違うものの、そんなに大きく変わることはない。

想定範囲内の毎日だ。

触れ幅が大きくない分、そこまでストレスに冒されることなくすむ反面、自分の人生をちゃんと生きてるのか?っていう焦りも常につきまとう。

今五体満足に生きてるだけで幸せじゃないかっていう考え方もできるが、それって結局自分の逃げ口上じゃないかっていう感覚にも陥ってしまう。

なぜか?

やり残してることがあるからだ。

これをどうにかしないことには自分はいつでも鬱にやられる可能性がある。

とは言っても、ハイこれ、できました、なんていう話ではないし、一生を通じてのものでもあるから、自分が納得いくまでやり続けられるかどうかっていうことでもあるので、あまり悩みすぎても仕方がない。

できるできないはさておき、やるかやらないかだけのことだ。

結局、インプットからアウトプットへ、どれだけ還元できるか?ってこと。

たとえそれがどういう結果になろうとも、自分の達成感や充実感の問題。

自分なりの価値生産だ。

自分の人生で得てきた「気付き」というものを、どういった表現でどう残すことができるか、その一点だ。

まあ、自分は社会の中でほんのほんの取るに足りない小さなポジションを請け負ってるに過ぎないが、ある種の媒介としての役割だけでなく、自分の原点に戻って、自分がなぜこうゆうスタンスで物事を見て吸収してきたのかっていうことを思い出す必要性を切に感じている。

そして、それはきっと誰かの力にも成り得るはずだと。

その信念さえブレなければ、前に進めるはずだ。


最近、毎日同じように見えてる景色も徐々に様々な変化が訪れてきている。

出逢いもあれば別れもある。

終焉の予感もちらちら垣間みることもある。

いつ何がどうなってもおかしくないし、どうなるかわからない。

こんなこと呑気に語っていられなくなる可能性だって多分にある。

それでもこうやって生かされてるうちは、自分がまだ生きてる意味を見出し、いろんな人達の想いも背負いながら、前を進んでいくしかないのだ。

ま、目先のことばかりに流されず、その先も見据えて行動していかないとね。

アッと言う間に死んでしまいそうやから。

ただ、楽しむ余裕は常に意識しつつ。

器用じゃないなりにもね。


とりあえず、早いうちに今年の上半期を振り返る企画はやってしまおう。

でないと、アッと言う間に年末がやってくる(笑)

200802ne01.jpg



♪LEGO BIG MORL/『RAINBOW』
 
 

 


     LEGO BIG MORL『RAINBOW』を聴きながら…。


スポンサーサイト


  1. 2014/06/30(月) 14:19:08|
  2. 人生|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「孤独」のリハビリ | ホーム | 他の人にも感想を聞きたくなる映画 Vol.40

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinnn.blog6.fc2.com/tb.php/989-3ed3d523

| ホーム |